小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分のことを伝えるから言葉が伝わる

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

自分のことを伝えるから言葉が伝わる

■言い放つのではなく届ける

他人は他人。自分じゃない。
だからものの見方や感じ方は違って当然。それが普通。

自分のことを伝えるから

同じもの見たってそれぞれが違う解釈するもんです。


だから言葉一つ一つに対する価値観だって当然違う。
「好き」の一言にしたって、それを言った側と受け取る側で、その意味の捉え方が異なるなんてのはよくあることです。

その解釈の違いによって生まれる小さな誤解が発端となって、やがて大きな歪みとなる。そして気付いたときには取り返しがつかないほどの、もつれた糸状態。
結局バッサリ切る羽目になり、お互いが痛いだけ。もう目も当てられない。

だからこそ、言葉は「言い放つ」のではなく「届ける」ことが重要なわけです。

つまり、言葉を「音」として放つのではなく、そこに込められた「意味」を一緒に相手の心まで届けなきゃ伝わらない。
「意味」も相手の心に届けるからはじめて伝わる。誤解がなくなる。

その届け方にはまあテクニック論としていろいろあるわけですが、そのあたりはここでどうこう言うよりは、セミナー来るとわかりやすい。

<参考記事>
全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

自分が思っている言葉の解釈と、他人が思う言葉の解釈が違うなんてのは当たり前。言葉だけでなく行動だって同じこと。

意味を持ってとった行動にしたって、相手からみたら、こいつ何してんだ? なんてのは誰だって経験あることですよ。それが即座に解ける誤解ならそれでいいかもしれない。が、解けないまま誤解が増幅すると目も当てられない。

まあ、言ってもれば当たり前。が、当たり前すぎてつい忘れる。勝手にわかってくれてんだろ。そんな前提で話しがどんどん進んでく。時間がすぎてくから後で大爆発するんでしょうな。

■相手はあなたのことを知っているか

テクニックとして「届ける」ことを意識するのも誤解を生まないためには重要ですが、それ以上に重要なのは、日頃から自分の考え方や、自分のパーソナリティを、できうる限り人に伝えておくしかない。

とはいえ、どこの誰かもわからんヤツにまで自分のことを伝える必要はありませんが、少なからず自分にとって身近な相手、大切な誰かには自分のことを知ってもらう努力はすべきでしょう。

つまりは自己開示。しかもその積み重ね。

身近にいれば知ってるだろう、わかってくれてるだろうなんて思ったら大間違い。言わなきゃ知らないしわからない。

試しに身近な家族や友人。同僚でも彼氏彼女にでも聞いてみればいい。
俺(私)がお前のことどう思ってるか知ってる?
俺(私)が今後どういう付き合い方をしたいか知ってる?

もちろん、これを知ってるかどうかがすべてじゃない。が、この程度のことでさえ、自分のことを相手はわかってないし知らないもんだということ。

お互いの考え方やパーソナリティ、その前提認識にギャップがあれば、その上に乗っかる言葉の解釈にギャップがあるのは当然のこと。

だったら毎日の積み重ね。相互理解を深める努力。
それには自分がどんな人間なのか、どんな考えを持っているのか、相手をどう思っているのか、できる限り自分を伝える。自己開示ですよ。

相手に自分のパーソナリティが伝わっていれば、言葉の解釈はもちろんのこと、行動に対してだって誤解を最小限に抑えられる。つまりは信頼されるし、信用される。
あ、この人はこういう意味でこう言ってるんだな。この人の行動はこういう考えのものなんだなと納得できる。

とはいえ、誤解は起こる。それによっていさかいもある。それはそれでいい。人間だからしょうがない。
それにそれも刺激になるし、そこから新しい発見もある。学びも成長もあることですわ。

でもそれが、明らかに事前に防げることであれば防ぐに越したことはない。わざわざお互いの気分が悪くなるようなことになる事態はないほうがいい。無駄にエネルギーを消費するのも疲れるし。

それが些細なことであれ、自分のことを伝えようとする意識は持ち続けることでしょうな。

一方で自分ことばかりではなく、相手のことを理解しようとする心構えも同じくらいに重要なのは言うまでもありませんが(^。^)y-.。o○

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
神戸・大阪・東京・名古屋・札幌・沖縄・新潟
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。