小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

やりたいことを、やれないときの対処法。迷いや不安は、消すことができる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌・東京・大阪 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


特別セミナー
小川健次
↑ 10月大阪 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

やりたいことを、やれないときの対処法。迷いや不安は、消すことができる。

見切り発車でも問題は起きない

すべての条件が完璧に整って、さあさあどうぞ安心してスタートしてくださいな。ということがあれば、そりゃまあそれが一番いいことですよ。
小川健次Blog
でも現実にそういうことがあるかといえば、ほとんどない。状況整うのを待ってみたところで、少しくらいは変化もあるかもしれないが、実際には何も変わらず、時間だけが過ぎるもの。

金があったらやるのに。時間があったらできるのに。上司がアホじゃなければ。助けてくれる仲間がいれば。家族の理解があれば。理想どおりの異性に出会えれば。って、そんな条件いろいろ考えてみたところで、それがすべて整うことなんてありませんよ。

そもそも、何かコトを成した人ってのは、お金があったからできたのか。時間に余裕があったからやれのか。誰かが助けてくれたからそうなったのか。といえばそうじゃないでしょう。

あなたのこれまでだって、そうでしょう。何かがうまくいったとき。そのときは、必要な条件が全て整ってたからできたのか。そうじゃないでしょ。どっかでエイヤっと足を前に踏み出したから。ただそれだけのことでしょうよ。

条件がどうのじゃない。やろうと思ったからやっただけ。別に僕の小川健次メールマガジンLINEのメッセージを読んでたワケでもない。ただ動きはじめてから、条件云々も結果的についてきただけ。

そりゃもちろん準備と計画はあったでしょう。それでも最後は条件すべてが整わなくても動き出してる。だってらすべての状況環境が整うことなんて現実にはほとんど無いんだもん。それ整うの待ってるよりも動いたほうが結果に近づくんだもん。

それで失敗したってやり直せばいいだけのこと。時間かけて条件整ったと思ったら、すでに失敗が許されない年齢に差し掛かる。すると今度はリスクを理由に何もしなくなるから、結局何もできなくなる。

それに、あの条件が整っても、今度はこっちが状況変わって整わなくなる。こっちが解決したら、こっちの問題が出てきた。毎日は不可抗力の連続ですよ。時間をかければかけるほどタイミングを逸することになる。

条件整う期日が決まっているならいいんです。条件がいつ整うかどうかわからない。ってそれじゃ計画ですらない。主体性放棄で何も考えてないのと同じこと。環境任せの人任せってことでしょう。

まあその整った条件だって、動き出してしまえば想定外の様々な出来事に応じて変わっていくもの。その度に足を止めるワケにもいかないので、結局は常に見切り発車の連続になるんですがね。

だから条件が云々と言ってるくらいなら、仮に見切り発車だとしても今すぐやるんです。

とはいえ、何のアテも計画もなく、最低限の準備さえなくノリと勢いで、何でもかんでも今すぐやればいいかといえばそうじゃない。そりゃ程度の問題ですよ。

結婚にしたって、あれこれ細かい条件であーでもない、こーでもないと言ってるうちにチャンスを逃すことになるんです。多少の見切り発車をするくらいの寛容さすら持てないから、いつまでも同じことを繰り返す羽目になるんです。

<参考過去記事>
結婚したいのに、できない理由は寛容さがないから。価値観の違いを認めると、必ず出会える引き寄せる。

形式にこだわる必要なんてないんです。条件云々なんてあとからついてくる。大事なのはどうすれば望んだ結果に近づくかであって、手段方法のための条件を整えることは、あくまで二次的三次的要素にしかすぎないんです。

今すぐやればいいことを、条件云々を理由にして、あれこれ先に伸ばしたところで得られるものは、時間を浪費したことによる後悔くらいなもんでしょうってことですわ。

スタートする早さの差が、結果の差を生み出す

一分一秒一瞬という時間は過ぎてしまえば戻ってこない。条件整うのを待つのも、とにかく動き出すのも過ぎる時間は、まったく同じこと。

過ぎていく時間をどう過ごすか。永遠に戻ってこない過ぎていく時間の中で、何をどれだけ積み上げているのか。

何かコトを成し遂げるときってのは、一つずつ結果を積み上げていくもの。1から100まで順番に積み上げていくんです。

100もしくは100以上まで積み上げられる人は、運が良かったわけじゃない。同じようにみんな1から順に積み上げてっただけですよ。あとは積み上げる速度と効率の問題ってだけで。

動くよりも、条件整うまで待ってみよう。動いたほうがいいけど、今日は気が乗らないから明日にしよう。動きたいけど、遊ぶ予定を優先したいから今度にしよう。その甘さで何をどれだけ積み上げられるのか。それやってて得することはあるのか。

そして、最初の1をいつ積み上げるか。いつかそのうち時期がきて、気分が乗ったときに積み上げるはじめるのか。それとも今すぐなのか。

積み上げていけば仮にそれが途中で崩れても、ゼロにはならない。根本から崩れることはそうそうない。仮に根本から崩れても、過去に積み上げた経験が残っているから、次はもっと早くうまくできるんです。積み上げた経験は無駄にはならないんです。

あれこれ先延ばしにしながら、やっと10年後に1を積み上げはじめる人と、今から1を積み上げる人。100に到達するのはどちらが早いか。早そうか。結果の違いは、今やるかそのうちやるかの違いなんです。

極端に言ってしまえば、今できないことは一生かかってもできないってことですよ。

だって、やろうと思った今この瞬間が一番モチベーション高いんだもん。今この瞬間が、残った人生の時間を最大に使えるときなんだもん。

時間が過ぎればモチベーションは下がる。でも条件は完璧に整わない。人生の時間は限られてくる。でも条件は整わない。そりゃむしろやらない理由が増えるだけ。できない条件が整うだけのこと。

だから今やる今すぐやる。条件がどうの、気分がどうの、他人がどうのは関係ない。やろうと思うことをやればいい。やるんです。

とっととやれよ。今すぐやれ。

あーそうだなーと考えつつも、ボケーっと口を開けながら、こうしてスマフォなりPCなり見てる場合じゃないんです。すぐにやる。PCから離れる。スマフォをしまう。さあ今すぐやろう。Do it now!

やると決めて行動し始めてしまえば、これまで不安に思っていたこと、懸案だったことのほとんどが実は消えてなくなる。やる前に考えてることなんてほとんど杞憂ですよ。今すぐやるから問題だと思っていることのほとんどが、解決するんです。

それでも心のどこかでブレーキがかかる。なら、以下の5つの質問を自分に問いかけてみればいい。

<参考過去記事>
心のブレーキを外すために、自分へ問いかける5つの質問。

まあ何より、頭の中でやろうかどうしようかモヤモヤしていること、やんなきゃなーとストレスに感じているものは、スパッとやってしまえばスッキリするじゃないですか。

見切り発車であったとしても、すぐにやるってことは、望んだ結果に近づけるというのはもちろん、迷いや不安も消えて無くなり、ストレスも解消できますしね(^。^)y-.。o○

潜在意識下のイメージが、あなたの夢や目標を実現させる
↓ ↓
東京開催決定!
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。