小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

不倫関係になってもいい、既婚男性の5つの条件。彼を本気で好きになる前に、考えたほうがいいこと。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

不倫関係になってもいい、既婚男性の5つの条件。彼を本気で好きになる前に、考えたほうがいいこと。

彼を本気で好きになる前に、考えたほうがいいこと。

不倫関係になることを、最初から望んでいる人はそうそういない。中には、むしろ不倫のほうが気が楽だから、という人がいるかもしれないが、そりゃ特殊なケース。
小川健次Blog
誰だって愛する人と結ばれたい。それも可能であれば、気持ちだけでなく、法的な裏付けもある結婚という形が望ましい。仮に結婚はしなくとも、すでに結婚をしている既婚男性との不倫の関係は、愛していても避けたいと思う女性がほとんど

とはいえ、僕が毎日無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、男と女、人と人との出会いと別れはわからない。予想に反して、既婚男性との不倫関係に陥ってしまうことはある。

本人はまるでそう望んでいなかった、むしろ避けていたにも関わらず、出会ってしまい心揺さぶられるほど好きになってしまえば、その関係がどうなるかは誰にもわからない。人間は知能がどれだけ高くなっても、いまだ恋愛感情を自分で制御することができない




理性ではダメだとわかってる。道徳や倫理に反していることなど100も承知。それでも高ぶった恋愛感情を抑えられない。それほど強く思える人と出会ってしまえば、これまで不倫をさんざん毛嫌いしていた人でさえ、あっさり道を踏み外す。

他人のことなら、いくらでも批判的なことを言える。有名人の不倫をバッシングすることだって躊躇なくできる。その一方で、自分がその当事者になってしまうと、それらがすべてどうでも良くなる。頭でわかっていても、心がその欲求を抑えることができない。そうして気づいたときにはドロ沼不倫

もちろん、それは女性に限った話しではない。既婚男性もパートナー以外の女性に心奪われてしまったとき、それがダメなことと理解しつつも、ブレーキが利かなくなることがある。本気で好きになってしまうことがある。

<参考関連記事>
既婚男性が他の女を好きになる、4つの条件。彼が不倫をする原因とは。

不倫を擁護する気も、正当化する気もない。どれだけ正当化しようが、民法上は不貞は不法。社会的にも許されないし、結果誰かを傷つけることになる。そんなことは大前提。それでも、人は恋愛感情に心を狂わされてしまうことがあるということ。

だからこそ、ガッツリと心奪われしまう前に考えておいたほうがいいことがある。気持ちを奪われしまう前に、その既婚男性には、あなたがそこまでして好きになり、不倫関係になる価値があるかを、一歩立ち止まって考えてみたほうがいいこともある。それからでもアクセルを踏むのは遅くない。

不倫関係になってもいい、既婚男性の5つの条件。

あなたにとって魅力的な人だからこそ、その人のイメージはできれば崩さないほうがいい。中途半端な不倫関係になって、お互いがお互いのイメージを最悪にするよりも、お互い好印象のまま、そこで終わっていたほうがいい既婚男性はいる。

そこで冷静にならず、突っ走るから、結果お互いを傷つけ合うことになる。後になってから、やめておけば良かったと後悔することになる。その既婚男性は、あなたが不倫というリスクを負ってでも、付き合う価値がある男なのか。そうしても後悔がない付き合いができるのか。




女性が不倫関係になってもいい既婚男性には、以下の5つの条件がある。今の時点で、あなたから見てどれだけ魅力的に映る男でも、この全てを兼ね備えていないなら、傷つくだけだから今のうちにやめておけ


  1. お金に余裕がある
  2. 不倫であるがゆえにストレスがあるのに、お金の問題でまでストレスを感るのなら苦しいだけ。また、お金がないのに不倫をするという節度のない男は、いざというときに逃げる可能性が高い。さらに、万一二人の関係が発覚したときに、お金によって問題のいくつかが解決できることもある。


  3. 嘘をつかない
  4. 会える時間、関われる時間が限られている不倫関係だからこそ、お互いにとっての信頼が一番重要なこと。嘘はお互いの信頼を壊すだけでなく、あなたを不安に駆り立て、ストレスを増大させる。好きで一緒にいるはずなのに、ストレスのほうが大きくなるという本末転倒の関係になる。


  5. 連絡を絶やさない
  6. 不倫であるがゆえに、お互いに疑心暗鬼になりやすい。信頼関係が壊れやすい。だからこそ可能な限り、連絡を絶やすことがないよう努力してくれるかどうかは大事なこと。連絡をとにかく待つだけの身になると、悲しくて切ないだけだし、それをあなたにさせる男はろくでもない。


  7. 学びと成長を実感できる
  8. 社会的にリスクある関係だからこそ、れに見合ったリターンがあってしかるべき。ただ好きだから、ではなく、その人との関わりを通じて、あなたが学びと成長を得ることができ、人生に大きな付加価値を生み出せるかどうか。そうでなければリスクにリターンが見合わない。


  9. 都合良く消えてくれる
  10. あなたが彼との別れを望んだときに、文句を言わず、あなたの幸せのみを優先して、消えていなくなってくれるかどうか。いつまでもあなたに執着しそうな男は、それだけでリスクになるので関わるべきではない。なお、多くの場合、不倫の別れ話しがこじれる原因は既婚男性が執着することにある。


以上5点。この全てを兼ね備えている既婚男性で、かつあなたが不倫というリスクを負ってもいい、時間という代償を差し出してもいい、と思えるほど魅力的に思える相手なら、あとは好きすればいい。

とはいえ、現実にこんな男がいるのか? と問われれば、いないでしょ。まったくゼロということはないが、ほぼいない。そういう男を演じる詐欺師はいるかもしれないが、根っからのそういう男はほぼいない。要するに、不倫はやめておけってことよ。

もちろん、だからといって彼が悪人かといえばそうじゃない。あなたを好きじゃないかといえばそうでもない。あなたを好きでいてくれていても、不倫相手として相応しいかは別の話し。それは彼があなたに抱く、感情のレベルによっても違う。

<参考関連記事>
不倫男が相手の女に抱く、6段階の感情レベル。不倫相手の男性心理とは。

不倫関係になってもいい既婚男性には、5つの特徴がある。不倫の良し悪しに関係なく、好きになった男性が既婚者だったときに、彼と不倫関係になる前、彼に本気になってしまう前に、この5つの特徴を確認したほうがいい。

自分はそうはならないと思っていても、男と女のことは出会ってみないとわからない。適度な好意で終わっておけば良かった関係も、不倫になったおかげで最後は険悪な関係になってしまうこともある。ならばブレーキかけられるうちに、ブレーキをかけたほうが、あなたにも彼にも良いってことっすな(^。^)y-.。o○

既婚男性との恋愛をこじらせてしまっているなら、僕の個別セッションどうぞ。

不倫相手の関係の問題を解決する、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

※この記事は2021/11/09に公開されたYouTube動画『不倫関係になってもいい、既婚男性の5つの条件。』の内容を基にブログ記事用に再構成したものです。
↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。