小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人とのご縁は、見返りを期待しないから引き寄せる。見返りへの期待に執着するほど、ご縁は遠のく。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

大切な人とのご縁は、見返りを期待しないから引き寄せる。見返りへの期待に執着するほど、ご縁は遠のく。

見返りを求めないほうが合理的

誰かのために何かをすることで、褒めてもらえる、愛される、ギャラが貰える。そんな期待感があればこそ、ヤル気も湧くというもんでしょう。
小川健次Blog
その期待感があるからこそ、前向きに取り組めるし、結果に対してもこだわれる。だから取り組みそのものの質も高くなる。

とはいえ、見返りへの期待感のみで、誰かの力なろうとしたり、誰かを助けてあげようとしたところで、実際には多くの場合でロクなことがない。

そもそも見返りのみが目的だから、想定され期待できる見返りに応じた仕事しか、しなくなるってことですな。そこまではこだわるけど、それ以上はどうでもいい。そっから先は知ったことか。あとは俺には無関係。

だから見返りがあったとしても、想定内のものしか返ってこない。想定内だから実はそれほど嬉しくない。やった仕事への対価として考えれば、お互いそれが当たり前。

でも現実には見返りなんて、その場スグには何も返ってこないこともあるでしょう。誰かのために何かをやったり、誰かのために力を尽くしても、一文の得にもならないことだって往々にしてよくある。

するとガッカリ感がハンパない。さんざん見返り期待して頑張ったのに。お前のためにこれだけやった。あなたのためにこれだけ尽くした。なのに何も見返りがないってどーいうことやねん。

相手にしてみりゃ、とにかく助けてくれたことを心から喜んでるし、感謝もしている。愛を注いでくれてありがとう。

でもこちらとしては、見返りないから気に入らない。だんだんムカついてくる。せっかくの時間や労力、それこそ金を無駄にしたような気になって面白くない。そうしてお互いの間に亀裂が入る。

せっかく相手は喜んでくれているのに、それに水を差すどころか、むしろ何もしなけりゃ良かった、何もしてくれないほうが良かった。なんっつーお互いにとって抜き差しならない事態を招くだけですよ。

それがまだ、相手のためになることだったのならマシですが、単なる押しつけの上に見返りを期待してるんなら、ますます目もあてられない。ガンガンとLINEを送り付けても、既読スルーされるだけ。

<参考過去記事>
LINEが既読スルーになるのは、想いを押し付けられてウザいから。お互いの違いを尊重し合えると、愛が深まる。

だったら最初から何も見返りは期待しなけりゃいいんです。

別に無償の愛を注いでどうのという話しじゃない。博愛主義者になろうということでもない。見返りを求めない、見返りを期待しないでいたほうが、単に良い結果が生まれやすいというだけのこと。

だって、見返りを期待しなければ、力を出し惜しみすることなく全力でやり切れる。すると相手はもっと喜ぶ。だから何かしら返ってくる。期待してないものが返ってくるからこちらも嬉しい。ますますヤル気が高まる。そんな好循環が生まれる。

今すぐ見返りがなくても、やがて望みの結果を引き寄せる

そもそも、見返りを返すかどうかは、あなたじゃなくて相手が決める。相手が心から喜び、感動したなら自然と何かを返したくなる。それが人情というもの。何も返ってこないというのは、単に相手の心を揺さぶることができていないだけのこと。

どうしてもギブアンドテイクで成立させたいなら、最初からお互いの役務を、書面に残す契約にしとけばいいじゃないですか。それが健全かどうかは別にして。

頑張ったって、力を尽くしたって、見返りがないなんて文句言ったり嘆いたりするのは、見当違いなんです。だから最初から何も見返りは期待しないのが合理的なんです。

見返りなんかどうでもいい。自分の持ってる力を差し出す。すすんで力を尽くす。

目の前の人の力になりたい、その人を大切にしたいと、心から思えばいいじゃないですか。そりゃ地球人類相手は無理でしょう。でも、少なくとも身近にいる人、心から大切だと思う人に対しては、見返りなんかを期待しないことですよ。

何より、そうやって身近にいてくれる、大切だと思える、そういう人がいるだけで、これ以上ないくらいの見返りでしょう。これ以上何を求めるんだっつーの。求める前にまずあんたが返せって。

自分が相手のために動いても、相手から期待どおりの答えが返ってこなかったり、期待どおりの動きがないと、ついイライラする。つい、こっちはやってやってんのに、と押し付けがましい感情が生まれてしまう。

そんなときはまず考える。自分が何かをやってあげてるのではなく、自分が日頃相手から受けている恩恵に対しての、見返りを返してるんだと。自分の働きがまだ相手の心を揺さぶるまでに、至っていないんだと。

この際、自分が満たされることなんか手放しちまえ。いや、もう満たされてるんです。だからこれ以上執着することなんかない。期待しなくていい。全部手放せ。そうすりゃ、ある日突然、見返り以上のものが引き寄せられるから。

<参考過去記事>
執着を手放すと、大切な人との関係が良くなる。引き寄せの法則は、心からの信頼と尊敬によって働きだす。

冒頭にも言ったように、見返りを期待するから頑張れることもある。でも見返りだけを期待したところで得られるものは多くない。ならば見返りはハナっから期待しない。むしろそのほうがより大きな結果を引き寄せる。

見返り云々に関係なく、相手の力になれること、相手の助けになることにのみ心から集中すればいい。それが結果として相手の喜びになる。今すぐには見返りなくとも、いずれ利息がついて返ってくる。これすなわち宇宙の法則。

まあ何より、大切な人や身近な人が喜ぶ顔、笑顔を見れることそのものが、一番の見返りでもありますし、そのために力を注げることそのものが、幸福なのかもしれませんな(^。^)y-.。o○

目標が決まっていれば、見返りへの期待を手放せる。
↓ ↓
早期割引実施中
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。