小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

クソ真面目に頑張るよりも、不真面目に肩の力を抜いて頑張るほうが、問題は解決できる

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

クソ真面目に頑張るよりも、不真面目に肩の力を抜いて頑張るほうが、問題は解決できる

■頑張ってるようで、実は頑張ってない

がんばってる俺かっけー。がんばってる私すごーい。でも結果が伴わないから自信がなくなる。泣きたくなる。心が折れる。

inufukurou

まあ泣きたきゃ泣けば。泣いて問題解決するならいくらでもどうぞ。


でも現実には泣いたって問題は解決しませんよ。泣いて許してくれるなら納期はいらない。支払期限なんかくそくらえ。

まあ泣けばすっきりしますしね。それで気分一新。新しい発想が生まれることもある。

<参考過去記事>
泣くから笑える。夜がくるから朝がくる。

とはいえ、まずは自分のことをちゃんと省みるのが先でしょう。

頑張りすぎとか言って自己憐憫に浸る前に、果たしてその頑張り方が正しかったのか。結果を出すための最適手段であったのか。

井の頭公園の池でカツオの一本釣りしようとしたってそりゃ無駄な努力。それで頑張って結果出なくて心が折れて泣くんだったら、まずは枕崎に行ってこいよと。

こんぼうでゴーレム倒せないと嘆く前に、まずはどうのつるぎぐらい買ってこいよと。レベル上げて金貯めてこいよと。

何かをやろうと意欲をもって行動できることは素晴らしい。でもそれによって得たい結果が得られないなら方法変えればいいだけでしょ。

だいたいね。自分頑張りすぎとか言ってるやつに限って実は何もしてねーから。頑張った気になってるだけですよ。
せいぜい頑張ってる自分でいることを頑張ってるくらいでしょう。

もし心当たりあるなら、少し考えてみたほうがいいですよ。

自分の今の取り組みは、求めている結果を得るための最適な方法なのだろうか。もし今の取り組み以外の方法があるとすればどんな方法があるだろうか。

そしてそもそも本当に自分はその結果を求めているのだろうか、と。

つまり頑張り方を見直してみるってことです。
手段方法は最適か、力のかけどころ、入れどころは最適か。予定どおりに進捗しているかどうか、と。

■手段ではなく結果にこだわる

要するにね。真面目でいい子ちゃんなんです。

自分で決めたこと、他人に決められたことに忠実に従っていて、それで結果が出るかどうかよりも、決まりに忠実であることを優先してしまっているんでしょう。

頑張ってる姿を示さないと他人から認めてもらえないと思うし、そういう自分でないと自分を認められない。

これをこの方法でやると言ったからやらなきゃ。こういうふうにやれと言われたからやらなきゃ。みたいな。

順序が違うでしょ。決めるのは得たい結果であって、手段はその次。だから得たい結果に合わない手段ならそれを変えればいいんです。

そこを見失うから、頑張ってる自分になることが目的化してしまう。だから結果が出なくて疲れるだけ。だからそんな自分を慰めるための文字通り自己憐憫に浸りたくなる。

うまくいってる人というのは往々にして良い意味で不真面目ですよ。

結果に対して真面目で誠実だけれでも、手段に対しては不真面目なんです。
だから昨日言ってることと今日やってることが違う。でも求める結果には誠実だから手段は変わっても筋は通ってる。

その上っ面だけみて軽薄と言う人もいるかもしれない。でも結果を出せればいいじゃないですか。誰のためでもない自分のため。そして自分が大切に思う誰かのためで。

やり方について他人がどうこう言おうが関係ない。自分が求める結果を得るための最適な方法であると、納得感があるかどうかが重要なんです。

もっと気楽でいいんじゃないですか。もっと不真面目でも。それに不真面目でも死ぬことないし。困ることありませんよ。

前段でも書いたように、行動を起こそうとする意欲は認めてあげていい。でもその意欲の使い方が誤っているのであれば修正するべきでしょう。

もちろん社会規範に照らし合わせて守らなければいけないことはある。でもその範疇を逸脱するようなことなんかありませんから。

本当の意味で頑張ってる人っつーのは、結果にこだわるために、柔軟な自分でもいられるよう自己修練をも頑張れる人のことなのでしょう(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。