小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あの人を振り向かせる方法ではなく、あの人の役にたてる方法を考えると振り向いてもらえる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

あの人を振り向かせる方法ではなく、あの人の役にたてる方法を考えると振り向いてもらえる。

■ひとりよがりは相手にされない

ビジネス上の交渉事はもちろんですが、友人関係であれ恋愛であれ、自分が大切だと思う相手には、自分のほうに振り向いてもらいたい。

risutan

そりゃ想いを抱く相手には、想いを返して欲しいとはそりゃ誰でも思うもの。


だからと言ってあの手この手の説得術や交渉術を駆使したところで、うまくいくかといえばそういうもんでもないでしょう。

しかもそれが、その場しのぎの付け焼刃、どっかの誰かの受け売り。とにかく見せかけだけ、言葉だけだと、何の意味もない。いや、意味がないと言うより、むしろ害悪。何もしないほうがマシでしょう。

それに、上っつらの言葉一つで動いてしまうような軽率な相手だったら、逆にこちらもいまいち信用する気にはなれないし。

どうすれば相手に振り向いてもらえるのか、そんな方法を考えること自体が完全に相手都合じゃなく自己都合。

自分だけが、相手を振り向かせるという目標を達成することのみがテーマであって、相手のことなど考えていないから。つまりは相手のことなど二の次三の次。

だからそれが相手に伝わる。どんなに口では相手のことを考えているようなこと言ったところで、結局それって自分のためでしょ。あなたが満足したい。あなたの都合でしょ。

つまりは一人よがり。

<参考過去記事>
ひとりよがりの愛は誰も受け取らない

それで結局相手にされず。交渉決裂。振り向いてもらえずの、一人よがりの一人相撲。
そりゃ疲れて当たり前。ストレス感じて当たり前。

■純度の高い思いだからこそ伝わる

心から相手のためを思うなら、どうすればその人の役にたてるか、どうすればその人が喜ぶかを考えるのが先でしょう。

もちろん、そこに安っぽい下心があるようじゃ話しにならない。私心なく相手のことのみを考えて、相手の喜んでいる顔だけを想像できればそれでいいんです。

そこに自分都合がなければ、仮に報われなくても気にならない。私心なく純粋な想いだからその取り組みの質も高い。そして何より自分の力で誰かが喜んでくれたなら、それはそれで嬉しいじゃないですか。

一方で、心のどこかで電卓叩いて無駄な皮算用しようとするから、中途半端な妥協が生まれる。取り組みの質も下がるし、相手にも喜んでもらえない。おまけに報われないときたもんだから、そりゃもう目も当てられませんわ。

まあそもそも打算を交えて相手に振り向いてもらおうと考えるくらいだから、本当に大切だと思える相手じゃないのかもしれませんがね。そういう雰囲気が伝わっているんでしょう。

人間関係である以上、そこには交渉術やら説得術などの多少のスキルも有効でしょう。でもそれって結局は最後の風味付け程度のもんですよ。

素材が悪けりゃ意味がない。そしてここで言う素材は相手への想いであり、相手の役にたちたいという無私の思い。そしてその純度でしょう。

つまらない駆け引きに使っているエネルギーの何割かだけでも、純粋に相手が喜んでくれるであろう行動に振り分けてみたらどうですか。

交渉や説得がうまくいっているところや、相手が気持ちに応えてくれるところをイメージするよりも、あなたの無私の行動によって相手が笑顔で喜んでいるところをイメージするほうが、結果的に報われることになるもんです。

本当に大切だと思う人が笑顔になってくれるだけでも、モティベーションは飛躍的に高まりますしね(^。^)y-.。o○
この週末は大阪でお会いしましょう。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。