小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

困った人への対処法と、自分が困った人にならない方法。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

困った人への対処法と、自分が困った人にならない方法。

■相手にしないほうがいい人

僕も大抵のことには驚かないし、引かない自信はありますが、これはちょっと面倒だと思うこと。

kumaoyaji

ずばりそれは暇人の相手。


暇人というのは実に厄介です。

とにかくネガティブな話題で、火の無いところに自分で着火してうちわで扇ぎまくる。
そして火を消そうとしても消させてくれない。だって暇だから。

あれこれ難癖つけてきて、一つ一つ問題を解決しようとしても解決させてくれない。それでも解決しようとすると逆ギレ。

問題を解決したくないんです。だって暇だから。

とにかく炎上している。炎上の中心に自分がいる。そのことで自己重要感を高めたい。人を振り回していることで満足感を得たい。理由としてはそんなもん。

しかも暇だからやることに手が込んでいて、わざわざそこまでするかー?
と思うことでも平然とやる。

そういう人に引っかかったときの対処法はただ一つ。同じ土俵に上がらないことです。まともに取り合わないことです。

華麗にスルーしようとすると、それがまた気に食わないということで突っかかってくるもんです。

だから相手はするけど取り合わない。
適当に素っ頓狂な対応をして、あ、こいつには何言っても無駄だな。と諦めてもらうのが一番です。

正論振りかざして論破しようとするのも無駄。
だって暇人にとっては、そこで問題解決するのが目的ではなく、あれこれ言ってそのやりとりを引き伸ばすことが目的だから。

もし身近に、こういう人がいたらよく観察しみてみるといいですよ。その人は間違いなく暇だから。

とはいえ、単に暇だからというだけでなく、そこまで執拗に特定個人に対して突っかかってくる場合には、妬みや嫉妬はもちろんのこと、何かしらの恨みという場合も無きにしもあらずなので、そこは注意も必要ですが。

それと、もうちょっと大切な人とのやりとりの中では、暇だからというよりも、受容を求めてという場合もあるのでそのあたりはケースバイケースとしてご理解を

■動けば他人は気にならない

注意すべきなのは、その暇人が悪人かというとそうでもないということ。皆ごく普通の人なんです。むしろ良い人だったりもするんです。

実を言えば、誰でもがこの手の暇人になる可能性がある。
誰の心にも少なからずそういう隙がある。

だからここに書いてある暇人のことはそうそう笑えない。
無自覚に誰でもそうなる可能性のあることだから。

そうならないためには、暇にならないことです。無益な時間を過ごさないことです。

自分で価値ある目標を見つけて、それを達成することに集中していれば、他人への嫉妬心なんか芽生えませんよ。

目標達成のために行動していれば、他人にあれこれ言ってる暇なんかありませんよ。

とかく時間があって、行動もしないで視界が狭くなるから、他人のことにばっかりに目が向いて、ろくでもない言いがかりで他人にちょっかい出すようなことでしか自己表現ができなくなるんです。

何度も言ってますがね。
止まっちゃだめですよ。止まるから余計なこと考えるんです。

<参考過去記事>
立ち止まるから迷いが生まれる。迷ったときは今すぐやる。

もちろん冷静に計画を練るために、目的意識を持って止まることはありでしょう。
そういう理由もなく、ただ何となく止まったところで百害あって一利なしです。

そしてもう一つ。

他人に対して妬みの感情を抱いてしまっても、それで自分を責めたり卑下して考えないことです。それも無駄だから。
すぐに動き出せばそういう感情もなくなります。

とにもかくにも、設定した目標を達成するために動いていれば、余計なことで心がざわつくことなんてなくなるもんですわな(^。^)y-.。o○

他人のことを気にせず明確な目標の達成に集中するには

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
新潟・大阪・東京・名古屋・広島
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。