小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

ずっと一緒にいたいと思われる人に、共通すること。いつも愛される人が、やっていること。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/08/03更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第145回

復縁したいのに2年もできないまま。彼の心は取り戻せる?

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

ずっと一緒にいたいと思われる人に、共通すること。いつも愛される人が、やっていること。

ずっと一緒にいたいと思われる人に、共通すること。

誰だって嫌なことはされたくない。だから、嫌なことをしてくる人には、好意を持つことがない。ずっと一緒にいたいとなんて思わないのは当たり前。
小川健次Blog
いや、好意以前に、関わりたいとさえ思わない。近寄りたくさえない。だってわざわざ嫌なことしてくる人と、関わったところで、いいことなんかないんだもん。

その逆に、あなたを喜ばせてくれる人、あなたを嬉しい気分にさせてくれる人はどうか。言葉や態度、行動で、あなたを喜ばせようとする気持ちを、伝えてくれる人のことならば、その人をどう思うのか。

心地良い気分にしてくれる人ならウェルカム。あなたの心を満たしてくれて、心安らげる何かを運んできてくれる人なら大歓迎。ずっと一緒にいたいと思う。

僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、対人関係における感情には返報性がある。人は愛してくれる人を愛するし、好きになってくれる人を好きになる。

もちろん、実際に好きになるかは、相手にもよる。とはいえ、少なくともそれで嫌いになることはない。とりあえずは一旦はその人を受け入れられる。とりあえずは前向きな気持ちで関われる。




あなただって、できることなら、いつだって心地良い気分でいたいし、笑顔でいたいと思うはず。なのに、わざわざそれをブチ壊してくれる人と、ストレス感じながら付き合いたいなんて思わない。関わりたいとさえ思わない。

話しはカンタンなこと。喜ばせてくれる人は歓迎されて、嫌な気分にさせられる人はウザがられる。心地よくしてくれる人とは一緒にいたいが、気分を悪くしてくる人とは遠ざかりたい。

ならば、あなたは、彼が喜ぶことをすればいい。彼が笑顔になれるような言葉をかければいい。そうすりゃ、少なくとも、それで嫌われたり、遠ざけられたりすることなんかない。

ただただ、自分の欲求のみを伝える。ただただ、自分の都合を押し付けて、相手に依存しようとする。LINEの返信がこないくらいで大騒ぎ。そうやって不安や心配ばかりを言われれば、彼の気分もどんどん滅入る。

<参考関連記事>
LINEの返信がこない理由は、そんなに悪いことじゃない。不安や心配は、手放しても大丈夫。

少し冷静になってみなさいよ。少し立ち止まって考えてみなさいよ。あなたがこれから彼にしようとすること、彼に言おうとしていること。それは、彼を喜ばせるためのものなのか。彼を笑顔にするためのものなのか。

ほんの少しでいいから、イメージをしてみろって。彼の心に想いを馳せてみろよ。そのわずかな労力を使うかどうかで、彼があなたとずっと一緒にいたいか、それともいたくないかが決まるのだから。

いつも愛される人が、やっていること。

相手の心に想いを馳せず、単に言いだけ、要求したいだけ。依存したいだけ。そんな、感情に流されるまま寄りかかってこられれば、彼にとってはウザいだけ。彼は面白くないし、あなたも面白くない。

それなら、最初から何も言わない、何もしない。そのほうが遥かにマシ。言えば言うほど、すればするほど、お互いが不幸になる関係なんて、単なる罰ゲームでしかない。お互い一緒にいたいとなんて思えない。

相手の心に想いを馳せるということは、相手に媚びるということじゃない。別にご機嫌を取れって言ってるのでもない。だいたい主従関係でもないのに、ご機嫌なんか取る必要ないし、そうしたところで都合のいい女扱いされるだけ。

大事なことは、心から彼の力になりたい。彼の役に立ちたい。彼の喜びに、彼が笑顔になれる行動であり言葉である。その確信を持てているかどうか。媚びて一緒にいてもらっても、あなただって嬉しくもなんともないでしょ。




彼の気持ちに寄り添うこと、彼の心に思いを巡らせることを、怠らないこと。ノリと勢いもたまにはいいが、基本的にはちゃんと相手のことを考える。彼の喜び、彼の笑顔をイメージする。そうなるための行動をし、言葉を発すればいい。

彼の幸福を優先するなら、あなたが身を引くのだって選択の一つ。あなたにとって辛くても、それが彼の幸福のために必要なことなら、そうすることが愛。

どんな選択、どんな結末であろうとも、あなたが彼のことを想い、行動し、言葉を発することができるなら、やがてあなたは大きな幸福を引き寄せる。あなたは彼にずっと一緒にいたいと思われる

彼の思いをガン無視しし、ただただ自分の都合を押し付ける。彼に寄り掛かる。そんな関係になってしまえば、いくら彼があなたに惚れていたとしも、あっさり冷めて愛は消えてなくなる。

<参考関連記事>
惚れた女に男が冷める、5つの瞬間。彼の愛が消える理由。

ずっと一緒にいたいと思われたいなら、あなたにはやるべきことがある。目先の見返りに執着し、ただただ彼に求め、期待をする。依存をする。そうしていたところで、ずっと一緒にいたいと思われるどころか、心は離れていくだけ。

あなたが力を尽くした結果、報われなかったしても、それは気にしなくていい。それはご縁が無かっただけだから。でもね、あなたのその思いは、まわりまわって別の本当にご縁ある人との愛を引き寄せる。結果的にあなたは幸せになれるのだから(^。^)y-.。o○

潜在意識の力で愛を引き寄せる、小川健次特別セミナー
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。