小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

比較する相手のレベルが、あなたのレベル。自分のレベルを上げたいなら、上のレベルの人と比較しよう。





早期申込割引実施中
小川健次グループセッション
↑↑大阪1月 東京2月↑↑


小川健次による個別セッション
小川健次
↑ 面会もしくは通話で可能 ↑

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

比較する相手のレベルが、あなたのレベル。自分のレベルを上げたいなら、上のレベルの人と比較しよう。

>■自分と誰を比べているか

人は皆、自分以外の誰かと比較をするから、自分の立ち位置がわかるというもの。意識的であろうが無意識的であろうが、人は常に自分と誰かを比較する。
小川健次blog
他人との比較なんかやめよう。自分が納得すればいいじゃない。なんてのは寝言ですよ。自分以外の誰かがどんなポジションにいるかが、わからなければそもそもの自分の位置がわからない。

世の中の平均年収が5千万円だったなら、年収2千万円だったところで嬉しくない。むしろ、なんで自分はこれしかもらえないのかと、悔しささえ感じるでしょう。

その逆に、世の中の平均年収が150万円だったなら、なんだか勝ち組な気分になる。人より秀でた自分を褒めて認めたくなる。

人は社会的な生き物なんです。社会を構成する上では、序列は絶対的に必要になる。だからこそ、人は無意識のうちに、自分が生存するその社会の中で、自分の序列を確認したがる。つまりは比較をしたがるということ。悲しいけどこれ、人の性なのよね。

まだ結婚できないけど、あの人よりは私も若いし、まだチャンスもあるからまあいっか。私がこんなに大変なのに、あの人が幸福そうにしているのは許せない。なんで私があの人と同列扱いなのよ。なんっつー感じて、人の心ってやつは、常に自分以外の誰かの立ち位置の影響を受けるもの。

もちろん、それでヤル気が高まることもあるでしょうし、心が安らぐこともあるかもしれない。その一方で、それで死ぬほど焦ることになるかもしれないし、毎日無料配信中の小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ読んで、眉毛の太さに嫉妬することになるかもしれない。

いや、だからね、他人と比較しないことができるなら、そりゃそれが一番でしょう。もっと言えば、他人と比較するのではなく、自分がなりたい理想の自分。望んだ幸福を手にしていると、比較できれば一番いい。でもね、実社会の中ではそうもいかない。良くも悪くも他人との比較は避けられない。

他人と比較するのは、自然なこと。それはしゃあない。でもね、誰と比較するかってことは、自然なことじゃなくて、あなたの選択によることが大きい。

あなたが比較する相手が、あなたより立場的、能力的に弱い人であれば、あなたには安心しか生まれない。そこで思考も止まってしまう。だから行動も限定的になるし、世界が拡がることもない。

さらには身近な世界の中だけを比較対象としてみていれば、小さなこと、小さな違いにばかり囚われて、ストレスしか感じなくなる。私より先に結婚するなんて許せない。うちの子よりいい幼稚園なんてふざけんな。ストレスと嫉妬が入り混じって、やがてそれは憎悪にさえなる。

<参考過去記事>
愛もお金も、世界を大きく見るから大きな結果を引き寄せる。小さな世界の中にある、嫉妬や執着は手放そう。

あなたが今いる立ち位置より下の方だけ、あなたが今関わっている身近な人だけ、そこだけを比較対象にしているから、思考と行動が狭まるんです。ならばもっと上の立ち位置の人と比べてみる。もっと広い世界の人と比べてみる。比較対象を変えてみることで、あなたの思考と行動も変わるのだから。

■比較対象を広げると世界が拡がる

身近で狭く小さな世界の中だけで、自分より下の立ち位置の人だけ。そういう人だけを、あなたの比較対象にしていると、そこで思考も行動も止まるだけ。

そうして、あなた自身も、その世界の中だけでの優劣にこだわりすぎることになる。広い世界の中では、吹けば飛ぶような小さな話しにも関わらず、その世界の中にこだわってると、その中での満足を得ることに夢中になる。

だからお山の大将になるんです。その狭い世界の中ではちやほやされても、表に出たら、誰にも相手にされなくなる。外の世界で通用しない自分にショックを受けて、また狭い世界に戻ってくることになる。結果、ずっと同じ世界の中で悶々と過ごす日常になるんです。

さらに最悪なのは、その世界の中で、なんとか自分の相対的評価を上げるために、あの人の足を引っ張って無理矢理評価を落とさせようとする。まあ悪口や陰口の類ってのはだいたいこういう種類のものですよ。

冒頭でも言いましたけどね、僕たちは好む好まざるとに関わらず、自分と誰かを比較してしまうもの。比較によって、自分の社会的なポジションを見極めるもの。そして比較対象はあなたの選択によって決められる。

ならば、比較対象を変えることですよ。あなたがスゴイと思える人。こうなりたいと思える理想の人、尊敬できる人を比較対象にすればいい。そこまでいかなくても、あなたよりレベルが高いと思える、立ち位置の上の人と自分を比較するんです。

あの人とあなたの差はどこにあるのか。その差を埋めるにはどうすればいいのか。そう考えることで思考が拡がる。だから行動も生まれて世界が拡がる。やがてあなた自身のレベルもUPする。

世界は広い。ちょっと視界を外に向けるだけで、あなたが心からスゴイと思える人がいる。ちょっと上を見るたけで、あなたが比較対象にする価値のある人たちはたくさんいる。

どうせ自分と誰かを比較するなら、そういう人達と自分を比較することですよ。身近な人や下のほうばかり目を奪われることなく、目は外と上に向けるんです。それだけで、思考と行動の幅が拡がる。小さいことでクヨクヨしていられなくなる。やる気が高まる。

あの人と私とどっちが出世が早いか。あの人の亭主はどんな人なのか。んなこたぁ、外の世界や上の世界を比較対象て考えてるときには、死ぬほどどうでもいい、取るに足らないくだらないこと。

誰をあなたとの比較対象とするかは、あなたの選択。金持ちになりたければ、金持ちと自分を比較することでしょう。愛されたければ、愛されてる人を比較対象にするんです。そうじゃない人と小さな世界で張り合っても、何の意味もないから。

<参考関連記事>
金持ちになる選択をすれば、金持ちの人になる。愛される選択をすれば、愛される人になる。

常に成長し続けている人、行動的で前向きな人ってのは、常に自分との比較対象を広い世界や、上の世界に求めている人ですよ。だかたそこを目指して自分のレベルも上がっていく。小さなことにクヨクヨしない。

まずは、あなた自身が、あなたが比較すべき対象について考えてみることです。その比較対象こそが、あなたの今と未来のレベルを現わしているってことですから(^。^)y-.。o○

【あなた自身を客観的に知るための、個別セッション】

小川健次
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。