小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

損得勘定を手放せば、恋愛も人間関係もうまくいく。無駄と思わず、手間をかければ想いは届く。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

損得勘定を手放せば、恋愛も人間関係もうまくいく。無駄と思わず、手間をかければ想いは届く。

■大切な人との関係に無駄なことはない。

毎日いろいろ忙しい。やらなきゃいけないことは、たくさんあるし、やりたいこともたくさんある。家でゆっくり休みたいときだってありますよ。

小川健次Blog

時間は限られている。その限られた時間の中で、やりたいこと、やらなきゃいけないことを、都度判断して日々を過ごしている。

もちろん、時間だけじゃなくて、精神的、肉体的なエネルギーにしたって限度がありますよ。体も心も一つしかない。それをやり繰りしなきゃいけないでしょう。

だから無駄なことは、できる限りやりたくない。貴重で限られた時間とエネルギーを、無駄ことに使うくらいなら、僕の小川健次メールマガジンでも読んでたほうがマシですな。いや、まあ、それもそれほど有益かどうかは知りませんが。

わざわざ無駄だと思うことを、すすんでやろうと思う人なんてそうそういない。ゼロリターンよりプラスリターンを期待するのが普通ですよ

こっちを選択すれば100円儲かる。こっちは1円の得にもならない。ならば100円儲かるほうを選択する。それ別におかしいことじゃないでしょ。誰が見てもはっきりと得にならないとわかっていることに、時間と労力費やすよりも、得になることやったほうがいいもん。

そういう意味でも、リソースの投下先の選択は、常に自分自身の目標達成に近づくかどうか。そのための方法かどうかが基準ですよ。これは基本。

でもね、現実には、一見して損得のはっきりしていることなんて、あまりないでしょ。パッと見は確かに無駄っぽく見える。でも実際には無駄じゃないどころか、目標を達成する上での、大事な大事なプロセスだったりすることもあるじゃないですか。

ホントは、ショートカットしてはいけない大事なことなのに、そこを無駄なことだと決めつけたおかげで、後になってからホントに、無駄なことをやらされる羽目に陥ることだってあるじゃないですか。

見た目上ではあんまり影響ないからってことで、基礎工事を適当にやれば、後で結局建てなおさなきゃいけないことになる。そこで時間も費用も、そして労力だって余計にかかる。そこショートカットしなけりゃ、ちゃんと予算内で収まってたはずなのに。

特にね、人との関係ってことであれば、ショートカットできないものはたくさんある。

往々にして、人との関係を築くこと、ご縁を結ぶのが得意な人ってのは、誰であれ、他の人がショートカットしてしまうようなことを、丁寧にやってるもんです。それが早期リターンに結びつかなかったり、見た上は影響なさそうなことでも、そこを丁寧にやってるでしょ。

<参考過去記事>
また会いたいと思われる人は、連絡が素早い。ご縁を結ぶか断つかは、あなたの連絡次第。

だってね、時間と効率のみを優先するなら、一見すると即時リターンを得られないような、コミュニケーションなんて適当にスルーでしょ。そりゃあ今の時点では、得にならないやりとりしているなら、もっと得になることに時間と労力を使いたいもん。

とはいえ、人と人との縁はどこでどうつながるかわからない。逆にいつどうやって亀裂が入るかもわからない。今は確かに大きな得がならないかもしれない。でも、その積み重ねがやがて、大きな価値を生み出すことは、少なくないんです。

■目先にとらわれなければ、大きなリターンがある。

目先のリターンや効率を優先するならば、人と人との関係の中には、非効率的で即時のリターンが得られないことなんて、たくさんありますよ。

でもね、振り返って考えてみれば、大切だと思える人、縁があるなと思える人との関係ってやつは、往々にして、非効率的なやりとりや、無駄としか思えないようなやりとりの積み上げによって、築かれているものだったりするもんでしょう。

その場そのときは確かに無駄と思ったかもしれない。でも後になって考えてみれば、その無駄があったからこそ、価値観を共有できたのでしょうし、お互いのことがわかりえた。結果的には無駄じゃない。遠回りのようで、実はそれが一番の近道。

言ってみれば想いの強さ。その人に対する、愛や慈しみ。そして思いやり。数値じゃ計り知れないし、効率を度外視し、目先の損得を超えた、感情というやつ。

効率のみを追及するなら、電話一本入れること、LINE一通送ることだってしませんよ。だって、それで得になることなんてそんなにないもん。面倒くせーし。でも、それを超えたところで、その人に対する想いがあるから、非効率でも行動に移すワケでしょう。

その、数値で計り知れない想いが、相手に伝わるから、相手の心があなたに共鳴するんです。そこで人と人との心の距離が近づく。

その計り知れない想いの部分を取っ払って、数字で割って人間関係うまくいくなら、それこそネットで、人間関係を良くする30の秘訣-、必ず復縁が叶うとっておきの方法-、みたいな、ウソの純度だけは異常に高いネタを拾って、読んでればいいんです。でもそうじゃないでしょ。

結局のところ、現実の人間関係ってのは、日常の中で、客観的に見ればどれだけ無駄だと思えることでも、それをやれるほどの想いを持てるかどうか。その想いという、数値で計れないものを、どれだけ伝えようとできるかによって、相手との、他者との信頼関係が築けるってもの。

それが、おはよう、お疲れ様の一言であろうと、笑顔をつくるようなことでもいいんです。それ自体であなたに見返りがなかったとしても、その人を気遣う想いを、あなたの言葉と行動にどれだけ出せるか。それをどれだけ積み重ねられるかですよ。

いやホント。考えてみればバカバカしいくらいに当たり前のこと。でも当たり前のことだけに、つい忙しさの中で忘れてしまう。目先の損得にだけとらわれ、効率を優先することで、細かいコミュニケーションの積み上げを、ショートカットしてしまう。

<参考関連記事>
愛ある一言を添えるから、誤解がなくなる。正しく想いが伝われば、お互いが心地良くなる。

あの人を短時間で振り向かせる方法や、あの人の想いを再びこちらに向かせるテクニック、みたいな、打算と見返りへの期待に満ちたテクニックで、振り向くヤツなんかいませんよ。いや、そんなので振り向いてような軽薄なヤツは、むしろイヤですよきたくないでしょ。

見返りへの期待はしなくていい。執着を手放す。今得しなくてもいいじゃない。本当に大切だと思う相手なら、まずはその人の心に寄り添いつつ、小さなことからでも、それがどんなに手間のかかることでも、言葉と行動で示し続けることですよ。

今はそれで大きなリターンがなかったとしても、積み上げていけば、結果、必ずあなたには、びっくりするくらいの大きなリターンがあるのだから。(^。^)y-.。o○

■傷つくことへの不安を手放して、愛を引き寄せる方法
↓ ↓

恋愛力を高める、脳と心の使い方

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。