小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

男が女からの長文LINEを嫌う、本当の理由。思いが届くメッセージの送り方。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第153回

恋愛経験ゼロのアラサー女子が「趣味優先」な彼との初交際で、我慢できなかったこと。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                               
地域・開催日 内容
仙台 2021/10/30(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
福岡 2021/11/06(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2021/11/13(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

男が女からの長文LINEを嫌う、本当の理由。思いが届くメッセージの送り方。

男が女からの長文LINEを嫌う、本当の理由。

たとえそれが、あまり身近な人ではなくても、あまり好きじゃない人だとしても、あなたのことを気遣ってくれる人を悪く思うことはない。
小川健次Blog
自分の存在を認めてくれている、自分のことを考えてくれている。そんな安心感を与えてもくれる。そういうLINEを送ってくれる。そんな人は悪く思うどころか、むしろありがたいとさえ思うもの。

でもね、それはあくまでも、気を遣ってくれている人、優しいLINEを送ってくれる人の想いに対して、そう感じるだけのこと。

気を遣いさえすれば、どんなことでも、誰でもすべてのことで、必ず喜んでくれるか、感謝してくれるかといえばそうじゃない。優しいLINE、応援や励ましのLINEを送れば、あの人があなたを好きになるかといえば、そんなワケない。

僕が毎朝無料で配信している毎朝無料で配信している僕の小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画でも、よく言っているように、他人と自分は違うもの。あなたの喜びが、あの人の喜びであるとは限らない。

だって、要らないもの、受け取れないものは、それが気持ちであれ、モノであれ、渡されたって困るだけ。その気遣いは嬉しいが、それ以上は、ぶっちゃけ言えばありがた迷惑大きなお世話。

一杯採れたからって、ジャガイモをトラックで10台分もらっても困るだけ。置き場所ないし、そんなに食えない。その気遣いは嬉しいしありがたい。だけどこっちにも都合がある。こっちの都合を無視して持ってきたことには、あまりいい気はしないもの。





あなたのために、これだけやってこんなに尽くしたの。頑張って毎日LINEを送ってるのって言われても、あの人はそんなの頼んでもないし、望んでもいない。その気持ちは嬉しいしが、こっちの都合を無視して、あれこれやられたところで、別に何もしようがない。

彼のことがずっと好きで、こんなに愛を彼に注いでる。って、それはあなたがそう思ってるだけ。彼は彼でそれを愛と思わないこともあるし、愛だと思ってもそれに応えなきゃいけない義務もない

もちろん、あなたのその気遣いはありがたいとは彼も思う。あなたの好意もわかるだろうし、あなたが細やかな気配りができることも、よく理解してくれる。でもそれだけ。

おまけに、あなたのその気遣いがエスカレートすると、彼としてみれば、それが善意であり好意、そして気遣いであるだけに、邪険にできなくて面倒くさい。やがて、それを重いと感じてくると、LINEはブロック。電話をしても着信拒否。気づいたときにはフェードアウトでさようなら。

彼のことが大切だから、彼のことが好きだから。口ではそう言ってはいるものの、実は彼のことなんかまるで大切に思ってない。好きなのは、それを言ってる自分のこと。大切なのはそのLINEを送ることで、彼を失う不安から逃れたいあなた自身。つまりはLINEを使った一方的な感情の押し付け。

<参考関連記事>
愛される人は、〇〇を恐れない。大切な人と結ばれる人は、〇〇を乗り越える。

自分のことばっかりの、独りよがり。相手が何を望んでいるとか、相手が幸福になるとか、そういうことをガン無視して、自分の都合の押し付け。相手のことより自分のことを大事にしてるだけ。だから面倒くさい女と思われる。

しかも、せっかく尽くしているのに受け取ってもらえない、スルーされる、拒否されるといって、勝手にピーピー泣いて大騒ぎ。相手が望んでもいないのに、無理に押し付けようとして、突っ返されて泣き叫ぶ。面倒くさいだけじゃなくて、痛々しい女でしょ。それ。

思いが届くメッセージの送り方。

あなたが何を差し出そうが、どんなに相手のために尽くそうが、どれだけ想いを込めたLINEを送ろうが、あの人がそれを求めてもいなければ、その価値さえ感じなければ、押しつけと同じこと。

あなただって、逆の立場だったら困るでしょ。欲しくないものゴリ押しで渡されても、善意ではあるけれど、ただ重いだけの長文LINE送ってこられても、嬉しくないどころか、むしろ困る。それこそもうやめて欲しいとさえ思うでしょ。

少し考えてみればいい。あの人へのあなたの思いや行動。あなたの送るLINEで、あの人はホントに笑顔になるだろうか。幸福になるのだろうか。心から喜んでくれるだろうか。あの人の人生に、何かしらの価値を生み出せるのだろうかと。

そこをすっ飛ばして、ただあなたの想い、あなたの都合をを長文LINEに乗っけたところで、ウザがられるだけ。面倒くさがられるだけ。そんな関係うまくいきっこない。それじゃ相手からも何も返ってこない。

その逆に、あなたがホントに相手のことを想い、相手の立場、相手の都合を尊重し、相手が笑顔になることを考えて、行動するなり、LINEを送るなりすれば、その想いは必ず何かしらの形であなたの報いとして返ってくる。

単に独り善がりの想いを押し付けるだけの、長文LINEを送っても、お互いがアンハッピーになるだけのこと。





相手都合じゃくて自己都合。見返りばかりにに期待して、結局自分が満たされたいだけ。相手のことより自分優先。そんな空気は、あなたの振る舞いや、LINEの文章を通じて、相手にだって伝わっている。

彼にしてみれば、こんなに尽くしたのに、こんなに好きなのに、こんなに思いを込めたLINEを送ったのに、と、言われてもシラケるだけ。それで満足するのはあんたでしょ。要するに俺のことより自分が可愛いだけでしょ。

あなたがすべきは、彼の心に寄り添うこと。彼の気持ちを理解しようとすることよ。それは難しいことかもしれないが、大事なことは理解しようとすること、相手の想いに寄り添おうとする、見返りを期待しないあなたの想い。

だから、相手にその想いが伝わる。あなたのその気持ちを汲んでくれる。最終的な関係がどうなるかは別にして、あなたのことを尊重してくれるし、押し付けられてウザいとは思われない。

あなたの言葉や態度、ふるまい、そして送るLINEのメッセージなど、あなたがそれをすることで、相手が喜ぶこと、相手を笑顔にできることは何かを考えればいい。彼の想いに寄り添えばいいい。見返りへの執着なんかは手放していい。

その逆に、彼のほうからあなたに対して、自己都合の押し付けのLINEを送ってくるときは要注意。しかもそれが、別れた男からの連絡である場合には、だいたいロクなことじゃない。

<参考関連記事>
別れた男が、連絡してくる2つの理由。元彼からの連絡に、示すべきたった一つの態度。

男が女からの長文LINEを嫌うのには、はっきりとした理由がある。それは、文章の使い方や、送るタイミングなどの、小手先の理由ではなく、もっと根源的な、あなたの心にある動機の問題。

本当に思いを届けたいなら、届くようなメッセージにすることよ。本当に大切な人、本当に好きな人なのであれば、そのメッセージの向かうべき方向を、しっかり定めることよ。その方向とは、それが自分のためなのか、それとも相手のためなのかってことっすな(^。^)y-.。o○

長文LINEで関係を壊さないための、小川健次個別セッション

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。