小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

傷つくことより、愛を失うことを恐れよう。傷ついても癒えるが、愛は戻らない。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

傷つくことより、愛を失うことを恐れよう。傷ついても癒えるが、愛は戻らない。

傷ついても癒えるが、愛は戻らない。

人と人との関係に正解はない。何を言えば愛し愛される関係になるか、何をすれば傷つくことになるか。こればっかりはご縁次第。ご縁があれば結ばれるし、そうでなければさようなら。
小川健次Blog
そういう意味では、どんなにあなたが想いを抱いた相手とも、結ばれないこともある。そして傷つき、その痛みに、夜な夜な泣きながら酒飲むハメになることもある。

ご縁が無かった。そりゃしゃあない。しゃあないのはわかってる。それでも傷を負う痛みは苦しいし、しんどい。だからできることなら、予め傷を負うことは避けたい、痛い思いをする選択をしたくない。そう思うのはまあ普通。

それでも傷つくことはある。いくら、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージを読んだり、YouTubeの動画を観たりしていても、突如として傷ついて痛い思いをすることはある。

でもね、傷ってやつはやがては癒える。おまけに癒えたときには超回復作用で、傷を負う前よりも強くなるもの。

それに、一度耐えて乗り越えた痛みであれば、傷への耐性上がって次もまた乗り越えられる自分になる。っつーか、一度傷ついて失敗すれば、同じ失敗はそうそうしなくなる。もっと器用に生きられるようになる。





あなたも僕も、人は自分で思っているほど弱くない。傷ついた痛みで苦しんだとしても、その痛みの分だけ耐性上がって強くなる。その経験を未来の幸福につなげられる。後になれば、ハイボール片手に焼き鳥食いながら、笑って話せるときがくる。

傷つくことや痛みを感じることについて、恐れなくていい。そりゃ多少は怖いとも思うのも仕方ない。とはいえ、度が過ぎると、傷つくことを恐れるあまり、本当のあなたでなくなってしまう。言いたいことも言えず、伝えたい想いも伝えられなくなってしまう

本当のあなたを出せないまま、上っ面の言葉だけで相手の気を惹こうとすることになる。自分が傷つかないように、自分が痛い思いをしないように、自分が恥ずかしい思いをしないように、なんとかうまく相手をこちらに向かせられないだろうか。そんなことばかり考える。

すると、そんなあなたの弱気を逆手に取られる。気付いたときには都合のいい女の出来上がり。結局もっと痛い思いをするハメになる。

<参考関連記事>
都合のいい女になる理由は、〇〇するから。尊重され大切にされる女に、共通すること。

傷つくリスクは避けられない。特にそれが男と女であれば、必然的にコミュニケーションのエラーも起こる。だから開き直っていい。どうせ傷つく。傷つくほどに、人は美しくなるし、痛みに耐えるほどにご縁が近づいてくる

傷つくことを恐れる。それは結局のところ自己保身。相手のことより自分の身が可愛いってこと。あなたにとって重要なことは自分が傷つかないこと。そこに相手への愛や想いはない。だから聞いてもらえないし、受け容れてもらえない。

傷つくことより、愛を失うことを恐れよう。

傷を負うことを恐れるばかりに、目の前の人のことを考えない。とにかく自分を守ろうとするばかり。そういう人の話しを、誰が聞きたいかってことよ。そういう人の想いを誰が受け入れてくれるのか。あなただって、そんな人には何言われたって何ととも思わないでしょ。

あーこの人は自分が一番可愛いのね。こっちのことなんて全然考えてくれないのね。っつーか変な駆け引きしてきてウザいし、いちいち遠まわしすぎて何言ってるかわからんわ。そう思われて華麗にスルーされるだけ。

人と人との関係である以上、駆け引きや計算、それこそ空気を読んでの演技も必要かもしれない。でもそんなの必要最小限。ホントに大事なことは、あなたが傷つくかどうかではなく、目の前の人、そしてあなたのお互いがハッピーになれるかどうか

そのために言うべきと思うことは言えばいい。伝えたい想いなら伝えればいい。素のあなたをそのまま出して、言葉にそのまま乗せて相手に届ければいい。





大丈夫。素のあなたを出して、想いをそのまま言葉に出して嫌われるなら、どうせ何やったって嫌われる。むしろ中途半端に引き延ばして、時間を無駄にせずに良かったね。それに時間が短い分、傷も浅いから復活も早いってもんよ。

傷つきたくない、そんな甘ちゃんな自己保身からは何も生まれない。相手に何も伝わらない。相手にしたって、自分のことを駆け引きや計算でどうにかなると思われれば、面白いとも信用したいと思わない。

人と人、男と女の関係だもん。何やったって傷つくことはある。あなたがどんなに丁寧に、どんなに誠実に相手と向き合ったとしたって、どっかで傷つくような目には遭う。だったら、最初から自己保身なんか捨てちまえ

相手の笑顔と幸福、そしてあなたの笑顔と幸福。そのために必要ならば、飾らず駆け引きせずに言葉にする。想いを届ける。その結果、別れることになったとしても、本当に彼を愛しているなら、別れることも受け入れることができるはず。

<参考関連記事>
本当に愛しているなら、別れることも受け入れられる。復縁したいなら、彼の選択を尊重すること。

恐れるべきは傷つくことより、愛する人を失うこと。それも、思いを正しく伝えられないまま別れてしまえば、悔いても悔い切れない。ならば、傷つくことを恐れずに、素直な思い、正直な言葉をそのまま相手に届ければいい。

何やったって傷つくことはある。痛い思いもする。でも、傷ついた心はやがて癒える。そしてあなたはもっと強くなれる。最初から傷ついたり痛い思いを恐れないほうが、愛する人に愛されるには、よっぽど近道ってもんですわな(^。^)y-.。o○

傷つくことへの恐れを手放す、個別コンサルティング
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1500名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

オフィスは西新宿。住居は東京都杉並区と山梨県の富士山麓でデュアルライフ。

既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。