小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

失敗を回避するスキルよりも、失敗から立ち直るスキルを磨けば問題は解決する

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

失敗を回避するスキルよりも、失敗から立ち直るスキルを磨けば問題は解決する

■何もしなければ打たれ弱くなるだけ

どんなにうまく立ち回っても、失敗するということはありますわな。

fa59e013

同様に、どんなに親しい間柄でも衝突することはある。


生きてりゃいろんなことありますわ。そりゃもうしょうがない。
完全無欠の人などいないし、不可抗力は無慈悲に誰にでも起こり得る。

なので失敗しない技術や、人と衝突しない技術を磨いてもしょうがない。
そんなことより失敗したときに素早く立ち直る技術、人と衝突してもすぐに修復できる技術を磨くほうが建設的。

言ってみれば、失敗しない技術なんて簡単です。リスクを極力回避する。最後は何もしないで引きこもる。何もしないので天変地異でもなければ失敗のしようがない。

人との衝突回避も同じこと。ただ相手の顔色うかがってペコペコしてれば衝突することなんてありません。

とはいえ、何もしなけりゃ時間という大きな財産を失うし、相手の顔色だけ失ってりゃ信頼という価値あるものを失う。まあ、これはこれで痛しかゆしといったところですわ。

それに何より、失敗をしない、衝突をしない、それが続けば結果的に打たれ弱くなるだけです。

いやまあ、あまりに打たれっぱなしで感覚完全にマヒしちゃうと、逆に打たれた人の気持ちも忘れてしまうので、程度の問題ってのもありますが。

それにしたって、倒れたときの起き上がり方がわからなければ、倒れっぱなし。だからときには打たれて倒れる。そして立ち上がる。

それを繰り返してると、素早く効率的な立ち上がり方がわかってくるというもんです。

■小さな失敗が免疫をつくる

そのためには、失敗や衝突を恐れないこと。
少しくらいの失敗や衝突なんかあったって命までは取られませんよ。

身ぐるみはがれて一家離散になるような失敗もあるかもしれませんが、そのレベルの失敗なんてそうそうできるもんじゃない。

そして起こった出来事を客観的かつ冷静に分析することです。

<参考過去記事>
図解あり/泣いたり凹んだりするのも積極的な心構えには欠かせない

その上で失敗に慣れるということも欠かせない。

もちろん失敗といっても程度の問題がありますが、小さなかろうが大きかろうが構わない。日常的に小さな失敗に慣れてしまう。

その度に考えるんです。
この失敗が自分の人生にどれほどのマイナスな影響を与えるのか。この失敗はやり直しのきかないことなのか。と。

たいていのことは影響なんかほとんどありませんよ。それが仕事だろうが、遊びだろうが恋愛だろうが同じこと。

とにかく迷ったらやる。
やってみて成功すりゃ儲けもの。失敗したらそれはそれで大チャンス。

もちろん、ちょっと考えれば答えのわかることを、単なる脊髄反射や同調空気に流されてというのは、それはそれで別の話し。

失敗すりゃ凹むでしょうが、冷静に考えてみればどれも大したことなんかない。取り返しがつかないこともあるでしょうが、それにしたって代替案が必ずある。

そんなことに慣れてくれば、立ち直りも早くなる。自然と立ち直りスキルが磨かれる。

あれこれ失敗をどう回避しようかと考えてる時間があれば、ドーンといって失敗して立ち直りスキルを磨いたほうが、現実的な問題解決には役にたつことのほうが多いってことですわな(^。^)y-.。o○

今週と来週は大阪でお会いしましょう。

■【更新版】全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
大阪・東京・名古屋・新潟・札幌
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。