小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

言い返しても失うだけ。ときには黙って守ることも必要

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

ある一定周期でブログを更新したい欲求が生まれたり、ブログの更新に飽きて無関心になったりするという習性が、人間には遺伝子レベルで組み込まれているという研究成果が最近発表されたようです。

言い返しても失うだけ。ときには黙って守ることも必要

つまり、ブログを定期的に放置するのは、人間が生まれながらにして持つ特徴の一つであり、放置することはいわば人間であることの証左であるということです。


ちなみにその研究をしたのが僕で、発表をしたのは今です。さらに研究の対象は僕です。

というわけで、最近はFacebookにちょこちょことその場の思いつきを短文で投稿していましたが、どうせ思いつきなので少し思考の流れに自由になって、文量意識せず何となく思ったことを。

当たり前すぎて今さらな話題でもありますが、当たり前すぎてつい忘れてしまいそうなので自戒込めまくりで。

■言い返しても失うだけ。ときには黙って守ることも必要

どんなに大切な相手だったとしても、ちょっとしたコミュニケーションのすれ違いが大惨事を引き起こすことってありますわ。

さらにすれ違いが加速すると、お互いが感情爆発。
おめーなんか好きでもなんでもねーよ。あんたの顔なんか見たくないわよ。この脳無しの役立たずめ。

本心から思ってなくても、つい脊髄反射で口から飛び出る。売り言葉に買い言葉で、勢い余って言ってしまう。言ってはいけない、ホントはそんなこと思ってない。それがわかってても言ってしまって大惨事。

だから、そこはじっと我慢。何を言われても感情に流されずに黙るしかない。ベタすぎて、何だかなーと思うけどこれが結局一番の処方箋。

もちろんそれよりもっと以前に、そういう状況にならないような方法をとるのが一番ですが、そうなってしまったらもう手遅れ。あれこれ小手先でどうにかしようとせずに、口を開かず黙って耐える。

言われ話しで黙って我慢するストレスも結構大変ですが、余計な一言ですべてをブチ壊しにしたときの凹み具合に比べりゃ可愛いもん。それに黙るストレスなんてその場だけ。一晩眠れば翌朝はお互い忘れてるもんです。

黙ってるだけだとどうしてもおさまりつかない。暴れたい衝動が止まらない。
そんなときはメールに気持ちを殴り書き。宛先欄に相手の名前を入れて、言いたいことを、恨みの言葉も尽きるまで書く。

するとあら不思議。書きながら気持ちの整理がついて、感情的になっているのもバカバカしくなってくる。その場はおさまらなくても、送信せずに一晩置いて、翌朝読み返してみると、怒りの内容がいかにくだらないかがよくわかる。

あとは速やかに書いた文書はすっかり削除。もちろん間違っても送信ボタンは押してはいけない。このときの送信ボタンはまさに自爆スイッチなのでそこはくれぐれも注意して。

要するに感情的になってるときに発する言葉なんて、たいがいロクなもんじゃないってことですな。だからそんなときは、おとなしく黙る。それで非難されても相手も感情的になっているのでどうにもならない。

せっかく積み上げた信頼や、培った愛情も、感情的になったときの些細な一言ですべ台無しブチ壊しになるもんです。んなこたあ誰もが一度や二度くらいは経験あること。だからそろそろそういうのはやめにして、その場は黙って耐えるというのも生き方の知恵。

お互い落ち着いて、アタマ冷やしてしまえば、ホントにどうでもいいこととで感情的になってたことがよくわかりますしね。

■全国各地でセミナー開催中
https://ogawakenji.com/seminar/

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。