小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

【動画あり】別れた大切な人に、また会いたいと思われる別れ方。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/12/10更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第58回

クリスマスにプロポーズされたい…男性には察してもらうより、事前に伝えたほうがうまくいく理由

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                  
地域・開催日 内容
福岡 12/14(土) 愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
東京 12/21(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 01/02(木)RIEZON JAPAN 新春放談会(準備中)
東京 01/25(土)-26(日) 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


【動画あり】別れた大切な人に、また会いたいと思われる別れ方。

また会いたいと思われる別れ方。

出会いがあれば、別れもある。お互いがそう望んだ場合でも、そう望まなかった場合でも、人は出会い、やがて別れる。
小川健次Blog
それが死別であれば、仕方ない。残念だけどもう会えない。だけでも、生きていればまた会えるし、またどこかで関わることもある。

とはいえ、生きているし、連絡を取ろうと思えば取れるのに、別れた後には、もう二度と会いたくない。そう思われてしまう人がいる。その逆に、別れても、また会いたいと思われる人もいる。

それは、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージで言っているような、ご縁が有るとかご縁が無いとかという話しとは、また別な話し。

別れても、また会いたいと思われる人と、別れたら二度と会いたくないと思われる人。その違いは実に単純で簡単なこと。ちょっとした気遣いができるかどうか。それは別れるときに、相手へのちょっとした思いやりを、持てるかどうかのこと。

そして、そのために一番大切なことについて僕が語ってるのが、以下のYouTube動画

最後の最後は、ご縁があれば結ばれるし、ご縁がなければ結ばれない。これ絶対。でもね、ご縁が云々以前、いや、せっかくご縁がつながっていても、あなたがこの大切なことをやらないばっかりに、それをブッタ切ってしまうこともある。

別れた人と、せめてまた会いたい。何とか復縁にこぎつけたい。そう思うのはいい。ならば、少なくともご縁を自らブッタ切って、その可能性をゼロにする必要はないでしょう。

おまけに、町でバッタリ出会っても、素知らぬフリしてスルーされたり、LINEどころかFacebookやInstagramまでブロックされたりして、あなたの存在そのものを、無かったことにされるような関係になると、目も当てられない。

完全なる復縁まではいかなくても、まさか、そこまでされるほど、会いたくないと思われるのは、あなたもちょっと心外でしょう。が、実はそう思われるようなことを、別れ際にやってる人ってのは、実のところ少なくない。

もちろん、復縁については、それはそれとして考えればいいこと。でも、それ以前の問題として、会いたくないまで思われるのは、ちょっと痛々しいにもほどがある。

<参考関連記事>
【動画あり】復縁できない理由と、復縁できる人の共通項

出会いがあれば、別れもある。別れてしまうのは仕方のないこと。でも、その別れ方に気をつければ、また会いたいと思われる人になる。ご縁がつながる可能性は切れない。

一方で、別れ方を誤るから、二度と会いたくないと思われる人になる。せっかくつながっていたご縁も、あなた自身の手で、ブッタ切るハメになる。

別れ際を綺麗にすればご縁は切れない

終わり良ければすべて良し。綺麗な別れ際なら、その後の関係もそうそうおかしくならない。逆に、別れ際を綺麗にしないから、その後もおかしくなる。

そりゃね、男と女のことならば、全部が全部、綺麗かつ美しく別れられるかといえば、そんなことはないのは当たり前。お互いが別れを受け入れていなければ、ときにドロ沼、ときにグダグダになることもあるのは、普通のこと。

それでも、最後の最後、いくら割れ際とはいえ、これだけは踏み越えちゃいけないラインってのはある。そのラインを踏み越えるから、二度と会いたくない人だと思われる。

その逆に、あなたの心がどれだけ辛くてしんどくても、そのラインを絶対超えないでいれば、土俵際紙一重のところで、ご縁が切れずに残ることもある。そのラインを超えないからこそ、また会いたいと思われる人になる。





最悪の別れ方になってしまえば、それまでの関係がどれだけ良好だったとしても、あの人の心には、最悪だった別れ方の思い出が、強い印象に残ってしまう。それまでの良好な関係も、あの頃の思い出も、すべて吹っ飛ぶ。

綺麗とまではいかずとも、できる限りの最善を尽くした別れ方をすれば、そのときの印象があの人の心に残る。それまでは、微妙でいろいろあった思い出も、最後の別れ方の印象で、すべてが良い思い出として胸の中に格納される

別れるときは、確かに辛くてしんどい。感情的になってしまい、冷静でいられないかもしれない。でもね、最後の最後、ここは踏み越えるな、というラインはある。上の動画でも言っているように、それさえやらなければ、可能性はゼロにはならない。

そこでおかしなこと、言わなくてもいいことを言わなくていい。別れるときには、悲しい思いで一杯になるのもわかる。しかし、グッとこらえればご縁は切れない。

<参考関連記事>
ご縁が切れるのは、言わなくてもいいことを言うから。自分の心を知っておけば、ご縁は切れない。

大切な人と別れることになったとしても、また会いたいと思われる別れ方をすれば、ご縁は切れない。最後の最後、別れ際の印象を悪くせず、お互いが思い出を綺麗にしておけば、また会いたいと思われることもある。

その一方で、おかしな別れ方をして、お互いの思い出をネガティブなものにしてしまえば、もう思い出されることもない。思い出してもらえても、二度と会いたくないと思われるだけ。あなたの別れ際、終わり際の一言が、その後のあの人とのご縁をつなぐか切るかを決めるってことですわな(^。^)y-.。o○

大切な人と、愛し愛される関係にるための特別講座

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



01月東京
小川健次


12月福岡
小川健次


12月東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。