小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

恋愛でのコンプレックスや劣等感を、克服する方法。愛されていることを信じれば、より愛される。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/07/16更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第37回

「本命の彼女になれない」キャリア女子の間違いだらけの婚活術

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

7月 東京
小川健次


8月 福岡
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


恋愛でのコンプレックスや劣等感を、克服する方法。愛されていることを信じれば、より愛される。

コンプレックスや、劣等感を誰にでもある。

誰であれ、その内容や、思いの強弱はあるにせよ、自分自身に対するコンプレックスや、劣等感を抱くことの、一つや二つくらいはあるもの。
小川健次Blog
それは自分のキャリアや経歴のことかもしれないし、身体的なことかもしれない。中にはメンタルの強さや、集中力の有無など、内面的なことをコンプレックスと感じている人もいる。

ちなみに、毎朝無料配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージでエラソーにいろいろ言ってる僕にも、コンプレックスくらいはある。あ、でもそれは眉毛の太さとは関係ない。

世の中を広く見渡してみれば、コンプレックスなど微塵も無い、という人もいるかもしれない。頭のてっぺんから、つま先まで、成分は自信100%という人もいるのかもしれない。でもね、そんな人は特殊ですよ。現実にはほとんどの人がコンプレックスを持っている。

人は群れの生き物なんです。群れの中で生きていく以上は、他人との比較は誰であれしてしまう。そして自分が誰かと比較して、劣っていると思うことがあれば、それがコンプレックスになり劣等感になる。

要するに、コンプレックスや劣等感は多かれ少なかれ、誰の心にも自然発生的に芽生えてしまうもの。

花屋の店先に並べられれば、無意識に他の花と比べてしまうんです。もともと特別なonly oneだろうが、自分以外に誰かがいれば、それと比べてしまう。No1にならなくてよくても、私はあいつよりダメなんだ、と落ち込んでしまう。

そういう意味では、他人と比べて落ち込んでしまうのはしゃあない。ときに自分を責めてしまうのもしゃあない。むしろ、劣等感やコンプレックスが、自分を成長させようというやる気の原動力にもなる。人は人と比べるから強くなる。特別なonly one で満足してしまえば、そこで思考もSTOP。

人と人、男と女。うまくいかないこともある。恋愛で劣等感やコンプレックスを抱くことはいい。それは自然なことだから。大事なことは、そうやって劣等感やコンプレックスを抱いてしまう自分を、責めないこと

恋愛に自信がないのはいいんです。誰にだってそういう一面があるのだから。が、それもひっくるめての自分である以上、それを否定しない。劣等感やコンプレックスもあるけれど、そういう私ってそれはそれで、可愛くて素敵よね。そう自分を認めて受け入れろ。

<参考関連記事>
自分を好きになるための、簡単な方法。自信がない人が、やってしまいがちなこと。

そもそも、コンプレックや劣等感は、他人との比較によって変わるもの。年収3千万の人が、年収1億の人達と関わってれば、年収がコンプレックスになる。逆に年収300万でも、年収100万の人達と関わってれば、優越感に浸ることができる。

コンプレックスや劣等感なんてのは、曖昧で流動的なものなんです。誰にでもある感情とはいえ、その内容は状況や環境で変わるもの。ならば、そんな自分を責めなくてもいい。だって、コンプレックスがあるから、やる気も高まるのだから。

愛されていることを信じれば、より愛される。

ある程度のコンプレックスや、劣等感は仕方のないもの。むしろ、それがあるから、何かをやろうと思えるし、自分を成長させようという原動力にもなる。

とはいえ、度を超えたコンプレックスや劣等感は、逆に自分を、意味もなく諦めの境地に、追い詰めてしまうことにもなるから、要注意。

周囲の人と比べて、私は見劣りする。だから私はダメだと思う。どうせダメなんだから、これ以上は何やっても無理。そして、ホントに何もやらず、何も生み出せず、ますます他人との差が開き、ますます何もしなくなるという、負の無限ループ。

そういうときこそ、あなたのそのコンプレックスや劣等感は、曖昧で流動的であるということを思い出せ。あなたのコンプレックスや劣等感は、状況や環境、相手やトコロ変われば全然違うものになる。

周囲の人が変われば、あなたのコンプレックスや劣等感は、優越感に変わることもある。あなたに接する人によって、あなたのコップレックスを批判的に言う人もいれば、それを美点として褒めてくれる人だっているでしょう。

そもそも、あなたをどう扱うか、あなたにどう接するかは、相手が決めることであって、あなたが決めることでも、決められることでもない。

あなたが自分自自身に思っていることと、周囲があなたに思っていることは同じだとは限らないでしょ。

あなたが劣等感やコンプレックだと思っていることだとしても、相手が気にしていないのなら、他の人の前で気にはなっても、少なくとも、その人の前では気にすることはない。あなたを愛してくれる人なら、その愛をそのまま素直に受け入れればいい。

人との関係はご縁次第。どうにもならないことで別れてしまうこともある。それを、自分が劣等感やコンプレックスに感じていることを、原因にして自分を責めても意味はない。誰も悪くない別れもある。

<参考関連記事>
ずっと一緒にいたいのに、別れるのには理由がある。あなたもあの人も悪くないから、許してしまえば幸福になる。

恋愛でのコンプレックスや劣等感を、克服する方法は、自分を責めないこと。人は誰にでも、劣等感やコンプレックスがある。でもそれは、曖昧で流動的なもの。今はそう感じていても、状況環境変われば、劣等感やコンプレックスもまた変わる。

そして相手を信じること。あなたが自分をどう思っていようが、相手があなたを好きで愛してくれているなら、それを信じて受け入れればいい。すると不要な劣等感もコンプレックスも消えてなくなり、愛する人に、より愛されるようになるから(^。^)y-.。o○

自分を好きになり、劣等感やコンプレックスを克服する方法
↓ ↓

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。