小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

違いを許せる心の余裕が、大切な人との距離を近づける。小さなことに執着しないから、穏やかな関係になれる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/05/21更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第29回

仕事先延ばし、締め切り破り…このルーズな姿勢と性格は変えられるのか

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次

6月東京
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


違いを許せる心の余裕が、大切な人との距離を近づける。小さなことに執着しないから、穏やかな関係になれる。

人は気分によって合うことも合わないこともある。

今日は良いと思ったものを、翌日見てみたらそうでもなかった。なんてことはよくあること。人はその場そのときその状況での気分によって、物事への見方や感じ方が違うもの。
小川健次Blog
あなた自身にそういうことがあるように、あなた以外の人にも同じことがある。違う人同士がそれぞれ違う気分でカチ合えば、それこそ、そこにすれ違いが起こるのは当たり前。

状況環境を共有している、一緒に同じものを見ている、にも関わらず、そこで見ているもの感じているが、双方でまるで異なることってのはありますよ。

このアクション映画超おもしれーと言いながら、楽しめる一方で、野蛮な映画で最悪だ、と鬱な気分になる人もいる。中には、制作費を見積もりながら、映画ビジネスの展望を考察している人だっているでしょう。

それらの想いや考えの、何が良くて何が悪いかじゃないんです。その人の持ってる世界観や価値観。そして生まれ持ってる素養や性格。そしてその場の気分が違うだけ。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ読んで、この眉毛の人に抱かれたい、と思うあなたのような人もいれば、この眉毛ウザい死ね、と思う人もいる。みんな違ってみんないい。

ってことは、あなたが目の前の人に対して、この人は私に冷たい。もう私への愛は無いに決まってる。と感じていたとしても、その相手にしてみれば、精一杯あなたに尽くしているのかもしれない。これ以上ないくらい優しく愛情注いでいるつもりなのかもしれない。

要するに、噛み合ってないだけなんです。ほんの少し感覚がズレているだけ。そしてその感覚のズレをお互いが理解できていないだけ。理解しようとしていないだけ。

その手のズレってのは、どんな関係でも起こり得る。親子であろうが夫婦であろうが上司部下であろうが、人は人であなたはあなた。みんなあなたとは違う人。みんなあなたとは異なる考え方、価値観や世界観を持っている。

誰だってその場そのときの気分は違うでしょ。お互いの間にズレが生じるということは、当たり前だし、日常的によく起こることですよ。

その当たり前のことを、ついうっかり忘れてしまうから、そこで生まれる些細なズレを許せなくなる。焦って結論出そうとしてトラブルになる。不安や心配で相手を束縛したくなる。勝手に期待して勝手に裏切られた気分になって、一人で落ち込み、一人で酒飲んですすり泣く。ってアホか。

あのね、他人はあなたじゃないでしょ。時間や場所を共有していても、気分や考え方のすべてまでは共有できない。もちろん共有できる気分や考え方もあるでしょうが、全てはムリでしょ。だって他人はあなたのコピーじゃない。

どんなに身近で親しい相手だとしても、あなたとは別の人なんです。あの人にはあの人の考え方や気分がある。ならばそこにズレはあるのは当たり前。それを焦って結論出そうとしないことですよ。

あなたが過剰に反応している、彼の一言にしてみても、彼にしてみりゃ大して意味のないことだったりすることもある。気にしなくてもいいこと、お互い気にして苦しくなってるだけのこともあるでしょう。彼のLINEの文面に意味などないのに。

<参考関連記事>
彼の言葉が気になるときに、考えたほうがいいこと。LINEの言葉に、込められた意味はない。

そうして相手の想いに寄り添うことなく、ただ同じ気分、同じ考えという前提で、勝手にあれこれ期待する。すると、期待どおりの答えが返ってこない。期待どおりのことしてくれない。こうしてくれない。ああしてくれない。だんだんムカついてもくるでしょう。

相手とすれば、いつもの自分でいるだけなのに、なぜだかあなたに怒られる。理由もよくわからないまま、あなたが不機嫌になっている。そのお互いのズレが積み重なって、気付いたときには、どちらからともなくさようなら。あとで後悔しても、いろいろ手遅れ。

許す余裕がお互いの心を近づける

まずは違いを認めることですよ。そしてあの人の心に寄り添う。寄り添ったところで、相手の思い、相手の気分がすべてわかるワケじゃありませんがね、まずそうしなければ単なる気持ちの一方通行になるだけのこと。

あなただって、自分の価値観や世界観を否定されればムカつくでしょう。勝手に期待されても困るでしょう。自分は自分で他人は他人。

今のあなたの気分と、あの人の気分が同じこともあるけれど、違っていること、ズレていることだってあるんです。ならば今の相手の想いや考え。そして気分を尊重することです。合わないからと、焦って結論出さないことです

どうしても距離が近くなるほどに、それを忘れることがある。親しいからといって、それはあなたと相手の考えがすべて一致しているということじゃない。それ忘れるから、知らず知らずのうちに、あなたの想いやあなたの気分を相手に押し付ける。

勝手に期待するから、見返りに執着する。そして見返りがないからストレスになり、溜まったところで爆発することになる。

違いがあるという、その当たり前の大前提を忘れなければ、適切なやり取りができる。噛み合ってない歯車を、合わせるプロセスを踏むことで、無用なストレスを感じることだってなくなる。相手の思いに寄り添った、適切な対応ができるようになる。

そして受け容れる。今はお互いが噛み合ってないだけ。いや、仮に今じゃなくても、噛み合わないことが結構ある。だとしても、その人全体としては関わる意味がある。その価値がある。

良いも悪いも好きも嫌いも含めて、全体としてその人を肯定的に考えられるなら、まずは違いも何も全部許して受け容れる。

人はその場そのときに応じて気分が変わるし、変わる気分に応じて、見えるもの感じるものが変わるんです。それを、そのときに噛み合わないからといって否定された上、違う考え方を上から押し付けられりゃ、誰だっていい気分はしない。その場では収まっても、ストレスは積み重なる。

あなたにあなたの気分や、世界観、そして価値感があるように、あの人にはあの人の気分や価値観、世界観がある。それが四六時中すべて一致する相手なんていないでしょ。それを無理に一致させようとしても、それはあなた自身の心を殺すか、相手の心に死んでもらうしかない。

それじゃ、誰も幸せにならない。お互い居心地が悪いだけ。お互いが苦しいだけの関係ですよ。おまけに妙な駆け引きで、相手をコントロールしようとするから、ますます話しがややこしくなる。いいじゃないですか。許して信じてしまえば。

<参考関連記事>
恋愛の駆け引きがうまくいかない人に、共通すること。信じる力があれば、心を明け渡せる。

あなたとそ大切な人との気分や考え方が、相容れないことはあるんです。でもそれ否定する必要はないでしょう。まずは違いを認めて許す。その上で、その違いをどう扱えば、お互いがハッピーになれるかを考えればいい。

合わないなら合わないなりに、協力できることで協力すればいい。気分が合うときに改めたっていい。合わないからといって、焦って結論出さないことですよ。そうすれば結ばれるご縁もあるし、歩み寄れることもある。そして本当に大切な人と結ばれますから(^。^)y-.。o○

信じる力を高めるための、特別講座
↓ ↓
早期割引キャンペーン実施中
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。