小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛に理由は無い。理由がないから説明できない。説明できないから行動と結果で示すしかない。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

なんだかんだで、好き勝手にやりたい放題の小川メルマガ。引き続き好き勝手に配信中。基本的には僕のやりたい放題好き放題が前提なので、そういうのが苦手な方にはお薦めしませんが・・・。
小川健次メールマガジン
小川健次メール

というわけで本文へGO!

愛に理由は無い。理由がないから説明できない。説明できないから行動と結果で示すしかない。

■説明できないから伝わらない

いずれ遠い未来には、森羅万象この宇宙の成り立ちからその理由まで、すべてを科学的に説明できることにはなるかもしれない。

sleepneko

とはいえ、今この時点では、すべての出来事に理由をつけるのは、なかなか難しい。


特に人間関係というやつは、理由の説明できない理不尽さや不条理さの宝庫で、そのすべてに理由を求めるだけ疲れるだけ。だから考えても仕方のないことは華麗にスルーが一番。

同じように愛というやつも、その感情を抱く理由を説明しようとするのは無理でしょ。いや、それを脳科学的にとか、進化論的にどうこうという話しもあるのでしょうが、それは総論すぎるでここではスルー。

親が子に向ける愛情。それを説明なんかできませんよ。脳機能がどうのということじゃない、その感情を持つ本人が、なぜ自分の子に愛情を向けるのか説明しようとしても無理ですよ。

あれこれ理由を考えてみたところで、せいぜい、自分の子だから。家族だから。みたいな通り一編なもんでしょう。説明なんかできないし説明そのものが不要ですわ。

もちろん親子関係に限った話しじゃない。すべての人間関係の中に存在する「愛」の理由は説明できない。

だから相手を愛している理由について、言葉でどれくらい説明したところで、愛は完全に伝わりませんよ。そもそも納得できる説明なんかできないし。

「可愛い」「尊敬できる」「カッコいい」「眉毛が凛々しい」等々なんとなくの理由は言えるでしょう。それでも相手を心から納得させることはできない。つまりそれだけじゃ愛は受け入れてもらえない。

それに何より、そこであれこれ理由を考えはじめ、論理的に問題解決を図ろうとするから、話しがややこしくなる。筋道通せば理解し合える。ってそこに理屈は通用しない。

<参考過去記事>
結婚とは、愛によって結ばれた精神的な結びつきのこと

理由なんか必要ないんです。だから理屈なんてまったく無駄。むしろこの場合は邪魔なだけ。言ってしまえば心から愛しているか。心から愛されているか。それを感じることができるかどうかだけ。

■理屈の妥当性の有無ではなく感じるかどうか

結局のころこの記事のタイトルにもあるように、行動で示すしかありませんよ。どっかの誰かも言っていたように、愛とは行動。これすなわち真理でしょう。

だってそれで示すことしかできないもん。その愛の理由についてあれこれ述べたところで、説得力はないですよ。なんとなくその場凌ぎの言葉を紡いでいるだけで。

だからといって、何か大げさなことをしなきゃいけないかといえばそうじゃない。

だいたいそんな大袈裟なことしなきゃならない場面自体がほとんどない。ということは詰まるところ、毎日の生活の中での小さなことの積み重ねで示すしかないでしょ。

ちょっとした気遣い。何気ない気配り。相手を尊重し、相手を思う態度と行動。そして思いを伝える言葉。それを積み重ねて示すしかないんです。

そしてそこに理由を求めないことですよ。理由なんかないから。フッと我に帰って、なんで私こいつのためにこんなことやってんだろ?なんて考えても無駄。相手への愛。ただそれだけでいいじゃないですか。どうせ愛が冷めたら行動が止まるんだから。

同じように相手にもその理由を求めないことです。私のこと何で好きなの?私のどこが好き?とかマジうざい。と、思う人もいる。理由なんかどうでもいい。あえていうならそこに愛があるからで、それ以上もそれ以下もない。

愛を示したければ行動で示す。そして愛されていることを確認したければ相手の言動をみればいいだけ。

<参考過去記事>
図解あり/本当に愛していれば傷つけるようなことはしない。本当に愛されていれば傷つけられるようなことはされない。

そこであれこれ理由を考えない。感じるしかないんです。男女の問題に関わらず、友人関係でも仕事の仲間でも同じこと。お互いがそこで愛を感じ合えればいいんです。その関係から生み出される価値は無限大。

重要なことは理由じゃない。愛を感じることができるか。愛を感じてもらえることができるか。そして心からそう感じる自分に、根拠も理由もなく確信を抱けるかでしょうな(^。^)y-.。o○

「恋愛力を高める」講座など。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。