小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

別れた彼のLINEを、消したほうがいい理由。ご縁があれば、手放しても結ばれる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第142回

コロナ禍で増加するアラサー女子の「ゲーム感覚不倫」。その大きな代償。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

別れた彼のLINEを、消したほうがいい理由。ご縁があれば、手放しても結ばれる。

ご縁があれば、手放しても結ばれる。

あなたの身の回りを見渡してみると、使うようで、実際には使わないものがたくさんある。ただ使わないだけでなく、すでにもう役にたたなくなっているものだってある。
小川健次Blog
それでもなぜだか、そのまま置いておかないと気が済まない。無くなってしまうと、心落ち着かなくなりそうだ。持っておけば、また役に立つ時がくるかもしれない。

机の上や、引き出しの中だけじゃない。あなたの携帯電話にある、別れた彼のLINEにメッセージ履歴。もう連絡することもなければ、連絡がくることもない。いつか連絡するときが、いつか連絡くるときがくる。そんな思いで消さずに持っている。

でも、それらが実際に役立つことはないのはわかってる。あの人から電話がくることも。LINEが届くこともないのはわかってる。届くのは、僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画で、それを読んでチッと舌打ちするくらい。

ってことは、そんなLINEの友達登録や、過去のメッセージの記録を、抱え込んでいても無駄ということ。だって役に立たないんだもん。使わないんだもん。むしろ過去に執着して前進できなくなるだけ。とっとと捨てて手放してしまえ。





ずっと抱え込んでいたところで、失うことへの不安が、あなたの心を苦しめるだけ。いや、その不安もね、実は幻想。だって、ホントはもう失ってるのだから。今の時点でもう使わない。それはもうないのと同じ。なのに、まだあるかのように、自分の気持ちを誤魔化してる。

幻想でしかないのに執着する。すでに失ってるのに、その現実に目を背けて、ひたすら過去の思い出に浸って逃げ込む。

だから新しいことにチャレンジできない。新しい人と出会えない。ただ過去の思い出に浸りながら、毎晩昔のメールやLINEを読み返して泣くだけになる。そんな面倒くさい女だから、逃げられるんです。どっかに去られるんです。

今執着しててもしょうがない。今抱え込んでても、それはあなたの心の足かせにしかならない。あの人の電話番号もLINEも、携帯からとっとと消していい。完全に関係断っていい。どうせあの人もとっくに消してる。どうせもう連絡こない。

期待も執着も、あなたの手元のLINEの友達登録とともに、手放してしまえ。今すぐ山の向こうに投げ捨てろ。とっとと消せよ。そう。今すぐ。今すぐに。

<参考関連記事>
期待と執着を手放すと、恋愛はうまくいく。現実を受け入れると、引き寄せの法則が発動する。

大丈夫。ホントにご縁があれば、LINEや電話番号を消したり、関係を断ったりしたところで、どうせまた会えるし、また結ばれる。あなたにとって、ホントに必要なものなら、また必要になったときに引き寄せる。

今別れたのは、今必要じゃないから。今縁がないから。ならばその執着を手放してしまえ。すると身も心も軽くなる。一時的には心の傷をエグられるような、苦しみがあるかもしれない。でも大丈夫。手放せばやがて傷は癒えるし、あなたもっと大きな愛と幸福を引き寄せる

別れた彼のLINEを、消したほうがいい理由。

今の時点で不要なものを抱え込んだところで、百害あって一利なし。僕たちが心に抱え込める量には、限界がある。今不要なものを抱え込んでるおかげで、もっと価値あるものをスルーしてしまうなら、本末転倒。

別れた彼のLINEや電話番号とともに、過去の思い出のすべてまで、全部を捨てろってワケじゃない。思い出は思い出でいい。でもそれは思い出であって、今のことでも未来のことでもない。そこの切り分けをしないから、いつまでも引きずることになる。

少なくとも今と未来の役にたたないこと、今の時点で不要なことは切って捨てていい。どうせLINEが届くこともない、どうせ会うこともないであろう、あの人のことを考えることが、今のあなたにとって役立つなら抱えておけばいい。でも現実はそうじゃない。





ご縁があれば結ばれる。でも少なくとも今はご縁が無い。今どうにもならない。ならそれは抱え込むより手放したほうが、心が楽になる。

不安で心配になりそうなのも、自分が壊れてしまうような気がするのも、今まで占めてた心の領域が、空白になってしまいそうだから、それで一時的に不安定になるだけのこと。別にあの人が原因じゃない。ホントはあの人どうでもいい。

大丈夫。別れた彼のLINEを消そうが、電話番号を消そうが、ホント縁があるならまた出会う。今は縁がない。今はお互いを必要としていない。そこで、あなたが執着するほど、苦しさが倍増するだけ。

そうやって自分で自分を苦しめて、いよいよ取り返しのつかない事態になる前に、スパッと断って全力で山の向こうに投げ捨てろ。

好きだった人のLINEや電話番号を消す、切って捨てるってのも、それなりにエネルギーがかかること。でもそこでエネルギーかけた分、不安も執着も消えて身軽になれる。視界も拡がる。最初に思っていたより、切って捨てても大した影響はない。

ただただ、復縁したいと期待して、いつまでも執着しているより、よっぽどいい結果を引き寄せる。

<参考関連記事>
復縁への期待を手放すと、別れた彼を引き寄せる。復縁に執着すると、愛する人が遠ざかる。

別れた彼のLINEを消していいのには理由がある。電話番号を捨てていいのにも理由がある。それらを残して、過去に執着していても、何も生まれないどころか、愛も幸福も逃げていく。。むしろ苦しみに追い回されるだけ。

手放しても、ご縁があればまた結ばれる。何より、手放すから、身も心も楽になり、心に余裕が生まれる。だから、別れた人との復縁だろうが、新しい人との出会いだろうが、あなたにとって本当に価値あるご縁を引き寄せるってもんですわ(^。^)y-.。o○

執着を手放すための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。