小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

ボロ雑巾理論が、心を強くする。傷ついた心の、回復力を高める方法。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第142回

コロナ禍で増加するアラサー女子の「ゲーム感覚不倫」。その大きな代償。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

ボロ雑巾理論が、心を強くする。傷ついた心の、回復力を高める方法。

傷ついた心の、回復力を高める方法。

傷ついて喜ぶ人はいない。痛い思いをするのは、誰だってイヤ。あなたも僕も、できれば傷を負いたくないし、痛い思いもしたくない。
小川健次Blog
それでも、世の中ってヤツは、そうそう僕たちを甘やかしてはくれないもんです。何をするにしたって、傷ついて痛い思いをすることがある。

細心の注意を払い、慎重に物事を進めることで、傷つくことがないように、痛い思いをしないようにしたところで、予想外のところで小石につまづくことがある。事故に遭遇することだってある。

僕がいつも無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画を観たり読んだりして、うまくやろうとしても、うまくいかないこともある。

どうってことのない日常会話。誰かが何となく他意なく発した言葉で、あなたの心がエグられることがあるかもしれない。信じてた誰かに、あっさり騙され裏切られ、心身共にボロボロにされることだってあるかもしれない。

あなた自身の力が及ばす、自分の力の足りなさに涙することだってある。





生きてりゃいろいろある。いろいろな人と関わる。そのいろいろの中には、逆境も失敗もあれば、人との軋轢や衝突もある。傷つくってのは生きてる証拠。生きることは痛みに耐えること。どうやったって、傷つく。痛い思いをする。

なのに、傷つくことを恐れすぎたり、痛い思いをすることから避けようとしすぎたりする。そうして心ここにあらず。だから逆に、すぐそこにある危険を見落とす。明らかに見えてる地雷を踏んで、もっと痛い思いをして、必要以上に傷つくハメになる。

とにかく目の前のことで、ビクビクする。傷つかないよう、痛い思いをしないよう。そればっかりが目的化し。そればっかりに集中しているから、それ意外への注意が散漫になる。

そうして、想定していなかった、まったく無防備なところへの不意打ちくらう。完全にノーガードのところに、ガチンコでくらうから、受け身も取れずに深手を負う。ダメージから、立ち直ることができなくなる。トラウマにまでなる。

まあそれも、期待への執着の現れではある。失敗したくない、失いたくない。それによって痛い思いをしたくない。傷つきたくない。そうやって執着するから、ますます深みにハマる。

<参考関連記事>
期待と執着を手放すと、恋愛はうまくいく。現実を受け入れると、引き寄せの法則が発動する。

ならば、最初から傷つくことも、覚悟しておけばいい。どっかで痛い思いはするもんだと、開き直ってしまっていればいい

すると執着もしなくなる。起きた不測の事態にも、あたふたせずに適切な対処もできる。だから治癒も立ち直りも早くなる。

ボロ雑巾理論が、心を強くする。

往々にして、痛い思いをしたくない、傷つきたくない。そう思ってビクビクしていることほど、実際には傷ついたところで、どうってことないことだったりするもの。

負ったところでかすり傷。そのかすり傷を恐れて、ビクビク運転してたら、車ごと田んぼに突っ込んで廃車にした。みたいな話しじゃバカバカしい。最初っから、かすり傷なんかどうってことない。こすって当然当たり前。それがどうした。そんなつもりでいればいい。

と言っても、実際にはかすり傷とわかっていても、傷を負えば痛いもの。いや、だからいい。痛みがあるのは生きてる証拠。その痛みを克服するほど、耐性つくし、治癒力も高まる。

人は痛みを経験するほどに、痛みへの耐性があがる。へこたれなくなる。そして立ち直り方も学習する。だから強くなる。もっと魅力的になる。男と女の価値は、ボロ雑巾になった回数に比例して高まる。これ、すなわちボロ雑巾理論





傷を負えば痛い。でもね。よほどのことがない限り、致命傷にはならない。それも自分が体験するからわかる。だからもっと積極的になれる。だからもっと勇気を持てる。

傷つくのは仕方のないこと。痛みに苦しみ、涙を流しながら、4リットルの大五郎を抱えて寝る日もある。それは誰にだって起こり得ること。

だったら、そうなることを必要以上に恐れる必要はない。警戒してばかりじゃ、何も得られない。ましてや、予想外のところから不意打ちくらって深手を負うことになれば、目も当てられない。傷を恐れるほどに、逆にリスクが高まる。

人は見たいと思うものしか見ない。目先の損得に目を奪われたり、目先の失うことへの不安にばかり心を奪われると、そこにある見えてる地雷も踏む。クズ男さえ見抜けなくなる。クズに騙されて傷つくパターンは、そんなもん。

<参考過去記事>
クズ男が見せる、4つの特徴。脈ありのフリに、騙されない方法。。

ボロ雑巾理論を実践するから、心が強くなる。傷つくリスクを回避する力を高めるだけでなく、傷ついても立ち直りが早くなる。目先のことに執着して、右往左往することもないから、愛であれ幸せであれ、欲しいものを引き寄せる。

男も女も、その魅力の度合いは、ボロ雑巾理論の実践度合いに比例するもの。どれだけ慎重になっても、人は傷つくことを避けられない。ならばそれを受け入れて、傷つく経験を未来の幸福のために活かせばいいってことっすな^。^)y-.。o○
決断力を高めるための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。