小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

人は人の話を聞いてないし覚えてない。だから気にする必要ない。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

人は人の話を聞いてないし覚えてない。だから気にする必要ない。

■アウトプットで血肉化する

自分の考えや思いというものは、極力さまざまな形でアウトプットするべきですな。

人は人の話を聞いてないし覚えてない。だから気にする必要ない。

それは他人とのシェアでもいいし、自分自身の備忘録的なものでも日記でもいい。


アウトプットするということは、自分の心の中で持ってる情報の整理ができていないとできないもんです。
だからアウトプットしようという心の働きは、自然と整理をつけようという心の働きになる。

そしてそれが見たり聞いたり体験したりしたことを、自分自身の血肉とすることができるというわけで。

で、そのときのポイントは、自分のアウトプットを他人がどう思うかなんてのはあまり気にしないことですよ。

もちろん社会常識や道徳的観念の範疇でというのは言うまでもないことですが、これを言ったら変に思われるかもしれないとか、自分の株が下がるんじゃないかとか。

そんなのは全然気にする必要ない。
僕も色んなとこで言ってることですが、どうせ他人は人の話しなんか聞いてないし、覚えてない。
だから気にする必要なんかない。

そしてもう一つ。自分のアウトプット、つまり発言に縛られないことです。

まあ大人ですからね。自分が言った言葉には責任は持たなきゃいけない。そりゃ大人ですから当たり前。社会人なら常識です。

とはいえ、自分が言った言葉に自分で縛られることほどバカバカしいことはない。

過去にこういうこと言った手前、今もこうしなきゃいけない。以前の発言と違うこと言うのはちょっとおかしいと突っ込まれるんじゃないか。など。

誰だって毎日生きてりゃ、新しいこともあるし、いろいろな影響を受けながら考え方や方針も変わる。

過去にこう言ってしまったから、そのとおりにしなきゃいけないなんてことはない。だって、今はそう思ってないんだから。

■どうせ誰も聞いてないし覚えてない

だいたい、あなたが過去にどんな発言したのかなんて誰も覚えてませんよ。10分前の発言だって覚えてない。

そもそもこのブログの過去ログだって、読んだほとんどの人は誰も内容覚えてない。その場は「へー」と思っても翌日には忘れてますよ。

だから気にすることはない。自分が何を言うのか。何を言ったのかなんて。

もちろん、言ったことの内容や、もし言うことが変わった理由について説明を求められれば、説明すればいい。
これこれこういう考えだ。こういう事情でで変わったんだと。

だから、単なる行き当たりばったり、その場しのぎで言い放しというのは単なるアホですよ。
ちゃんと考えることもなく、その場そのときのノリと空気と脊髄反射でのみ、ものを言うのとは意味が違う。

まあ、脊髄反射で発言したところでロクなことありませんし。

<参考過去記事>
言い返しても失うだけ。ときには黙って守ることも必要

善し悪しに関係なく、自分でしっかりとした考えたことをアウトプットしたり、それが後で状況や環境に応じて変わことは、ちゃんと説明できるはずなんです。

どうぜ誰も聞いてない。聞いてたところでどうせ忘れてる。
そんな他人の目を気にして、アウトプットを控えたり、過去の自分のアウトプットに縛られることほど、もったいないことはありませよ。

一応繰り返しますが、その場しのぎで適当なこと言ったり、立場によって言うことがコロコロ変わるのがいいという話しじゃあありません。

体験からの学びをアウトプットするプロセスを経ることで、それを自らの血肉化する。そして自分のアウトプットに縛られるあまり目標達成の手段にのみ拘泥しないということ。

そのためにはどうせ聞いてない、覚えていない他人のことなんか気にせず、どんどんアウトプットするべき。ということです。

そうは言っても実際には他人は人の言ったこと聞いてるし覚えてることも多い。でも聞いてても覚えてても、特に何の気にもしてないってことですわな(^。^)y-.。o○

アウトプットの技術を身につけるナポレオン・ヒル財団認定指導員養成講座はここで

■小川健次セミナーベーシックコース
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。