小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

別れた彼が最高だったと思うのは、誤解と勘違い。ご縁のある人は、別にいる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/10/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第103回

のめり込んだら人生台無し!サイコパス男子から逃れるためには?

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

別れた彼が最高だったと思うのは、誤解と勘違い。ご縁のある人は、別にいる。

別れた彼が最高だったと思うのは、誤解と勘違い。

過去の積み重ねがあって今がある。今この瞬間は、ポッといきなり現れたワケではなく、積み重ねた過去の結果として存在するもの。
小川健次Blog
過去がなければ今は存在しない。過去があるから今がある。それがどんなものであれ、過去を消すことは誰にもできない。

そりゃまあ、書類上の過去であれば、適当に偽造したり改ざんしたりもできるでしょう。でもそんなことしたところで、あなたの記憶が変わるワケじゃない。

過去の「事実」は変わりようがないですよ。そりゃもうしゃあない。でもね、過去への評価は常に変わるもの。今この瞬間の状況や環境、それこそあなたの気分によって、過去への評価はいくらでも変わる。

歴史の評価が、見る人の立場によって異なるように、過去への評価に絶対は存在しない。恋愛のトラブルだって、双方の立場によって言い分が異なる、評価は変わる。僕の小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画も好き嫌いで評価がわかれる。

つまり、あなたの過去に対する評価だって、今この瞬間のあなたの状況や環境、それこそ気分次第で、いくらだって変わるん。自分と未来は変えられるけど、過去も他人は変えられない。なんてのは嘘っぱちの寝言ですよ。他人も過去も変えられる。

もちろん、現象としての出来事は変わらない。が、それをどう評価し、意味づけて解釈するかは、あなた次第。





どんなに、しんどかったことも、泣くほど苦しかったことだって、今が良ければ、すべては今のための糧だった。あれがあったから今がある。そう思える。逆に今が最悪なら、過去の最悪な思い出は、最悪な思い出のまま。あのときのあれがいけなかった。だからダメなんだ。

要するに、いつまでも過ぎた過去のことをグダグダ言って執着しているのは、今がハッピーじゃないからですよ。今がハッピーな人で、過去の文句を言ってる人なんていないでしょ。

それはつまり、過去の恋愛、別れた人に対する評価でさえ、今のあなた次第で変わるもの。そのあたりの具体的な話しは、以下のYouTube動画『執着を手放せない3つの誤解と勘違い。』の中でも詳しく解説しているので、合わせて参照のこと。

あなたをフッたアホなあいつのことだって、そのときはムカついてても、今幸せなら何とも思わないでしょ。過去のあなたの失敗だって、気持ちが前に向いていれば、執着を手放してスパッと切って捨てられるもんですよ。

<参考関連記事>
過去の自分への執着を手放すと、未来の愛と幸せを引き寄せる。

すべての過去はあなたの意味づけと解釈。そして今の心の状態次第で良くも悪くもできる。今起こった出来事が、仮に辛くてしんどいことだとしても、その経験を未来に活かそうと思えるか、いつまでもそこに執着するかは、あなた次第。

別れた彼が、最高だったのかどうか。それも今のあなた次第で、単なる誤解と錯覚に変わっていく。今目の前に、もっといい男がいれば、過去の彼はどうでもいいヤツ。だけど、一人寂しくいれば、やっぱりあの人が最高だった。

ご縁のある人は、別にいる。

過去への評価は絶対じゃない。誰もが、その場そのときその状況によって自分に都合よく、意味づけと解釈を変えている。客観的な事実よりも、それがネガティブだろうがポジティブだろうが、今のあなたにとって都合良く解釈を補正する。

ホントは、偶然たまたまうまくいっただけのことも、自分に実力があったかのように勝手に記憶を補正。蚊に刺されたくらいの些細なことも、とてつもないドン底の苦しみだったことにしてしまう。今のにとって一番都合の良いように、悪気の有無に関わらず、勝手に補正。

もちろん、その結果として、やる気が高まり、今と未来に肯定的な影響を及ぼすなら、意味づけと解釈はいくらでも変えていいんです。どうせ過ぎたこと。肯定的に解釈したり、都合よく補正したりすることで問題になるどころか、むしろプラスに働く。

でもね、繰り返し言いますが、過去の意味づけと解釈が、今のあなたの思考と行動の阻害要因になるようなら、ちゃんと再補正をしたほうがいい。

去った過去の男に執着するあまり、未来に目を向けられずに同じところの堂々巡り。過去の失恋をひきずるだけで、目の前の出会いのチャンスもスルーしてしまう。そんなことのための、過去への意味づけと解釈なんて無意味。

あの人とはホントに波長が合ったし理解し合えた、あの人が一番であの人以上の人はもういないし出逢えない。って、それ意味づけと解釈がちょっとおかしい。単なる誤解と錯覚でしかないから。はよ目を覚ませ。





「好き」という感覚は移ろいやすくて、曖昧かつ適当なもの。そのときの状況環境、そのときのあなたの立場や、その場そのときの相手の立場。お互いの空気感。それらが折り重なって、この人が一番好きだと、そのときは感じただけ。

今のあなたはそのときのあなたじゃない。昨日のあなたと今日のあなただって違う。なのに、過去のあの人への想いだけが変わらず同じなんてのは、そう思ってるだけ。というより、そう思いたいだけ。それ誤解。それ錯覚だから。

これまでだってそうでしょ。別れてから時が過ぎ、当時とお互いが違う状況環境で出会うことがあったり、思い出したりすることがあれば言うでしょ。あれ? なんでこんなヤツ好きやったんだろ?

別れたのあの人が最高だった。あの人以上の人はいないに違いない。ってそれ錯覚。幻です。幻。あなたがホントに見てるのはその人じゃなくて、そのときに良かった過去の自分。望んでいるのは彼じゃなくて、その頃の自分に戻ること。

今の自分にちゃんと向き合えば、過去のことなんかどうでも良くなる。だから今が良くなって、過去のことは単なる良い思い出になる。足かせなんかにはならないんです。人は変わる。あなたも彼もあの人も。

<参考関連記事>
彼しかいないと思う執着を手放すと、愛あるご縁を引き寄せる。

別れた彼のことを、最高だったと思う気持ちはわかる。でもね、それは単なる誤解と錯覚。勘違い。今と未来から目を背けて、過去に逃げ込んでいると、いつまでも美化された過去への執着を手放せず、もっと価値あるご縁を見逃す。

本当にご縁のある人は別にいる。少なくとも別れた彼じゃない。彼だとしも、それは過去の彼ではないということ。そもそもいつまでも過去に逃げ込む女は面倒くさくてウザいだけ。明るい未来と価値あるご縁は、過去への執着を手放すと手に入るってもんですわ(^。^)y-.。o○

執着を手放して、ご縁を引き寄せるための個別セッション
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。