小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

笑顔で向き合えば、大切な人とのご縁が結ばれる。自分のことを話せば、愛する人に愛される。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/08/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第41回

選ばれない、関係が続かない…キャリア女子が無意識に抱える婚活における大問題

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

8月 東京
小川健次


9月 名古屋/大阪
小川健次


小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


笑顔で向き合えば、大切な人とのご縁が結ばれる。自分のことを話せば、愛する人に愛される。

自分のことを話せば、愛する人に愛される。

あなたも僕もあの人も、誰だって話しをするなら、話しを聞いてくれる人に話したい。話しの内容を、笑顔で認めて受け入れてくれる人と関わりたい。
小川健次Blog
その逆に、いくら話しても、まるで聞く耳を持ってくれない人には、話したいとは思わない。仮に、聞いてくれても、そのいちいちを批判した否定したりする人とは、関わりとも思わない。

人と人の関係なんです。それがどんなに論理的に正しかろうが、道徳的に正当であろうが、お互いが聞く耳持って、賛否以前にまず受け入れる姿勢を見せ合わなければ、コミュニケーションなんて成立しない。そこには愛も信頼も芽生えない

僕だって毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージにしたって、感情むき出しの否定の反論を送ってくる人と、対話しようと思わない。華麗にスルーしてさようなら。だから、気の短い人は登録しないで、とメルマガには注意書きもしているし。

あなたが発した言葉に対して、聞いてるんだかわからないような態度を取られたり、いちいち感情的に全否定されたりしたら、あなただって、そういう人と、それ以上話したいと思わないでしょ。

人は、根源的には群れで生活する、社会的な生き物なんです。群れの中で生活していくためにも、排除されることが本能的に嫌なんです。そして、排除の前兆である、否定をしてくる人のことも、本能的に避けたくなる。好き嫌い以前に避けたくなる。

日常で発する、あなたの言葉。
その考え方はおかしいよ。そのセンスは変でしょ。あ、それ違うし、間違ってるから。頑張りが足りないんでしょ。…etc

おまけに、あなた自身のこと、あなたの本音の部分についてはあまり話さない。自分のことを話すことなく、とにかく相手のダメ出しばかり。

もちろん、あなたに悪意はない。これといった意味もない。それを聞いたあの人も、その場では何も感じない。でもその些細な否定が積み重なると、だんだん気分がおかしくなってくる。あなたと一緒にいても、心穏やかでいられなくなる

LINEでの連絡が途絶え気味になったり、既読スルーされる人に共通するのも同じようなこと。

<参考関連記事>
LINEを既読スルーされる人に、共通すること。人に好かれる人に、共通する言葉の使い方。

人は自分を認めてもらいたい。他人から自分を認められることで、自分の存在価値を感じることができる。だから、その欲求を満たしてくれるどころか、存在を否定するかのような発言をする人、そういう態度を示す人を、無意識的に避けたがる。

あなたに、否定するつもりが無かったとしても、笑顔がまるでなく、自分のことも話さない、あなたの言葉や態度を通じて、相手が感じる否定の雰囲気が、あの人とのご縁をあなたから遠ざける。

笑顔で向き合えば、大切な人とのご縁が結ばれる。

否定されるのは、誰だって嫌なんです。否定してくる人とは誰だって関わりたくないんです。でも、認めて受け入れてくれる人には、近づきたいし、関係を深めていきたい。ご縁で固く結ばれたい。

あなただって、あなたのことを認めてくれる、受け入れてくれる。そういう人のことは、好きまではいかないにしても、嫌悪感を抱くことはないでしょ。わざわざ近づこうとまで考えなくとも、わざわざ避けようとか遠ざかろうとも思わないでしょ。

そうして、実際の関わりを通じて、あなたの話しを親身に聞いてくれる。賛否は別にしても、まずはあなたの考えを受け入れてくれる。あなたの価値を認めてくれる。すると、もっとこの人と話したいと思うでしょうし、また会いたいとも思えるようになる。

お互いの立場や、好みのタイプが云々、結婚相手としての条件云々という話は別にして、まず人として認めてくれるこの人といると、なぜだか心が穏やかでいられる。

人と人、男と女の関係は、ます相手を認め、受け入れることことが大前提。それを無視して、とにかくマウントを取って、上から目線であれこれ言えば、関係がうまくいくどころか、破綻に向かってまっしぐら。

幅広くご縁を引き寄せ、多くの人に愛される人。他人から悪口を言われない人。そういう人は、他人を否定しないし、拒否しない。まずは相手を受け入れることを、言葉と態度で示している。これ絶対。

笑顔で相手と向き合い、相手の話しに耳を傾ける。相手が話している途中で、それを上から自分の言葉で打ち消したり、よくわからない批判をしたりしない。まず落ち着いて、相手の言葉を通じて、相手の考えを理解しようと努める。その上で、自分の考えもオープンに話す。

自分のこと、自分の考えも話すから、お互いを受け入れ合えるようになる。笑顔で受け入れつつも、笑顔で自分のことも包み隠さず話すから、大切な人との心の距離が縮まり、ご縁が結ばれる。

<参考関連記事>
大切な人との心の距離を近づける、簡単な方法。わかってほしいなら、わかってもらえるように振る舞おう。

笑顔で向き合い、認めて受け入れる。そして、あなた自身のことをオープンに話す。それだけで、あなたは大切な人に愛される。大切な人とのご縁が結ばれる。人は否定をする人を避けたがるが、認めて受け入れてくれる人を好きになる。

笑顔は受容のサイン。自分のことを話すのは、愛と信頼の証。その二つをまず実践しろよ。自分を良く見せようと、変な自己主張をして、結果相手を否定することになるよりも、まずは笑顔で受け入れ、自分ことを話す。それだけで、大切な人との愛が深まりご縁が結ばれるから(^。^)y-.。o○

愛と信頼を深めるための技術を養う、1日コース

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。