小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分にとって価値あるものが何かがわかれば、嫌いな人ともうまくいくし、嫌いな仕事もうまくやれる。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

自分にとって価値あるものが何かがわかれば、嫌いな人ともうまくいくし、嫌いな仕事もうまくやれる。

■嫌いなことの効用

好きなことは誰でもやるんです。やるなと言っても勝手にやる。

onsen

同じように好きな人には勝手に近づくし、誰が頼まなくても親しくなりたいと思うもの。


だからあえて、そうでないものにも目を向けてみる。

嫌いなことをやってみるんです。

これが意外なことに、結構うまくいくことが少なくない。
嫌いなことだから良い意味で客観的で建設的な批判精神を持てる。だから物事がスムーズに進むようになる。

嫌いなことだから、それを好きになるようにどうすれば良いかという、具体的なアイディアが生まれる。

嫌いな人との付き合いも同じこと。

嫌いな相手だから、無駄に親密になる必要もなく、ドライで割り切った関係を維持できる。だからグダグダの馴れ合いにはならない。

嫌いな相手だから、その人とどうすれば良い付き合いができるかという心の動きが生まれる。だから人の良い点がよく見えるようになる。

ちょっとした印象や、これまでの経験で「嫌い」を理由に目を背けるのではなく、あえて「嫌い」であるからこそ目を向けて見るだけで違った発見は多くあるもの。

ぶっちゃけ言うと、僕自身の経験でも、うまくいった仕事のいくつかには「嫌い」「絶対やりたくない」と思うことがありました。

が、それも後で振り返って考えてみると、嫌いだから、やりたくないから、こそ結果的にうまくいったと断言できることばかり。

もちろん、関わることどころか、視界に入るのも嫌だし、それ自体が苦行以外のなにものでもないと感じることであれば、無理して嫌いなことや嫌いな人に関わることもないでしょう。

■最も大きいリスクは何もしないこと

好きなことであれば集中できる。力をいくらでも注げる。
逆に言うと、のめりこみすぎて客観視できないリスクもある。

俺が素晴らしいと思ったこのアイディア。世の中の人も賛同してくれるはず・・・
が、完全スルーの大失敗。

大好きなあの人の言うことなら、何でも信用できるしずっとついていきたい・・・
が、まんまと騙されボロ雑巾。

そして最後は可愛さ余って憎さ1億倍なんてね。

別に好きなことにハマるのがいけないわけじゃない。
むしろ何かコトを成そうとするときは、そのエネルギーが必要不可欠。だから好きなコトや好きな人には多少のリスクを犯しても突っ込むべき。

とはいえ、そういうリスクもある。リスクを回避しようとしても、ハマってるときは何も見えない。
だから大きな結果を出せる反面、大きな失敗もすることもある。

が、嫌いなことではそうはならない。いちいち批判的かつ客観的に見てしまうから、道を踏み外すことはそうそうない。完璧な満足が得られる結果は出なくても、まあ納得できるくらいの結果は出せる。

それに嫌いな人との関わり場合、嫌いというのは自分と違う考えであるわけだから、違う視点、違う考えで意見を交換しあえるという点でもメリットがある。

だからとにかく、嫌いな仕事、嫌いな人、ということで思考を止めないことですよ。どんなことでもそこには学びや気付きがあるし、最も価値ある『経験』が得られる。

嫌いを理由に何もしない、誰とも関わらないってのが一番のリスクですわ。

一応誤解のないように言っておきますが、嫌いなことばっかりやって、リスクを回避して小さくまとまろうということじゃありません。

嫌いなことでも取り組み方次第で、どうとでもできる。なのであまりネガティヴに考えることもないでしょう。というところですな(^。^)y-.。o○

嫌いな仕事で成果を生み出し、嫌いな人との関わりに価値を創出するには

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
新潟・大阪・東京・名古屋・広島
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。