小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

苦しいこともしんどいことも、執着を手放せば消えてなくなる。目先のことではなく、未来のための選択をしよう。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

苦しいこともしんどいことも、執着を手放せば消えてなくなる。目先のことではなく、未来のための選択をしよう。

苦しいこともしんどいことも引き寄せてるのは自分の心

しんどくて苦しくて心が折れそうになることもあるでしょう。もう何もかも投げ捨ててしまいたい。そういう衝動に駆られることもあるかもしれない。
小川健次Blog
そりゃまあ、海のように広い心の持ち主や、悟りの境地に達している人にとっては、しんどいことなどないのかもしれない。が、そうじゃない人にとっては苦しいことは苦しいもの。

そういうときは、泣いて酒飲んで寝てしまうのが一番。翌朝目覚めれば、気分が一新していることもある。が、それでも翌朝目が覚めたときに、まるで問題が解決していない、気分もしんどい状況のまま、なんてこともある。現実に解決してない問題を目の前にして、また心が折れる。

もうね。そんなときは、あえてそこから離れることですよ。見ない言わない耳にしない。何やっても今はどうにもならないことはある。だから手放す。僕の小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージをいくら読んでも、ダメなときはダメなんです。

そこで、ポジティブに考えれば乗り越えられる、あきらめなければチャンスはある! なんて言ってみても空しいだけ。気休めにさえならないでしょう。っつーかそれ、そもそもポジティブじゃないから。単に現実逃避してるだけだから。

ホントにポジティブに考えるなら、無理は無理、今の時点でダメなものはダメ、でささっと割り切って、そこからとっとと離れるんです。ダメなことには執着しない。そして今できること、今乗り越えられることにスイッチ切り替えて、そっちをやるだけのことですよ。

目の前の壁を乗り越えることが目的じゃない。それは手段であって、目的はその先にあるもの。ならば別の道を通ること、つまり別の手段があるのなら、それを選択すればいいだけのこと。

他に選択肢が無い。別の道はない。私にはあの人しかいない。なんてことはないんです。なのに、同じところをグルグルと堂々巡りしていながら、同じ壁に体当たり。そして言うんです。しんどくて心が折れそう。頑張ってるのにうまくいかない。そんな私可哀想。ってアホなの?

要するにね、しんどいしんどい言ってる人は、しんどい状況が好きなんです。そうやって苦しんでる自分をカッコいいとか、可愛いとか思ってるんです。

ホントのホントにヤバければ、ホントのホントに成し遂げたいことならば、同じところにいつまでも留まりませんよ。同じことを何度も繰り返しませんって。さっさとそんな苦しい状況手放して別の手段方法を探すんです。ダメな相手に執着しないで、ホントにご縁のある人を探しに行くんです。

まあ、あんま一人で思い詰めて考えているとね、その道しかないように思えてしまうこともありますからね。そういうときは、僕の個別セッションでもいいし、ちょっと違う視点を入れてみることで、視界を広げる工夫もしたほうがいい。

<参考過去記事>
小川健次個別コーチング&コンサルティングサービス

誰にだって、苦しいこともしんどいこともありますよ。でもね、そこで、苦しい苦しい言ってても、事態は解決しないでしょ。今どうにもならないことは、どうにもならないんです。ならば、今どうにかできることに、心のスイッチを切り替えることですよ。その選択はあなたにしかできないし。

手放せば楽になる

生きてりゃいろいろある。天変地異もあるだろうし、不可抗力による事故もある。自分に一切の非が無かったとしても、まるで思いもよらなかった窮地に立たされたり、しんどさや苦しさを味わったりすることもあるでしょう。

もちろん、それらはあなたの責任じゃないかもしれない。でもそれをどう受け止め、どう解決するか。その選択、そして意味付けと解釈の責任はあなたにある。

それがどうにもならない、という事実を、まずは受け容れる。その上で次どうするか考えればいい。一旦離れるのか、別の方法考えるのか。どうにもならない事実がある以上は、そこで堂々巡りをするのではなく、その状況をどう切り抜けるかを生産的に考える。

ただただ右往左往して、ダメな現実を受け入れず、どうにもならないことをどうにかしようとするだけで、やがて疲弊し心が折れる。いや、だからね、目的は今ダメなことをダメじゃなくすることではなく、その先の未来にある、あなたにとっての価値ある何かを手に入れることでしょ。

繰り返しますが、ただ諦めないこと。明らかにダメなことに執着するのが、ポジティブかといえばそうじゃない。それ疲れるだけ。エネルギーの浪費だし、それこそ泣きたくなるだけで問題解決なんかしやしない。

遅刻が確定している電車の中で、どうにか早く着け! とジタバタしててもしょうがない。だってもうどうにもならないんだもん。そこは切り替えて、到着後に待ち合わせ相手をどうフォローするか、どうリカバリーをするかを考えるとこでしょ。

今ダメなこと、どうにもならないことは考えない。そのためには関わるのを断つのも手。別れたあの人に未練があっても、今どうにもならないなら。LINEも電話番号も消してしまえ。だって考えたってしょうがない。そこに引きずられるだけ、エネルギーの無駄。

あなたにとって重要なのは、あなた自身の幸福を手に入れること。どうにもならない相手に執着したところで、その先にあるのは、幸福どころか、くたびれて灰色に染まっただけの未来でしょう。だったら手放せ。幸福を手に入れる手段はあの人と結ばれることだけじゃない。

ちなみに、そうやって、あなたがしんどくて苦しいし、泣きたくなる。そう思っているときに、別れたその男から連絡がきたら要注意。その理由と対処法は以前にも言いましたが、そういうときに誤った対応すると、だいたいロクなことがない。

<参考過去記事>
男が別れたのに連絡してくる二つの理由と、女が連絡を受けたときにするべきたった一つの方法。

苦しいこともしんどいこともある。それで泣いたっていいですよ。でもね、冷静に現実を受け容れること、目の前のことに執着しないことです。大事なのは、今どうにもならないことに執着することではなく、この先の未来に幸福を手に入れるにはどうするかを考えることだから。

まあ何よりも、しんどいのや苦しいのは、イヤじゃないですか。そんなことに執着せずに手放してしまえばいい。それより、もっと具体的かつ生産的に、あなたがハッピーになる方法を考えたほうが、よっぽど気分も明るくなるし、理想の未来を引き寄せるってもんですよ(^。^)y-.。o○

創業2周年記念/通常参加費の57%OFF
小川健次
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。