小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

好きな感情に従うと、理由に関係なく仕事も恋愛もうまくいく。大人の事情を優先すると、執着を手放せず苦しくなる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 02月 ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/01/15更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第11回

女性の人生危機回避方法は「カンを磨き、カンに従うこと」

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール
↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー

好きな感情に従うと、理由に関係なく仕事も恋愛もうまくいく。大人の事情を優先すると、執着を手放せず苦しくなる。

好きだからスタートできる

誰だって取り組むことそのものに、これといった理由がなければ、ヤル気がそうそう沸くことなんてないでしょう。無意味なことはやりたくないし、それが嫌なことならなおさらですよ。
小川健次Blog
その先に何があるのか。なぜ今それに取り組むのか。それがはっきりしない、よくわからない。そんなモンは指示や命令だとしてもやりたくなんかないですよ。

逆に言えば、理由がはっきりすれば、その良し悪しは横に置いておいたとしても、やろう、やらなきゃという気にはなる。それが指示や命令だとしても、やれば給料もらえるとか、やればこれより悪い事態にはならないだろうとか、どちらかといえば後ろ向きの理由であっても、やる気が生まれるってもんです。

だから、イヤなことをやるにはそれなりの理由がいるんです。理由がなきゃヤル気にならない。

でもね、それが逆に、あなたの好きなことだったら、理由はいらないないでしょ。好きなことなら、好きってだけで十分に理由になる。なぜそれやるの? 好きだからに決まってんだろ、うるせーバカ。その一言で話しは終わり。好きでやってんだから苦しみに耐える必要だってない。

言ってみれば好きそのものが理由なんです。それやりたいと思える。そうしたいと考える。それでいいじゃないですか。それ以上あれこれ考えたところで意味などないし無駄なだけ。

あなたが、なぜ僕が毎朝は無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージを読んでるか。それはあなたが眉毛のイケメンが好きだから。うん。そう。多分。

あなたが自分でそう思う。そうしたいと感じる。それが好き。ならその感情に従えばいいんです。やりたいと思える仕事なら、余計なこと考えずに集中できるでしょ。効率高まる。好きな相手なら、その人のために力を尽くせる。ならその仕事をやればいい。その相手と付き合えばいい。

単純なことなんです。答えは簡単ですよ。なのに、あーでもないこーでもないと、よくわからないこと言ってみたり、今考えてもしょうがないこと考えて、自分で自分を押し殺す。自分で自分に足枷はめる。それっやってたって楽しくないでしょ。

そりゃね、いろいろな事情に思いを馳せてみれば、好きだけで、問題が片付くわけない、と思う気持ちもわかりますよ。単に好きってだけじゃ、恋愛だって結婚だってうまくやれないこともあるでしょうよ。

だとしても、まず好きという感情があるから、前に進めるワケでしょ。好きと思わなければ前に進めないし、嫌いなことじゃ前向きに取り組めない。

好きの感情にまず従ってみればいい。そこがスタートですよ。その気持ちに従えなければスタートできない。現実にある諸問題は、後で追っつけ考えて片づければいいんです。どうせ何やったって、問題が起きないことなんてないんだから。最初は好きだからでいいじゃないですか。

それに、好きと思えること。大切だという感情を抱けること。そのエネルギーの大きさは、何に取り組むにしたって原動力になるんです。その力を使わない手はないでしょう。

<参考過去記事>
愛されることより、愛せることに価値がある。愛されなかった自分を責めず、愛することができた自分を褒めよう。

現実の色んな事情に目を向けるのも、そりゃ大切ですがね。それ言ってても話しは先に進まない。あえてそれを一旦スルー。自分が好きだと思える感情に対して、素直かつ真摯に従ってみたって損することなんてあまりない。

もちろん好きなら何したっていいわけじゃない。協調性は必要だし、社会正義や社会倫理の、逸脱しない範囲であるのは当たり前。その上で、自分自身の心を制限する、あれやこれやの大人の事情なんて、一旦頭の中から捨てちまえってことですわ。

好きなことだから、どんな結果でも納得できる。

会社がどうの。上司がどうの。今の仕事や、今置かれている状況や環境がどうの。お互いの距離がどうの。立場がどうの。事情なんて誰にだってあるんです。そして同時に、その事情ってやつは、ありがたいことに消えて無くなることなんて絶対ない。生きてる限りは必ず何かの事情はある。

だったらそれ言ってても仕方ない。ならば、あなたが前に進むかどうかを決める基準は、その人を好きかどうか。その仕事が好きかどうか、その場所が好きかどうか。好きになれそうかどうか。それで考えるしかないんです。それ以外のことは考えたってしょうがない、考えたって解決しない。

状況環境やその人がどうのって言ってても、答えなんか出せやしない。この際もうそんなの関係ない。その人を、その仕事を、その場所を、その人を好きかどうか。それだけのこと。

理由なんかそれで充分。それ以外の理由をいちいち探そうとしたって、どうせ出てくる理由は、やらない理由。動かない理由になるのがオチ。ならばそれ以上は考えない。

まあ、そこまで開き直ってしまえば、他人からの視線なんかは気にならなくなりますよ。どうでもいい細かいことにストレスも感じなくなる。だって自分の感情に従うということは、自分で自分に責任を負うということ。その覚悟を自分で持てるということ。執着なんか手放せる。

他人に強制されることじゃない。やむをえずにやることじゃない。あなたが好きだと思える感情に従っての行動だから、その結果がどうであろうと納得できるし、その結果までのプロセスで経験という大きな糧が手に入る。

自分の思いに素直に従い、自分で結果に納得できる。だから余計なストレスもない。余裕も生まれる。そりゃその過程では苦しいこともあるかもしれない。でも自分で決めたことだから乗り越えられる。結果的に仕事も恋愛もうまくいく。

その一方で、あーでもないこーでもないと、色々な事情を言いながら、自分で自分の感情を抑え込む。状況環境がどうの、あの人がどうの。問題ばっかだ。課題ばっかっだ。そんなことばっかり言ってるから、流されて望まないことをやる羽目になる。

それがストレスになってますます自分を抑え込む。好きなのにできなかった過去の自分んをいつまでも引きずって、ますます何もできなくなる。という素敵でナイスな悪循環。

疲れるでしょそれ。というより面白くないでしょ。自分を抑えて苦しんで、何となく日々やりくりはしているものの、なぜかいまいちパッとしない。やりたいことがあってもボーっと見てるだけ。好きな人に出逢っても、あれこれ考えているうちにさようなら。それ繰り返して年月ばかりが過ぎていく。

まずは自分の思いに素直になる。大切だと思える人がいれば、素直にその人に愛を注ぎ、好きな仕事であれば、素直にその仕事に情熱を注げばいいだけのこと。

<参考過去記事>
愛を注いでくれる人を、引き寄せる人に共通すること。求めても愛されないのには、理由がある。

念のため繰り返しますが、好きな感情ですべて解決するってことはないですよ。それに好きでもどうにもならないこともあるでしょうし、好きじゃなくても未来のために取り組まなきゃいけないことだってある。

だとしても、まずは好きな感情に従うところ。それをできる最優先するとこから考えなければ何も始まりませんよ。大人の事情ばかりを考えていても堂々巡りから抜け出せないんだから。

仕事にしろ恋愛や人間関係にしろ、迷うことが多かったり、いまいち納得感を抱けないときは、自分で自分に問いかけてみればいいんです。自分はその仕事が好きかどうか。その人が好きかどうか。その場所が好きかどうか。そしてその思いに素直に従えているかどうか。

答えは常に自分の中にあるってもんですわな(^。^)y-.。o○

自分の中の答えをみつけ、本当に好きな自分になる方法
↓ ↓
東京開催決定!
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。