小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

不倫相手の男の愛が、突然冷める3つの理由。不倫男性が離れる心理とは。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第153回

恋愛経験ゼロのアラサー女子が「趣味優先」な彼との初交際で、我慢できなかったこと。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                               
地域・開催日 内容
仙台 2021/10/30(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
福岡 2021/11/06(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2021/11/13(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

不倫相手の男の愛が、突然冷める3つの理由。不倫男性が離れる心理とは。

不倫男性が離れる心理とは。

よほど、人のものが好きっていう変わり者でもなければ、好んで不倫をしようとする人はいない
小川健次Blog
社会的なリスクもある。お互いに時間を自由にすることもできない。苦しい道のりなのはわかってる。それでも出会ってしまった。結ばれてしまった。これっばかりはどうにもならない。

僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画では、いつも言っているとおり、男と女のことはわからない。出会ってしまえば、その先に何が待っているかなんてのは、誰も予測することはできない。

不倫は絶対にしない。不倫する人は男であろうが、女であろうが許せない。私はしないし、私は亭主が大好き、私は既婚者なんか興味はない。そう自分で確信していたはずなのに、いざ出会ってしまうと、どうにもならなくなる。なんてもこともよくある話し。

言うまでもないが、ここでは不倫を肯定しているわけじゃない。同じように否定しているわけじゃない。不倫関係にはならないほうがいいが、なってしまう可能性が否定できない以上は、そうなったときの対処法くらいは考えたほうがいいということ。




もちろん不倫関係になっても、速やかに関係解消できることもある。その一方で、不倫であっても、お互いに実りある価値ある関係になることもある。さらにはグダグダかつドロ沼の、誰も幸せにならないどころか、他人も巻き込んで迷惑かける最悪なパターンもある。

そのいずれかの関係になるかは、あなたが不倫相手との関係を、冷静にコントロールできるかにかかってる。ただ感情と欲情に流されることなく、男女の不倫関係をどういう落としどころにすべきかは、あなたが決められる。

実りある価値ある関係として、その不倫を長続きさせたいと思うなら、そうするための3つの条件を守ればいい。不倫とはいえ、愛した相手。その人の幸せと、あなたの喜びを手に入れるためには、守るべき条件がある。

<参考関連記事>
不倫を長続きさせるための、3つの条件。彼を愛しているなら、絶対に守ること。

そしてもう一つ知っておくべきは、不倫関係だからこそ、通常の男女関係とは違った形で、突然関係が終わることがあるということ。好きだ嫌いだという恋愛感情とは違う、気持ちが冷める理由があるということ。

そこで、この記事では、不倫相手の男性の気持ちが、突然冷める理由を3つ紹介。このポイントを押さえておけば、あなたの気分次第で、彼を冷めさせて遠ざけることも、冷めさせずに近くに置いておくことも不可能ではない。

不倫相手の男の愛が、突然冷める3つの理由。

最初は、早いうちに切り上げて、関係を終わらせるつもりだった。軽い火遊びのつもりだった。なんて言いながら、気づいたときにはドップリ浸かって、抜け出せなくなる。そしてどんどん深みにハマる。

それでも、自分をコントロールできているならまだいい。それも効かなくなって感情暴走。彼に執着して、日常のバランスまで崩れて、生活そのものが崩れていく。なんてヒドイことになっているなら、とりあえず一回、僕の個別セッションにでもきて、頭を冷やしたほうがいい。

とにかく、まだ自分をコントロールできているのなら、不倫男性の気持ちが冷める理由をまず知っておく。これを押さえておけば、彼がいきなり消えることはなくなる。結果、消えていったとしても、原因がわかるから予兆が掴める。



もちろん、ここで挙げたものが全てではないし、細かい事情を考えれば、より多くの事例がある。とはいえ、名目上はいろんな事情があっても、不倫男性の気持ちが突然冷める理由のおおよそは、この3つの理由に集約される。


  1. 状況や環境の変化
  2. 残念ながら、あなたも彼も歳を取る。地球は回るし時間も過ぎる。状況や環境は刻一刻と変わるもの。不倫のスタート時期と今では、彼もあなたも置かれている状況が変わるし、周囲の環境が変わることがある。

    いずれかに子供が生まれたり、職場環境や住環境が変わったり、今までだったら会えてた時間に会えなくなる。今までは相手を思えていた余裕があったものが、なくなっていく。

    やがて、新しい状況に順応するために人は変わっていく。あなたへの愛も冷めていく。不倫に限った話しではないが、いずれかが既婚者である場合、このような状況環境の変化による要因は大きい。


  3. あなたとの関係がリスクになった
  4. あなた、もしくは彼の配偶者や、関係する第三者に、あなたとの関係がバレることになりそうであれば、そのリスクを回避するために最大限の力を使う。それによって、あなたへの愛に使うエネルギーは削減される。

    関係がバレるということだけに限らず、あなたの執着と依存の度合いが激しくなり、このままだと関係がおかしくなり、お互いの生活に支障を果たすと、彼が判断した場合も、それ自体をリスクと認定されて愛が冷めることがある。

    男は理屈偏重で考える生き物であるため、リスクが高いと判断すると、ほぼ無意識にその回避行動に移ってしまうもの。


  5. お互いにとっての学びと成長がない
  6. 不倫というリスクの伴う関係だからこそ、その関係には、単純な好き嫌いという感情や、性欲などの本能に従ったものではなく、理性によってより価値あるものを求めたくなるもの。

    お互いが人としてリスペクトし合い、お互いがお互いに肯定的な影響を与え合うことで、学びと成長ができる関係でないなら、わざわざリスクを冒してまでその関係を続けたいとは思わず、気持ちも冷めてしまうもの。性欲なら金でも解決できるのだから。

    もちろんそれは、一方的にあなたが求められるだけではなく、彼も自分でそれを与えられる自信が持てなくなると、あなたへの罪悪感から気持ちが冷めていくことがある。


その他、中にはこのケースに当てはまらないような、最初っから、あなたを騙す気まんまんのクズ男もいるので、それはそれで要注意。こういうケースは? という個別具体的な問題については僕の個別セッションにきてもらえれば、そこで詳しく話せるのでそちらへ。

言ってしまえばミもフタもないが、相手、もしくはあなた、または双方が既婚者で、不倫関係になるならば、適当なところで自分にブレーキかけるのが一番いい。とはいえ、それができないことがあるから、男と女は難しいというのも事実としてある。

ならば、不倫関係になっても、お互いにあまり傷を負わず、周囲に迷惑もかけず、あわよくばお互いが満たされて、価値ある関係になれるなら、そうしたほうがいい。そのためにも上記の3つのポイント押さえつつ、最悪な男とは付き合わないこと。

<参考関連記事>
不倫相手にすると、最悪な男の5つの特徴。相手を間違えなければ、不倫で失敗しない。

不倫相手の男の愛が、突然冷めるのには理由がある。それは、あなたが嫌いになったからじゃない。あなたへの愛以上に、男性にとっては大きな問題があるから。そして、その問題を知れば、彼の心理を理解することもできる。

当人同士が、どれだけ真剣と言ったところで、社会的には認められない不倫関係。だからこそ、お互いの理解を深め、一緒に過ごす時間は心穏やかでいながらも、終わり際も綺麗にしたほうがいいってことですわな(^。^)y-.。o○

不倫相手への執着を手放す、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。