小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

好きすぎる女にだから男ができない、6つの行動。彼女を愛しすぎた男性心理。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

好きすぎる女にだから男ができない、6つの行動。彼女を愛しすぎた男性心理。

彼女を愛しすぎた男性心理。

人の本能はときに理性を凌駕する。本能によって動かされた感情は、理性のブレーキで止めることができずに、普段ならやらないことさえ、人にやらせてしまうエネルギーがある。
小川健次Blog
その逆に、本能によって危険を感じてしまえば、理性では動いたほうがいいとわかっていても、強い感情のブレーキによって止められてしまうこともある。

人は理性だけで生きているわけではない。だからこそ、思っていることと、実際の行動にギャップが生まれてしまのは、ある意味では仕方のないこと。

僕が毎日無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、全部が全部、理性で整理して片付けられる話しなら、人間はもっとつまらない生き物に成り下がる。

それが恋愛という、生物の生殖活動、つまり人間の根源的な本能に関するものであれば、そこで生まれる感情のエネルギーは特に大きい。理性ではわかっていても、感情が追い付かないことはある。

好きになってはいけない人を好きになってしまったり、言わないほうがいいこと、やらないことがいいことを、言ったりやったりしてしまい、痛い思いをするのは、誰もが少なからず経験すること。




言えばいいのに言えない。やればいいのにやれない。あなたも、好きになりすぎてしまった異性に対して、理屈ではそうすればいいとわかっていながら、気持ちでブレーキがかかってしまったことがあるはず。

それは男性であっても同じこと。彼女のことが好きすぎて、言えばいいのに言えない、やればいいのにやれないことは彼にもある。感情の動きは、男であれ女であれ同じこと。

その感情の動きが、少しおかしな方向に向かい始めると、既婚男性であるにも関わらず、他の女に惚れてしまったり、さらには不倫に発展してしまったりすることだってある。

<参考関連記事>
既婚男性を不倫させる女の、6つの特徴。結婚していても他の女に惚れる、男性心理。

人は自分で思っているほど、自分で自分をコントロールできないことがある。本能に紐づく感情に支配されてしまうから、頭で考えていることと、現実の行動にギャップが生まれてしまう

好きな女性にだから、本当はこうしたい。これを言いたい。しかし好きになりすぎて、その感情が大きくなりすぎてしまうから、逆にそれができなくなってしまうことが男にはある。

好きすぎる女にだから男ができない、6つの行動

多くの一般的な社会人の男性であれば、それほど頭が悪いワケじゃない。どうすれば女性が喜ぶか、どうすれば彼女が笑顔になってくれるかを、理屈の上ではおおよそ理解している。

にも関わらず、それをしない、いや、むしろできない状態になっている原因は、あなたのことが好きすぎるから。愛しすぎてしまっているから。その感情が強すぎて、自分で自分にブレーキをかけてしまっている可能性が高い。




特に、男性が好きすぎる女性にだから、できない行動の代表的なものは、次に述べる6つ。これらの行動を彼がしないのは、あなたのことが好きすぎるから。

もちろん、その逆に、あなたのことがまったく好きじゃないから、これらをやらないという可能性もある。そのあたりは、日頃の彼のあなたへの接し方を観ていれば、おおよその見当はつけられるはず。


  1. 「好き」と言う
  2. 「好き」と言ってはみたものの、それをあなたに拒否されるのが怖い。軽く流されたら傷つく。そんな不安は、好きの度合いが強いほど高まっていく。好きだからこそ「好き」と言えないときはある。


  3. 体を求める
  4. 体を求めてみたものの、それをあなたに拒否される。セクハラと訴えられる。さらにはキモいと罵られる。好きな女性にそんなレスポンスをされたら、死んでも死にきれない。好きすぎるから、プラトニックになる男はいる。


  5. 強引になる
  6. 好きな女性だからこそ、その思いを尊重したい。好きな女性の前だからこそ紳士な素振りを見せたい。ましてや強引にして嫌われるようなことはあってはならない。弱気で控えめになってしまうのは、あなたを好きすぎるから。


  7. NOと言う
  8. あなたの思いはすべて受け入れたい。そして何より自分がNOと言うことで、あなたに嫌われたくないし、あなたを傷つけるようなことをしたくない。多少の無理であっても、それをNOと言わないのには、あなたへの思いの強さがある。


  9. 離れる/別れようとする
  10. 時には距離を空けたほうがいいのはわかっている。お互いの立場を考えれば、別れなければいけないことだってある。それを理性でわかっていても、感情がそうできない。彼から離れることがないのは、好きの度合いの高さに原因がある。


  11. 突っ込んだ質問
  12. もっと軽やかに、いろいろあなたに聞けばいいのはわかっている。しかし、その回答が彼の望むものでなかったら、彼は傷つく。失礼な質問をしてあなたを怒らせたくもない。彼が遠回しな物言いで、深く質問をしてこないのは、あなたのことが好きすぎるから。


以上6点。加えて、日頃の彼のあなたへの接し方を見て、明らかにあなたへの好意があるにも関わらず、これらに該当するならば、彼はあなたへの好きの度合いはかなり高いと思っていい。好きじゃないからやらないのではなく、好きすぎるからやらない。

あとは、あなたが冷静に彼の行動を見分けること。その上で、彼の気持ちを受け入れるかどうかを選択すればいい。そこで余計な駆け引きをしようとすれば、あなたは安い女と思わて、逆に彼の気持ちも冷めてしまうことになりかねない。

<参考関連記事>
安い女と思われる、3つの理由。大切にされない人に共通すること。

好きすぎる女にだから男ができない、行動には共通する特徴がある。好きだから、そうすべきと理解はできていても、好きの感情が強いからこそ、現実の行動にストップがかかってしまうことがある。

男も女も、相手を愛しすぎてしまうがゆえに、考えていることと、実際の振る舞いにギャップが生まれてしまうもの。そのギャップがどのような行動を生み出すかを理解しておけば、もっと穏やかな気持ちでパートナーと向き合えるってことっすな(^。^)y-.。o○

男性心理を理解して彼の本音を知るための、個別セッションへ
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

※この記事は2022/10/31に公開されたYouTube動画『好きすぎる女にだから男ができない、6つの行動。彼女を愛しすぎた男性心理。』の内容を基にブログ記事用に再構成したものです。
↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1500名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

オフィスは西新宿。住居は東京都杉並区と山梨県の富士山麓でデュアルライフ。

既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。