小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

男に尽くされる女の3つの特徴。彼が尽くしたくなる女は、どんな女なのか。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/11/17更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第107回

社長と副社長は夫婦。一方的に解雇されたキャリア女子が下した、不倫相手との決別。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

男に尽くされる女の3つの特徴。彼が尽くしたくなる女は、どんな女なのか。

彼が尽くしたくなる女は、どんな女なのか。

見た目や年齢、そして社会的な地位などに関わらず、いつも男に愛され、男に尽くされる女はいる
小川健次Blog
もちろん、生理的な好き嫌いや、双方の相性の問題もあるが、それでも関わる多くの男が、この女には尽くしたいと思う女というのはいる。

その一方で、尽くされるどころか、まるで相手にされなかったり、場合によっては搾取されるような立場になってしまったりする女もいる。この双方の違いは一体どこにあるのか。

その答えのヒントは、実は、僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画で言っているように、男の特性を知り、それを掴んでいるかどうか。

男の全てがそうとは限らないが、多くの男性には、多くの女性と比較して、生きていく上で本能的に重視していることがある。

そして、尽くされれる女の多くは、その男の本能を掴み、そして刺激する。意図しているかどうかに関係なく、男が、この女に尽くしたいというスイッチを押している。だからこそ、男はその女に尽くしたくなる。その女は男に尽くされる。




その特性とは、男は群れの生き物であるということ。群れの中のルールに従えば、自分で考える必要がないので、他人の心の機微を、察する必要がなく、だからこそ、男の多くは人の気持ちわからない。ということ。

だからこそ、その特性を理解し、その特性に合わせたアプローチをすることができれば、彼はあなたに尽くすようになる。そして、尽くされる女の多くは、意識的か無意識的かに関わらず、この男の特性を理解し、刺激するアプローチをしている。

体の関係になる、ならないという問題についても、この男性の特性を理解しておけば、関係は優位に進められる。体の関係だけの都合のいい女扱いされることもなくなるというもの。

<参考関連記事>
体の関係になってもいい、3つのタイミング。大切にされ続けるために、守るべきこと。

何より、相手に尽くされる関係になってしまえば、あなたも彼がどう思っているかを、気にしてストレスを感じることもない。彼が去ってしまうのではないかと、不安になることだってない。

ならば、彼の特性を理解しながら、その特性を刺激するような言動をすればいい。彼があなたに尽くしたくなるような振る舞いを、彼の前ですればいい。その方法はとても簡単なこと。あなたは、ほんの少しの気遣いで、彼に尽くされるようになる。

男に尽くされる女の3つの特徴。

原始以来、体力的に強い男は、体力的に弱い女を守ることが当然ではあった。しかしながら、時代が進むことによって、社会的な強弱は、体力だけではなく、知力や、その人の性格による違いへと変化をしてきた。

だからこそ、男性は女性に対して、守ってあげられるという優位性を、体力だけを根拠にすることができなっている。しかも、群れの生き物である男にとっては、どちらが優位であるかということがわからないと、相手にどう接していいかわからなくなる。

ということは、男性に対しては、相手の優位性をはっきりと認識させ、かつ、そのために何をすればいいのかを、教えてあげればいい。男性にとって、本当に必要なのは、そのような導きをくれる女性なのだから。



そして、男性に優位性を自認させることができると、男はその相手の女性を自然に守りたくなる。その女性に尽くしたくなる。

そうやって男に尽くさせる振る舞いをする女にには、3つの特徴がある。そしてそれは、誰にでも真似できることで、あなたもこれを実践すれば、彼はあなたに尽くすようになるということ。


  1. されて嬉しいことを、伝えて求める
  2. 求められるから、自分があなたとの関係における「群れ」の中で、必要だと思われている実感を得ることができる。求めてくれるからこそ、尽くしたいと思う。

    そして、察する能力が女性と比較して劣る男性は、あなたが何を求めているかがわからない。求めていても、求めているかがわからない。だからこそ、それをはっきりと言葉にしてくれる人は、男性にとってはわかりやすくヤル気が高まる。尽くしたいという気持ちも高まる。


  3. 嬉しいことをされたら、大喜びする
  4. されたことに対してレスポンスがないと、それだけで男性は不安になる。されて当然まではいかないにしても、小さな喜びでも男には伝わらない。はっきりとわかるような大喜びをするから、それが男性に伝わる。

    喜びのレスポンスがあれば、男性は同じことを次回以降もやろうと思う。それを継続的にやりたくなる。結果的に尽くされるようになる。


  5. されたことに対して褒美を与える
  6. 男は論理的に物事を考えるので、すぐに自分の行動に対しての損得を考える。あなたは、彼がしてくれたことに対して、褒美を与えることで、彼に、その行動は得になることだ、という条件付けを行うこと。

    具体的なモノでもの良いし、付き合うという形式的なもの、体の関係のような性的なもの。それは何でもよく、彼があなたに尽くせば、褒美が得られるということを理解できれば、彼はあなたに尽くすようになる。

男性は元来、女性に尽くしたい生き物である。しかし、その尽くし方がわからない。ならば、あなたが彼が尽くしやすくなるように、その道筋を示してあげればいい。それをせずに、ただ待っていても、彼は尽くすどころか、無関心のままどっか遠くへと消えていくだけのこと。

とはいえ、今の時点での彼との距離や、お互いが置かれている状況や環境によって、それができるできないという問題もあると思うので、現実的な対応については僕の個別セッションあたりへどうぞ。現状を詳しく聞きながら、より実践的かつ具体的なフォローをするので。

<参考関連リンク>
小川健次個別コンサルティング&コーチングサービス(初回体験あり)。

男に尽くされる女には、3つの特徴があるが、それは何か特別な能力があるということではない。男が元来持っている、女に尽くしたい、女を守りたいという、生物としての特性を知り、それを刺激することができているかどうか。

その特性をスルーするから、彼が尽くしたいと思うどころか、彼にスルーされることになる。彼があなたに尽くしたいと思えるような、道筋をあなたが示すことができたならば、放っておいても、あなたは彼が尽くしたいと思う女になるってことですわな(^。^)y-.。o○

彼と適切な関係をつくるための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。