小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

身近にある幸福への感度を高めると、もっと幸福になる。足りないものへの不満より、今あるものへの喜びを口にしよう。

人気記事一覧

小川健次セミナー
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
↑↑ 8/2 東京(水)↑↑


小川健次セミナー
執着を手放して、引き寄せの法則を学ぶグループセッション
↑↑ 7/24(月)19時 東京↑↑


新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

身近にある幸福への感度を高めると、もっと幸福になる。足りないものへの不満より、今あるものへの喜びを口にしよう。

■幸福への感度を高めよう

今の時点でどうにもならないことで、右往左往してみたり、過ぎたことについて、あーでもないこーでもないと愚痴ってみたりしたところで、何も生まれるものはない。

小川健次Blog

だいいち、疲れるだけしょ。それにエネルギー使って、得することがあるなら、それもいい。でもそんなことないもん。

その一方で、どれだけ些細なことであろうとも、他人は全員スルーするような小さなことでろうとも、それによって、あなたの心が満たされたり、癒されたりするようなことなら話しは別。そこはスルーしないで、ガン見するところだから。

あなたにとっての幸福、あなたの心が満たされること。それはスルーしちゃダメでしょう。むしろあれこれ気にしましょうよ。少しばかりこだわりましょうよ。あ、小川健次メールマガジンもスルーしちゃダメです。

そりゃあね、考えたって意味のないこと、考えれば考えるほど、凹むことについては、考えてもしょうがない。疲れるだけだし、一円の得にもならない。ネガティブなことに時間とエネルギーを使ってる余裕があるほど、僕たちの人生は長くありませんよ。

でもね、それを気にすれば心が満たされる。やる気が高まる。ほんわかと明るい気分になれることなら、考えること、意識することは有意義だし意味がある。

現実社会で何か起こっているか、目の前に何があるか。それには意味などないんです。ただそういう物事が起こっているだけ。そういうものがあるだけ。それに意味をつけてるのは他でもない、あなた自身。解釈を加えているのも、あなた自身。

僕たちは誰であれ、見ようと思ったものしか見えないし、聞こうと思ったことしか聞こえない。あなたがそこで何を見たのかは、あなたがそこで何をどう意味づけて、解釈をしたかによるんです。

ということは、あなたが、どうでもいいことに心が支配され、ネガティブな感情に心が満ち溢れているときってのは、身の回りのネガティブなことばかりが気になってしまう。放っておけばいいような、つまらない出来事にイラついたりムカついたりすんです。

逆に、あなたが幸福感に満ち溢れていて、ポジティブな感情に支配されていれば、どんな小さなことにでも幸福を感じられる。他人のことを認められるし褒められる。いつもなら気づかないような些細な出来事に、嬉しくなるし心躍る気分になれる。

<参考関連記事>
その心配事のほとんどは、どうでもいいこと。その不安のほとんどは、寝て目覚めたら消えてなくなること。

カンタンな話しなんです。あなたが何を意識しているか。何を見ようとしているか。日常的に心のスイッチをどちら側に倒しているかなんです。

あなたが意識して、心満たされることや、幸福を感じられることを考えてみる。すると視線がそちらに向かうんです。コトの大小や、周囲の評価は関係ない。あなたが幸福な出来事について考えてみると、不思議なことに視界に幸福がたくさん溢れてくる。

■世界はあなたの心でつくられる。

あのジャニーズ系の眉毛が太い、超絶イケメンのブログが面白くて、最高に幸せ。仕事もあって給料もらえる。誰かと話せる、誰かの力になれる。健康でいられる。理由なんか何だっていいんです。ちょっと意識して視線を向けてみるだけで、あなたの身近に幸福なことはいくらでもある。

そうして幸福について考えていれば、心が満たされてくる。気分も明るくなってくる。身の回りにある、それ以外の幸福にも気づくようになる。

何度でも言いますがね、そこに何があるか、何が起こっているかは関係ない。あなたがそこで何を見ようとしているかだから。ネガティブなものを見ようと思えばネガティブが、ポジティブなものを見ようと思えばポジティブなものが見える。

世界はあなたが心に描いたとおりになっている。あなたがそう見たい、そう感じたいと思ったとおりになっている

だからこそ、身近にある幸福に敏感であるべきなんです。その感情を大切にすることですよ。当たり前だと思わずに、それに感謝し喜びを表現するんです。すると、見えるもの、感じるものが、ますます幸福に感じられる。ますます心が満たされる。

往々にて、望みどおりの幸福を手にしている人って、身近な幸福を見逃さないんです。他人から見れば取るに足らないようなことでさえ、幸福をみつけて素直に喜ぶ。

逆に、結果が伴わない人ほど、斜に構えて、小さなことに不満を言ってみる。それを言ってどうにかなるの? ということを延々言い続ける。だからますます見えるもの、感じるものが否定的になる。否定的な感情のスパイラルに陥ってるんです。

心のスイッチをポジティブの側に押し倒し、身近な幸福を見つけらる人は、より多くの幸福を引き寄せる。逆に、ネガティブの側に押し倒し、ネガティブなことばかり見つけてる人は、さらにネガティブな結果を引き寄せる。思考は常に現実化している。

<参考過去記事>
幸福が好きな人は幸福になり、不幸が好きな人は不幸になる。起こる出来事のすべては、あなたの心の影でしかない。

身の回りの幸福なことに目を向けて見る。それについて考えてみる。探してみれば、あなたの身の回りにだって、いくらでもあるでしょう。すると心が満たさされる。どうでもいいことは華麗にスルー。でも幸福は華麗にキャッチ。これ基本。

幸福への感度を高めてみる。それにはまず、考えてもしょうがないこと、ネガティブなことではなく、あなたにとって幸福だと思えること、心満たされることを、コトの大小に関わらず、見つけて、そのことを考える時間を増やすことからですな(^。^)y-.。o○

【想いを届けるテクニックを学ぶ特別講座】

2017/02/04(土)福岡
2017/02/11(土)東京
2017/02/19(日)大阪
『人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。』
人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ

関連人気記事

本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。