小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

駆け引きをやめると、心の距離が近づく。意地を張らなければ、痛い思いをしなくなる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 ↑


特別セミナー
小川健次
↑ 10月大阪 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

駆け引きをやめると、心の距離が近づく。意地を張らなければ、痛い思いをしなくなる。

駆け引きは失うばかりで、何も生み出さない

守ったところで一文の得にもならないどころか、何の意味もないようなプライドを守るために、後で冷静になって考えてみれば死ぬほどどうでもいいことで、必死になった経験は誰にでもある。
小川健次Blog
なんであんなことにこだわってたのか。あそこでムキになってた意味がわからん。今になってそう思うこともあるでしょう。

それが笑い話しになることならいいんです。ちょっと恥ずかしい黒歴史として、酒の席の肴として盛り上がることなら、そういうこともあっていい。

でもね、実は意外と笑えないことだったり、思い出すだけで、心の奥を太い針でグイグイと刺されるような、激しい痛みを感じることだったりすることもあるでしょう。

あそこでよくわからないプライドに固執して、ムキにならなければ失うこともなかったのに。あそこで変に意固地にならずに、言うべきことをちゃんと言っておけば、今頃はお互いハッピーだったはずなのに・・・

とまあ、いろいろあるじゃないですか。僕も毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージで、あ、やっぱちゃんと言っときゃよかったかも、と思うことは、ごく稀ですがあるにはある。

あなたにも、日常における他人との些細なやりとり一つ、特に大切な人とのやりとりの中で、そういうことってあるでしょ。

どうってことないことなのに、ここで自分から気持ちを伝えたら、どうも相手に負けた気がする。相手に主導権を握られるようで、なんだかムカつく。それは私のプライドが許さない。

そんなこと言ってるクセに、相手には求める。私は言葉で言わないけどあなたは私の気持ちを汲みなさいよ。私はプライド傷つけたくないから言葉にしないけど、あなたはちゃんと私に言葉と態度で思いを伝えなさいよ。みたいな。

それ、あなたがまず自分から想いを伝えれば済むことですよ。あなたから言葉にすれば、お互いスッキリして丸く収まることなのに、なぜだかそこで恐ろしいほどに無駄な意地を張って、感じる必要のないストレス感じて、負う必要のない傷を負う。

なんで私がこんなに苦しい思いをしていることを、わかってくれないのかしら。なんで私ばっかり傷ついて痛い思いをしなきゃいけないの。そしてイライラ。相手もイライラ。もういや。頭にきた。これで終わりにしましょう。そしてお互いさようなら。

あなたが素直に思いを口にすればいいだけでしょ。伝えたいことを伝えればいいだけでしょ。主導権がどうの、嫌われたり拒否られたりしたらどうの、そんな不安を基に自分のプライド守ったところで、大切な相手を失ってしまえば目も当てられない。

そこで余計な駆け引きする必要ないんです。他人はあなたの心の鏡。あの人との心の距離はあなたが決めている。駆け引きを手放せば、すれ違いもなくなりますよ。

<参考過去記事>
思いが届かず、すれ違いになるのには理由がある。大切な人との心の距離は、あなたが決めている。

勝負事ならねえ。駆け引きも意地の張り合いも必要でしょう。己のプライドを賭してでも、譲れないこともあるかもしれない。

でもここでの話って勝負事じゃないでしょう。勝ち負けもクソもない。あえて言うならお互いが幸福感に包まれることが勝ちで、そうじゃなければ負け。じゃあ勝つために、そこで大切な人に意地を張ることが最善のことなのか。ムキになることに意味があるのか。

素直になると楽になれる。

別にプライドも自尊心も不要だと言ってるんじゃないんです。それはそれで必要だし、プライドも自尊心もないヤツは誰も相手にしない。僕もプライドの無い女は嫌いですわ。

その場そのときその状況で、守るべきものは何か、その選択を誤らないようにってことですよ。守るべき必要もないところで、守る意味のないプライド守って、もっと大事なもん失うってのは、それこそ笑い話にさえできない話しでしょ。

だから想っていることは素直に言葉にすればいい。ホントに必要だったら頭下げたっていいじゃないですか。愛を伝えようが、ときに厳しい言葉だろうが、あなたが想い、相手にとって価値ある言葉なら駆け引きなしで言葉にすればいいんです。

もちろん、上でも言ったように、何でもかんでも言えばいいかというと、そういうことでもないでしょう。

余計なこと言って地雷を踏むくらいなら、口を閉ざしておいたほうがマシなこともある。それにしたって、選択基準はあなたのプライドではなく、あなたと相手の幸福。

自分から言葉にするのは、なんか負けた気がする。素直になると相手に主導権握られているようで、なんか面白くない。なんで私が気を使わなきゃいけないの? なんで私から声かけなきゃいけないの? なんでいっつもLINEやメールは私からばっかりなの?

そんなくだらない理由で意地張ってるなら、バカバカしいにも程がある。そこで守るプライドや自尊心なんて、たかが知れているでしょう。そんなことよりもっと守らなければいけないことがあるでしょう。

考えてみればいいじゃないですか。ムキになって意地張ってまで守ろうとしている、そのプライドなり自尊心なりと、あなたにとって大切な誰かの存在と。捨ててしまっていいのはどちらか。価値あるものはどちらで、どちらを守るべきだと思っているのか。

あそこで素直になっておけば、あそこでムキになっておかなければ。そう失敗して後悔したことはあるかもしれない。でもその逆に、あのときはホントに心が繋がってた、そう感じられた時期ってのは、やっぱりお互いが素直に思いを言葉にし合えたときでしょう。

それが愛でも感謝でも、それこそ必要に応じてお詫びだとしても、あなたが本当に相手のためを思い、素直な言葉を発すれば、お互いの心の距離は近づくんです。信頼は深まるんです。

<参考過去記事>
あの人のために言ってるのに、なぜかウザいと思われる理由。力になれることを示せば、愛が深まる。

どうでもいいことで意固地になって、結果、後で泣くのもバカバカしい。最初っからいろいろ手放して素直になってしまえばいいじゃないですか。

まあプライド守ったり、意地張ったりするいいんですがね、そればっかりじゃ疲れるでしょ。もっと気楽に言いたいことを言い、伝えたいことを伝えてみればいいんです。素直になると楽になれる。だからお互いが心地良い関係になるってもんですわな(^。^)y-.。o○

駆け引きを手放して、理想の人と結ばれるには
↓ ↓
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。