小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

不安や心配になるのは、止まっているから。動いてしまえば、心が晴れて望みの結果が手に入る。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 2月東京/3月大阪↑


特別セミナー
小川健次
↑ 3月大阪↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 福岡 04月 ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/02/19更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第16回

キャリア女子に多い「彼の本心がわからないから別れる」。そんな時、気を付けるべきたった一つのこと

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール
↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー

不安や心配になるのは、止まっているから。動いてしまえば、心が晴れて望みの結果が手に入る。

■不安と心配は心の過剰な安全装置

頭の中でどんなに細やかなシミュレーションを積み上げてみたところで、100パーセント確定的な未来のことは、誰にもわからない。すべてはおおよその予測でしかないもんですよ。
小川健次Blog
その予測が正しいかどうかは、実際にそのときになってみなきゃわからない。現実の世界で体験してみない限り、ホントのところはわかることはないでしょ。

ってことは、確定的な答えを知る方法はただ一つ。そう。言うまでもなく、自分でそれをやってること。あなたがそれを体験してみることですよ。行動してみりゃわかるんです。頭の中や机の上で、あれやこれやとシミュレーションしているよりも、やってみればはっきりとした結果が出る。

もちろん、少しばかり冷静になって考えてみればわかること。順を追って丁寧に思考を積み上げればわかることもあるでしょう。毎朝無料配信中の小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ読んでりゃ、だいたいのことは想定できる。はず。

高層ビルの屋上から飛び降りればどうなるか。沸騰したお湯に手を入れればどうなるか。今夜飲みすぎたら明日の朝どうなるか。そんなことはちょっと考えればわかるでしょ。

そういう細かい極端な例は別として、往々にして未来のことというのは、考えたって結論が出ないもんなんです。未来は実際にやってきてからじゃないとわからない。だからやってみないとわからないんです。前に進んでみないと、止まっているだけだとヒントだって得られない。

でもね、ホントに止まっているだけならまだマシなんです。実は、止まっているようで、ずっと動いていることがある。何も変わっていないようで、刻一刻と変わっていってるものがある。

それが僕たちの思考というもの。体は止まっている。行動は何もしていない。一方で思考は動き続けてる。それは、答えのわからない未来に対して、リスクを回避するための不安と心配というやつ。思考は刻一刻と、猛スピードで不安と心配を、無制限に大きくしていくんです。

それは、誰にでも標準で搭載されている、自己防衛機能の一つですよ。だって痛い思いをしたくないもん。失敗してストレス感じたくないし。だったら最初から行動しないように、無意識のうちに不安と心配を増大させて、行動できなくしてしまえ。そんな潜在意識のはたらき。あなたの心の安全装置。

そうして気づいたときには、何もしないで時間が過ぎていた。あれ、まだまだ先があると思っていたのに、いつの間にやらこんな歳に。

心の安全装置とはいえ、ちょっと過剰すぎなのも困りもの。だって、そんなに不安や心配のタネがそんなにあるかといえば、そうでもない。そのほとんどは妄想なんだし。そもそも仮に失敗したところで、取り返しのつかない事態になんかならないでしょ。命まで取られることもないのにねえ。

それにね、失敗して悲しい思いをしても、そのときにもちゃんと別の安全装置が働くようにできてるもんだし。

<参考過去記事>
悲しみは、心のバランスを保つための安全装置。悲しみがあるから、道に迷うことなく前進できる。

不安と心配という安全装置が働く前に、行動してしまうことですよ。すると経験が積まれるし、その経験を通じて、大きく飛躍したり成長する機会が得られることのほうが、多いのだから。

考えてばかりいて止まっていると、心の安全装置が勝手に作動する。不安や心配事が妄想になって、どんどん大きくなる。ますます何もできなくなって、ただモヤモヤするばかりになる。

■動くと心の前向きスイッチがONになる

言ってしまえばカンタンな話しなんです。あれこれ考えすぎて、心が不安や心配し支配されてしまう前に、とっとと動いてしまえばいい。進んでみればいいんです。

動いてしまったり、進んでしまったりすると、今度は違う思考のスイッチが自動的に入るんです。この先はどうすれば望んだゴールに辿り着けるか、直面した問題を解決するための方法は何か、動きながら成功のイメージが描かれて、そのイメージを実現するスイッチがONになる。

あなたにだって経験あるでしょう。とにかくやると決めて、動いているときや、とにかく集中して物事に取り組んでるときってのは、不安や心配よりも、それをどううまく結果に結べ付けることができるか。どうやったら最善のアウトプットになるか、思考がポジティブになってるじゃないですか。

動き出した以上はうまくやりたい、動いた以上はその分の元は取りたい。だったらどうやってうまくやろうか。勝手にそういう思考に切り替わるもんなんです。だから気持ちも明るくなるし、前向きになる。一日を終えたときのビールが美味い。

その逆に、何もしていないと、つい物事を悪い方向に考えがちになる。不安と心配ばかりを考えて、わざわざネガティブな話題を見つけてくる。新聞やネットのニュースを見て世相に文句言ったり、場末の居酒屋で安い焼酎飲みながら、会社や他人の悪口言って、ますます思考をマイナスに追い込む。

まあそういう意味では、不安や心配事をあれこれ考えられるってのは、暇で余裕があるからでもあるんでしょうけどね。

コトと次第にもよるでしょうが、ホントにやらなきゃいけないことなら、のん気に心配事考えてる余裕なんかないでしょ。ホントに手に入れたいと思うなら、不安なんかクソ食らえ。とにかくそれを手に入れるためにすぐにでも動き出しますからねえ。

ホントに結ばれたいと思う相手、心から愛していると思う相手のことなら、自分の体裁だとか、ケチなプライドや自尊心が傷ついたり、失ったりすることに、不安や心配を考えてる場合じゃないもん。

頭の中でどんだけ考えたところで、不安や心配が大きくなるだけ。答えは永遠にわからない。わかったようで、そりゃ妄想にしかすぎない。はっきりとした答えじゃないから、またモヤモヤする。また不安や心配が大きくなる。その華麗なる悪循環から、とっとと抜け出してみればいいんです。

そのための方法は単純明快。やりたいと思えばやればいい。答えを知りたければ、答えが出るようにすればいい。ただそれだけ。

もちろん、そこで出た結果、そこでわかった答えのすべてが、あなたの望みどおりかといえば、残念ながらそうじゃないことだってあるでしょう。だとしても、そこで心折れることなんてないですよ。だって自分で決めて動き出した結果だもん。それを乗り越えられるスイッチがONになってるんだもん。

あなたが不安や心配を募らせたところで、あなたはもちろん、あなたの大切な人だって幸せになることはないでしょ。むしろ傷つけるようなことになるだけ。それよりも、あなたが動いて心のスイッチをONにすれば、短期的にはともかく、中長期的にはみながハッピーになれる。

<参考過去記事>
本当に愛されているなら、傷つくことはされない。本当に愛しているなら、傷つけることはしない。

不安と心配事に心を支配されるより前に、いや。、支配されてからも、それを消し去りたいと思うなら、まずは動いてみればいいんです。進み始めてみればいいじゃないですか。ホントに動いてしまえば、不安だ心配事だと言ってる場合じゃなくなるから。むしろポジティブなスイッチが入るから。

それにね、不安と心配事を抱えたまま、何もしないで時を過ごすより、動くことで未来への期待感ととも時を過ごすほうが、精神衛生上も健全ってもんでしょう(^。^)y-.。o○

【行動を生み出すための、心のスイッチをONにする方法】

小川健次Blog
1/20(土)東京 1/21(日)名古屋

■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。