小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

体の関係になってもいい、3つのタイミング。大切にされ続けるために、守るべきこと。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第153回

恋愛経験ゼロのアラサー女子が「趣味優先」な彼との初交際で、我慢できなかったこと。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                               
地域・開催日 内容
仙台 2021/10/30(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
福岡 2021/11/06(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2021/11/13(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

体の関係になってもいい、3つのタイミング。大切にされ続けるために、守るべきこと。

大切にされ続けるために、守るべきこと。

恋愛関係、もしくはそれに準ずる関係になると、いわゆる生殖活動の一環としてだけでなく、恋愛感情の延長や、コミュニケーションとして、体を重ねる、つまり体の関係になることがある。
小川健次Blog
もちろん、人によっては恋愛感情もなければ、コミュニケーションでさえない、単なる性欲の発散手段として、体の関係を相手に求めることもあるのでしょう。

単なる性欲の発散手段だとしても、それがお互い合意のものであれば、それは双方にメリットがあるからそれでいい。でも合意がなければ単なる犯罪。犯罪じゃないまでも、相手が心から納得しての関係でなければ、一方が傷つくだけのこと。

だからこそ、あなたも納得してから、相手に求めたいし求められたい。僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画では、いつも言っているとおり人と人との関係である以上、その礎は双方向での信頼なのだから。

では、体の関係になってもいい。そういう関係になることを、求めても求められてもいい。そのタイミングとはいつなのか? それを知っておけば、無駄に傷つくことも、傷つけることもなくなる。

特に、全員がそうとは言わないが、女性と比較して男性は愛情表現の伴うコミュニケーションとしてではなく、単なる性欲の発散手段として、体の関係を相手に求めることが多い




あなたが、愛情の伴うコミュニケーションや、より愛を深めるための手段としての体の関係を望んでいても、彼が単なる性欲の発散手段としてあなたを求めているだけなのに、それに応じればあなたは傷つくことになる。

その逆に、彼が愛情の伴うコミュニケーションとして、あなたとの身体の関係を求めても、あなたが彼を誤解して、体目的だと断じて拒否すれば、彼を傷つけることになる。そして結果的にあなたも傷つくことになる。

ましてや、あなたが本気なのにも関わらず、体の関係になったら、そのまま彼が離れてしまうようなことになれば、それはそれでガッカリ度合いも大きい。なので、そういう場合はセフレにされないステップを踏めば回避はできる。

<参考関連記事>
体の関係になっても、彼が離れなくなる3つのステップ。セフレにされない、付き合い方。

男と女のことに正解はない。ましてや、その場そのときの空気感という問題はある。だから、こういうタイミングでなければ、体の関係になってはいけない。ということはない。

それでも、こういうタイミングであれば、お互い、少なくともあなたは傷つかないというタイミングはある。出会ってから、どのタイミングなら体の関係になってもいいか迷うなら、このタイミングを外さなければ大きな失敗はないというもの。

体の関係になってもいい、3つのタイミング。

お互いが完全に割り切って、心のことは完全に無視して、体だけを求め合うような、性欲発散型の関係を求めるのなら、それこそお互いにその合意ができた時点であれば、いつでもいい。好きにすればいいだけのこと。

それよりも、体の関係を通じて、相手との愛と信頼を深めたい。本当に好きな人に、身を委ねて心を満たしたい。そのための手段方法として、体の関係になりたい。と思うなら、そうなるタイミングは少し考えてみたほうがいい

それには、出会ってからの時間や、会った回数。交際期間は関係ない。時間や回数に関わらず、このタイミングなら大きな失敗はしないだろうというタイミングは3つある。



もちろん、相手あってのこと。あなたがその気になっても、相手がその気になっていないこともある。そこは空気次第、展開次第。なので、ここでは、相手が求めている場合、というのが大前提。


  1. あなたが相手を信用できたとき
  2. 相手の人柄はもちろんのこと、職業、そして住まいや既婚か未婚かなど、信ぴょう性のある相手の情報を入手することができ、この人は少なくともあなたを裏切ることはないであろう、という確信が持てたとき。

    結果的に付き合いがダメになるのは仕方のないこと。こればっかりはご縁次第。だとしても、後になって冷静に考えてみれば、おかしいことに気が付けた。と後悔するなら、先に信用できてからでも遅くはない。

    よくよく相手を見極める冷静さが必要だが、焦らずに相手の言動に注意を払っておけば大丈夫。


  3. 彼の欲求がピークに達したとき
  4. 手軽かつカジュアルに体の関係を結ぶのではなく、彼があなたに対して、必死にアプローチをし、あなたの体の関係になりたいという欲求を満たすために、さまざまな負担をして、それがピークに達したとき。

    さんざん負担をし、やっと手に入れたものを、人は易々と手放すことはしない。なので、必要な負担をしてもらってから、彼と体の関係になると、彼は早々にあなたの前から去ることがない。

    彼からの誘いやアプローチを、うまくいなしつつ、彼に相応の負担をしてもらうためには、あなた自身に継続的に求められる魅力が必要でもある。


  5. あなたの直感がGOサインを出したとき
  6. あれこれ考えても、最後の最後は人と人。付き合ってみないとわからない。体を重ねてみないとわからないこともある。ならば、最後に信じるべきは自分の直感。

    心のどこかで危険アラートが出ているのに、空気に流されてしまうより。GOサインが出ているときは、空気を無視してでも直感に従ったほうがうまくいくときがある。

    気が乗る乗らないということではあるが、体の関係とはいえ、結局は心と心のつながり。あなたが心を許せる気分のとき、そう直感がGOサインを出しているときであれば、理屈よりも、そちらを信じてみること。


現実には、相手との関係性や、その場そのときに存在する、さまざまな要素によって決めることにはなるが、おおよそこの3つを守れば、体の関係になってからも、あなたは相手に大切にされる。一晩だけで終わることもそうそうない。

その他、細かいシチュエーションに応じたケーススタディを知りたければ、それこそ僕の個別セッションあたりへどうぞ。あなたと彼の関係性など、具体的な状況に基づいて、もっと突っ込んだアドバイスはできるので。

もちろん、二人の関係がその後良好になったとしても、最後の最後はどうなるかはわからない。彼が誠実に向き合ってくれたとしても、あなたが彼を嫌いになることもある。こればっかりはご縁次第。体の関係はその入り口のことでしかないのだから。

そういう意味でも、体の関係が早いか遅いかで、安い女と思われるかどうかは、関係のないこと。安い女と思われるかどうかは、ここで話した3つに従っているかどうか。そして、もう一つはあなた自身の心の問題なのだから。

<参考関連記事>
安い女と思われる、3つの理由。大切にされない人に共通すること。

いくら大切に思う人、好きな相手であったとしても、体の関係になってもいいタイミングは守ったほうがいい。その後も大切にされ続けるために、タイミングはとても大事なこと。そこをスルーするから、後で傷つくことになる。

性的な欲求は、本能に直結する欲求でもある。とはいえ、人と人、男と女の関係は本能だけで成り立つわけでもない。時に冷静に、あなたと相手との未来を考えながら、必要な手順を踏みさえすれば、二人は幸せな関係をつくれるのだから(^。^)y-.。o○

彼と適切な関係をつくるための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。