小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

LINEで駆け引きする女が、面倒くさいと思われる理由。信じて思いを伝えると、相手もあなたを信じてくれる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/12/03更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第57回

ギリギリまで働いて、不倫に堕ちる…仕事を抱え込むキャリア女子がハマる蟻地獄

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                  
地域・開催日 内容
福岡 12/14(土) 愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
東京 12/21(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 01/02(木)RIEZON JAPAN 新春放談会(準備中)
東京 01/25(土)-26(日) 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


LINEで駆け引きする女が、面倒くさいと思われる理由。信じて思いを伝えると、相手もあなたを信じてくれる。

LINEで駆け引きする女が、面倒くさいと思われる理由。

誰かと関わる以上、そこに無駄なトラブルは無いほうがいい。その相手が、あなたにとって大切な人であれば、なおさらのこと。
小川健次Blog
あなたがそう思うということは、相手にも同じように思ってる。誰だって不要なトラブルはないいほうがいいし、そんなことでお互いの関係にヒビが入ったり、心に波風立ったりするのは避けたいもの。

お互いがそう感じるから、そこにお互いにとっての、気遣いが生まれる。気遣いならそれでいい。が、それも行き過ぎると、単なる腹の探り合いにもなりかねないの要注意。

腹の探り合いとはつまるところ駆け引きですよ。お互いが本音を出さずに、相手の本音を探りながら、LINEや電話を駆使して、コミュニケーション上の主導権の奪い合い。

いかに自分が傷つかないようにするか、いかに自分にとって、都合の良い展開に関係を発展させられるかどうか。自分がストレス感じないように。自分が傷つかないように。相手を気遣っているようで、結局のところ自分を守りたくなってくる。

気付けば本音を言わなくなり、いちいち遠回しな言い方してみたり、自分は本音を言わないのに、相手にばかり本音を言わせようとあれこれ画策してみたり。

自分からLINE送ると、追っかけているようで嫌。だから彼からLINEを頻繁に送ってくれるようにしたい。自分から誘って、断られたら傷つきそう。だから、どうにか彼から誘ってもらいたい。とにかく、相手をコントロールしようと躍起になる。

あの人が大切、あの人が一番、あの人には気を遣っている。口でそう言うんです。でも実は、大切にしているのも、一番に思っているのも、気を遣っているのも、全部自分自身に対して。ホントは自分が可愛い、あの人以上に自分が大事。

だから素直に本音を言えない。核心に迫るところについては、いちいちオブラートに包むような話になる。遠回しすぎて、何を求めているのかわからない。だから何も伝わらないし、何もわかってもらえない。

そんなあの人に、不安と心配が募ってくると、やがてはイライラ感になる。そして爆発して長文LINE。しかも連投。LINEを見たら未読30件って、何だこりゃ。相手はドン引き。こんな面倒くさい女とは、お別れしたくなる。そしてさようなら。

そういうことの一度くらいなら、事故としてあってもいい。でもそれが、一度ならず二度も三度も繰り返しているなら、ちょっと考えたほうがいい。僕の個別セッションあたりを通じて、いろいろ修正したほうがいいかもしれない。

そもそも、長く信頼関係を継続したいと思う人、あなたが大切と思う人と、そういう駆け引きをしたところで、得るものなんて何もない。そんなLINEの駆け引きで、さんざん消耗した挙句に、関係が壊れるなら本末転倒もいいところ。

だったら最初から、つまらない駆け引きなんか、やめてしまえばいい。LINEを送って欲しいなら、そう言えばいい。LINEでやりとりしたいなら、あなたからLINEを送ればいい。声が聞きたいなら、電話すればいい。

信じて思いを伝えると、相手もあなたを信じてくれる。

あなたが日頃から、思いのすべてを言葉や態度を通じて示してしまえば、どちらが優位でいるかなんて気にならなくなる。本音ベースでのやりとりになれば、つまらない駆け引きなんか存在しない。お互いがストレスのない、心穏やかでいられる関係になれる。

あなたが、自分の思いを、素直な言葉や態度で示すことで、嫌われるんなら、どうせ後になっても嫌われる。だったら、早いうちにそれがわかって良かったね。

もちろん人と人の関係である以上、お互いに対する気遣いは必要でしょう。相手を思いやる気持ちも重要ですよ。お互いに立場があり、お互いの考えや価値観もある。それはそれで尊重するのは、当たり前の大前提。

でもね、それは自分を偽って、駆け引きをするということじゃない。LINEのやりとりに、下らない小手先テクニックを入れて、相手を思い通りにしようとすることでもない。ましてや、あなた自身が傷つかないようにするためのことでもない。

あなたがあなたの思いに素直になって、素の思いを相手に届けようとしつつも、相手の立場や思いに、寄り添そうとすること。それが、あなたにとって、本当に大切な人であればなおさらのこと。

言ってしまえば、自分の思いに素直にならず、自分が傷つかないようにしてるってことは、心のどこかで、相手を信用していないんです。この人は私を傷つけるかもしれない。この人は私を裏切るかもしれない。私を愛していないかもしれない。

そんな疑念が、あなたのLINEや、態度から透けて見える。すると相手も同じに想う。あなたが信じていないから、あの人もあなたを信じない。そうしてお互いが心にブレーキかけて、上っ面だけのやりとりの応酬になる。味気ないLINEのやりとの連続で、やがて冷めてさようなら。

そんなことを、いつまでも繰り返す。会う人、付き合う人。その度に、いまいち関係が深まらない。たまに深まったと思っても、失いたく不安に駆られ、結局LINE上での駆け引きに時間とエネルギー使って、最後は面倒くさい女のレッテル貼られてさようなら

どんなに表面上を取り繕ったところで、相手の思いに寄り添っていないLINEは既読スルーされるもの。上っ面だけの言葉には、耳を傾けてもらえない。

<参考関連記事>
LINEを既読スルーされる人に、共通すること。人に好かれる人に、共通する言葉の使い方。

大切な人には、駆け引きをせず、素直な思いをぶつけていい。自分が傷つかないように、自分が痛い思いをしないように。そんな下心で駆け引きしようとしたり、LINEのやりとりをしなくていい。そんなことしても、あなたもあの人も幸せになならない。

相手を信じて、開けっぴろげの本音全開。LINEしたければ、あなたからLINEを送ればいい。電話で話したければ、あなたから電話すればいい。あなたが信じて、素直な思いを伝えれば、相手もあなたを信じてくれる。それでダメになる関係なら、ご縁がなかった。それだけのことだから(^。^)y-.。o○

自分の思いに、素直に従えるようになる方法

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



01月東京
小川健次


12月福岡
小川健次


12月東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。