小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

既読スルーされるLINEに、ありがちなこと。押し付けるほどに、スルー率が高まる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/09/17更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第46回

夫婦仲の悪化の原因は学歴!?妻攻撃のモラハラ夫の操縦法

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


既読スルーされるLINEに、ありがちなこと。押し付けるほどに、スルー率が高まる。

押し付けるほどに、スルー率が高まる。

世の中の人にどれだけ必要とされていたって、あなたが必要だとは思わない、いや、むしろ要らないと思っているものは、要らないでしょ。
小川健次Blog
要らないものは迷惑なんです。それが誰かの気遣いや善意だったとしても、あなたが要らなきゃ要らないし、あなたの気遣いや善意だって、大切なあの人が要らなきゃ要らないんです。

いや、要らないというより、ありがた迷惑大きなお世話。渡されたって、対応に困るから、どうしていいかわからない。あれこれLINEをしてこられても、苦肉の策で、なんとかその場は既読スルーでやり過ごす

もちろん、それがあなたの求めていることだったり、あなたにとって救いになることであれば、喜びになる。本当にありがとう。心から感謝できるし、心からその人を信頼したくなる。

僕が毎朝無料で配信中の小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージにしたって、あなたの心にハマるときは心揺さぶられても、そうじゃないときは、この眉毛何言ってんだ。とイラついて配信解除でさよならするでしょ。

そりゃね、あなただって、いくらそれが不要なものとはいえ、気を遣ってくれたこと、力になろうとしてくれていることは、嬉しいとは思うでしょ。でも、だからといって、要らないものは要らない、困るものは困るんです。それとこれは話しが別。

にも関わらず、あなたは、あの人に同じことをする。あの人が望んでもいなければ、求めてもいない。渡されても与えられても困るものを、グイグイとゴリ押しで押し付ける。





あなたのことが心配だから。疲れてるだろうから。寂しいだろうから。力になりたいし、役にたちたい。好きだから。って、おい。ちょっと待て。

それを相手は本当に望んでいるんですか? いや、望んでいるならそれもいい。そうすることで、あの人が心から笑顔になれることなら、そうすべきでしょ。でもね、そうではなくて、ただの押し付けだったらLINEも既読スルーされるのは当然のこと。

<参考関連記事>
LINEを既読スルーされる人に、共通すること。人に好かれる人に、共通する言葉の使い方。

そうしてLINEを既読スルーされると、心配になる。不安になる。あれ? 嫌われてる? もうダメなのか? いや、だからそうじゃないでしょ。あなたがあの人に渡そうとしているものを、あの人は要らないと判断しただけのこと。

LINEを既読スルーされるのは、嫌われているからじゃない。その内容に興味がないんです。それはあなたのことが好きか嫌いかと関係なく。あなたの渡そうとしているものが、不要だということ。

既読スルーされるLINEに、ありがちなこと。

要らないだけならまだしも、それを善意とか気遣い、そして好きという包装紙にくるんだ挙句、押し付けでこられれば、誰だって面倒くさくなる。それがたとえ、大切な人や身近な人からだって、そういうのは勘弁してほしいと思うもの。

確かに、ごり押しも、さらに強烈に押し付ければ、イヤイヤでも受け取ってもらえるかもしれない。でもそれ、こっそり翌日の燃えないゴミに出されるだけよ。

ならば、あなたのすべきことは、本当の意味で、相手の気持ちに寄り添いつつ、相手の気持ちを汲んで、相手にとって望むことをすることでしょう。そういう意図が伝わるLINEを送れば、少なくとも既読スルーされることはない





つまり、相手の思いを優先すること。自分の期待を優先して、見返りに執着するあまり、要らないものを押し付けるからLINEを既読スルーされるんです。

さらには、LINEを既読スルーされるから、今度は不安で心配にもなる。そうしてさらならLINE攻撃。だんだんエスカレートして、これだけ俺がやるなと言ってる長文LINE。そうして気づいたときには、ブロックされてさようなら。

そうやってゴリ押しする前に、相手の気持ちを考えてみろって。あの人の気持ちに寄り添えよ。そのLINEを送ることは、あの人の笑顔になることだろうか、と。ただ自分の心を満たしたいだけのことを、押し付けようとしていないか、と。

もちろんLINEの返信がこない理由のすべてが、押し付けだからってことじゃない。そんなに悪いことじゃない場合もある。だとしても、やっぱり押し付けは誰だって嫌。あなただって押し付けられたらイヤでしょ。

<参考関連記事>
LINEの返信がこない理由は、そんなに悪いことじゃない。不安や心配は、手放しても大丈夫。

思いを込めたLINEが既読スルーされるのは、相手が望んでいないメッセージを、押し付けるから。そして、そうなるのは、あなたが相手のことより、そのメッセージに、期待どおりの返信がくることに執着しているから。

まずは、相手の気持ちに寄り添うことです。本当に相手が喜ぶことだけを優先して、LINEのメッセージにしてみることです。すると、少なくとも、忙しいなどの事情が無い限り、既読スルーされることはなくなる。あなたとあの人の心の距離はもっと近くなるってもんです(^。^)y-.。o○

執着を手放して、あの人の心に寄り添えるようになるには

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加
■YouTubeにて動画配信中
小川健次

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。