小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

失敗したときに、どうすればいいか。最初に思っていたほど、困ったことは起こらない。

小川健次

引き寄せと目標設定の原理原則
小川健次
↑ 大阪 7/28(土) ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑






LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

失敗したときに、どうすればいいか。最初に思っていたほど、困ったことは起こらない。

命までとられるような失敗なんてない。

熟慮に熟慮に重ねた上で、選択肢はこれしかない、間違いなくこれだと思って決めてはみたものの、実際にフタを開けてみたら、まるで間違ってったなんてことはある。
小川健次Blog
時間をかけて周到な準備万端でスタートしてみたものの、実際に動き出してみたら、あっけなくコロっと失敗するなんてことだってありますよ。

いろんな人と出逢いつつ、慎重に相手を見極め、この人しかいない。そう思った相手と結婚したその数年後にはドロ沼の離婚調停。

当面の資金繰りからマーケティング戦略、仕入れ先に得意先まで、すべての状況環境整えて、起業独立したものの、その数か月後にはあっさり倒産。

一寸先は闇。未来のことなどどうなるかなんて誰もわからない。明日が今日と同じなんて保障はどこにもないし、誰もそんな保障はしてくれない。予測なんて外れるし、計画なんてのは不測の事態であっけなくひっくり返る。

僕も小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージを、よーしと思って配信してから、いろいろ間違いに気づくこともある。あ、それは単なる凡ミスか。

とはいえ、それで命まで取られることはない。確かに、失うものは少なくないかもしれない。心に大きな傷だって負うこともあるでしょう。でもね、死なないんです。そういう選択しない限りは命は残る。まだ終わりじゃない。

ならばやり直せばいいだけのこと。誤っていたことがあるならば、修正して次に活かせばいいだけのことですよ。

もちろん、完全なる失策になる前にだって、あれ?ちょっと違くね? と思うこともあるでしょう。ならばそこで軌道修正を図ればいいだけ。別の道に乗り換えればいいだけ。誤りに気付いてもそのままでいる必要ないわけだから。

失敗したらそれでおしまいさようなら。なんてこたぁないですよ。それまでの経験を次に活かせばいいだけ。経験値が積み上がっているだけ、前より上手くできる。次は良い結果を生み出せる。

一度走り始めたら、一度決めてしまったら、修正も訂正もできないことなんてないんです。おかしいな。こんなはずじゃないのにな。そう気づいたときに修正や訂正すれば、深手を負わなくて済む。

やり直しなんて何度もできる。軌道修正だってその場その都度すればいいだけ。失敗したらもう終わり、スタートしたら修正も訂正できない、そんなルールはどこにもないでしょ。あなたの心の中以外には。

その場そのときその瞬間は確かに凹む。涙を流す。でも大丈夫。そこで終わりじゃないから。時が過ぎれば過去の思い出の1ページにしか過ぎないんだから。

だからそんなマイルールは取っ払ったらいいんです。そんな決め事に従ったところで、得することなんか何もありませんわ。迷っていてもどうにもならない。迷っているならやるべきことをやればいいんです。

<参考過去記事>
迷ったときに、どうすればいいかの対処法。迷っていても、何も生み出せるものはない。

自分でつくったしがらみですよ。自分で作ったマイルール。単なる思い込み。気にしなくていいんです。再チャレンジも軌道修正もアリなんです。何度でも挑戦すればいい。あれ?と思ったら修正すればいい。

どうせ未来のことはわからない。ならば進みながら適宜修正すればいい。失敗だったならやり直せばいい。だからまずは進んでみる。やってみる。やらなきゃ何もわからない。

やり直しも修正も何度だってすればいい。

ちょっと冷静に考えれば結果が解り切ったようなことを、単なる思い付きの勢いだけでやるのは、そりゃアホですよ。少しだけ考えればいいだけだから。

一方で、未来に対して完璧ばかりを求めるのも、同じくアホでしょう。だって未来なんて常に流動的。不測の事態が起こる可能性がゼロになることはない。天変地異に遭遇することもあれば、交通事故に遭遇することだってある。

それにね。失敗したら最後、そこで終了さようなら。とあらかじめ考えてしまえば、そりゃ誰だって不安になる。怖くもなる。だから失敗の可能性がゼロになるまで、何もできなくなるし、思考もそこで止まってしまう。

動き出したら、もう修正不可能。その道しかない。そうやって自分を縛り付けるのも同じこと。細かいことばかりが気になって結局何もできない決められない。

ダメだったらやり直せばいいじゃないですか。再チャレンジできるんだから。うまくいかないなら途中で修正すればいい。いくらでも方向性の変更はできますよ。

何より、動けばそれが経験になる。その経験こそが財産でしょう。その積み重ねがあるから、紆余曲折があったとしても、最終的に求めているゴールに到達する原動力になる。そしてホントにゴールに到達できる。

仕事でも人間関係でも同じことですよ。

これ失敗したらもうダメだ。ってダメじゃないから。その経験を活かしてまたチャレンジできる。仮にそれで何か失うものがあっても、そこで得た経験は失ったもの以上に大きなものだから。次に必ず活かせるから。

この人と付き合って、うまくいかなかったらどうしよう。って、うまくいかなかったら、お別れすればいいだけでしょ。もしくは付き合い方変えればいいだけのこと。そこで迷っているうちにチャンスを逃すだけ。

どんなことでも、止まって考えれば考えるほどに、迷いと不安は大きくなる。どっかでエイヤっと動きだない限り、その迷いや不安は消えませんよ。むしろ執着してますます手放せなくなるだけ。

<参考過去記事>
手放すことを恐れるよりも、停滞することを恐れよう。重いだけの執着を手放せば、身軽になれて前進できる。

まあ、迷ってるのが好きならいいんです。失敗しない可能性について考える俺カッケー。不安に思う私可愛い。そんな自分が好きならそれも一つの選択。

でもね。どんな場合でもやり直しの効かないことなんかないんです。そりゃまったく同じシチュエーションってことはないでしょう。でもチャンスはまたある。だいたい失敗なんかみんなする。僕もするし、あなたもする。いいんですそれで。

軌道修正だってすりゃいいじゃないですか。状況なんて刻一刻と変わるもの。あのときそうだと思ったことが、今は違っていることだってある。そんときになって考えればいいんです。今考えたってわからないことはある。

ごちゃごちゃ考えているばかりより、まずやってみる。そして動いてみる。そうすと、最初に想っていたほど、困ったことになんかならないってことが、よくわかりますから(^。^)y-.。o○

失敗しても凹まないメンタルを養う、決定版講座
↓ ↓
早期割引実施中
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。