小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分の弱さを知っているから強くなれる。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

自分の弱さを知っているから強くなれる。

■結果を出す人ほど弱い自分を知っている

自分を知るということは自分の弱さを知ることでもありますわ。

97c658fe

弱い自分を認めて、それにどう打ち克つかを知っていること。弱い自分が出てきたときに、どう対処すべきかを知っているということですな。


なぜメモを取るのか。
そりゃ忘れるから。忘れる自分のことをわかっているからメモを取る。

メモを取らないのは、驚くべき記憶力の持ち主か、メモを取る価値もないという判断か、それとも自分は忘れないと過信しているアホだけでしょう。

まあ、メモばっか取ってて、メモした自分に自己満足、メモしすぎて、何をどこにメモしたかも忘れた、なんて本末転倒な話しはこの際は論外。

なぜ、すぐやるか。
そりゃ先延ばしにすると、やらなくなる自分のことをわかっているから。

先延ばしにすればするほど、ぐずぐずと言い訳を並べて問題解決に取り組まなくなってしまう自分をよくわかっているからこそ、すぐにやるんです。

だから結果を残す人ほど、自分を信用していていない。

それはセルフイメージを低くしているとか、自信が無いということじゃない。良いところと同様にネガティブな自分をしっかりと掌握しているからということでしょう。

ゴルゴ13

根拠があろうがなかろうが、セルフイメージは高くして自信を持つのは重要なこと。しかし、それは自分のマイナス要素を無視していいかといえばそうじゃない。

弱い自分も認める。受け容れる。その上でその対処法をきっちり用意しておけばいいだけですわ。

■弱さを知れば強さも生きる

とはいえ、弱い自分にばかり目を向けていれば、逆に自信が無くなるし、セルフイメージがどんどん下がる。

忘れてはいけないのは弱さも強さも表裏一体。弱さがあれば強さもある。それは誰にでも言えること。人にあるのは弱さだけじゃありませんよ。

だから弱い自分は認めて対処法を用意しておくのとあわせて、強い自分を活かせる方法を考えればいい。
強い自分にも着目することも当然のこと。

それには過去の失敗の反省と分析。
失敗というのは自分を磨くチャンスだし、自分のことを知るにも役立ちますからねえ。

<参考過去記事>
摩擦があるから磨かれる。抵抗があるから光り輝く

失敗した原因を客観的かつ詳細に考える。
面倒なのでその方法までは書きませんが、それをやるとその失敗の原因のほとんどは自分の弱さにあることがわかる。これほぼ間違いなく。

同時にそこから立ち直るまでのプロセスも考える。
これも面倒なのでその方法ははしょりますが、それやると立ち直った原因の多くに自分の強さが関係していることがわかる。これもほぼ間違いなく。

自分の弱さと強さ。両方のことがわかれば、それをもとに自分の思考と行動の習慣についての改善策を講じればいいだけです。

まあこのあたりは、誰だって仕事なんかでは普通にやってることなんですがね。自分のことになるとおろそかになってるんじゃないでしょうかね。

結局のところ、強い人ほど自分の弱さを知っているということでしょうな(^。^)y-.。o○

本文でははしょりましたが、過去の失敗の分析から自分の弱さと強さを知る方法はここで

■【更新版】全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
大阪・東京・名古屋・新潟・札幌
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。