小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

正面から向き合って話し合えば解決できる。向き合わないからお互い疑心暗鬼になる。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

正面から向き合って話し合えば解決できる。向き合わないからお互い疑心暗鬼になる。

■言ったつもりでも伝わってない

お互いの意思疎通が図れているつもりでも、実は思っているほど通じあえていないことなどよくあること。

shirokuma

言葉や態度で示してみても、それ自体への解釈は自分と相手で違うもの。


にも関わらず些細な言葉や態度で伝えた気になってみたところで、実際には伝わってなんかいませんよ。

逆も同じこと。相手のちょっとした言葉や態度で、その人のことをわかった気でいてみても、実のところわかっちゃいませんよ。

それがどうでもいい相手のことなら、それこそどうでもいい。お互いを適当に理解したつもりになりながら適当な付き合いしてればいいんです。別にそれで実害あるわけじゃない。

一方で大切な相手であればそういうわけにはいかないでしょう。家族だろうが仕事だろうが、彼氏彼女だろうが友達だろうが大切な人との関係は適当じゃ困る。っつーか適当だったら大切じゃないし。

言ったつもり、話したつもりかどうかは関係ない。聞いたつもり、理解したつもりも関係ありませんよ。お互いがお互いの心のありようを全部じゃないにしても把握しているかどうか。

ちょっとした言葉や行動だけで、勝手に相手の思いを判断して、それが本当かどうかもわからないまま、不安だけが大きくなって疑心暗鬼になってみる。

軽く説明しただけで、相手が理解してくれてると判断して、それが本当に伝わっているかどうか確認しないまま、勝手に先走って痛い思いをしてみる。

全然理解し合えてない。さらに相互不信が強まって気付いたときには泥沼状態。可愛さ余って憎さ百倍。なぜかそうなる理由もわからないままさようなら。

<参考過去記事>
図解あり/人間関係の不安と心配は放置しとけば勝手に消える。自分で煽らないガソリン注がない。

結局のところ、相手とちゃんと向き合ってないんです。勝手に想像の世界の中だけで相手を判断。相手のことを理解しようとしていないんです。

■端折らず向き合う

その場の空気を読むとか、相手の気持ちを察して汲み取るということは重要です。それがなきゃコミュニケーションは成立しない。

とはいえ、過度に空気を読むことや、過度に察して汲み取ろうとするばかりじゃ、事実を見誤る。ここで言う事実というのは相手の本心。相手が心から望んでいることですよ。

聞きづらいこともあるかもしれない。聞くことで嫌われるかも。聞くことで弱みを見せるようでムカつく。まあいろいろ思いはあるでしょう。でもそれで妄想広げて疑心暗鬼になってコミュニケーションに支障が出るなら、失うものはもっと大きい。

同じように言いづらこともあるだろうし、言うことで嫌われるかもしれない。そう思うこともあるでしょう。でもいずれ言わなきゃいけない。いずれわかることなら、話がややこしくなる前に言うべきですよ。

そのタイミングがいつなのか。それだっていろいろですよ。でもタイミングを言い訳に、なんとなくで誤魔化している時間が長いほど、聞きたいことも言いたいことも言えなくなる。そのチャンスが失われていくものじゃないですか。

だからその場そのときだけ、向き合おうとすると向き合えない。日頃から日常的に向き合う習慣を作ることですよ。

つまりは、身も心も相手に向けて、言うべきことを言う。聞きたいことを聞くことです。コミュニケーションを中途半端に端折らないことです。

<参考過去記事>
ありがとう。愛してる。その一言で問題のほとんどは解決できる。

そこ端折るから問題解決しないまま、無駄に疑心暗鬼になる。無駄に不安になる。だから言わなくてもいいことを言わなくてもいいタイミングで言ったりして、簡単な話しがややこしくなる。

簡単で当たり前のことなんですがね。だからこそ忘れがちになる。あらためて見直してみるといいかもしれませんね(^。^)y-.。o○

真正面から端折らないコミュニケーションの方法。来週は名古屋でお会いしましょう。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。