小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

ホッと安心できる心地よい人間関係をつくりたければ、まず相手が心地よくなれるように力を尽くせばいい。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

ホッと安心できる心地よい人間関係をつくりたければ、まず相手が心地よくなれるように力を尽くせばいい。

■自分の気分より相手を優先させる

誰だって心地良い環境にいたいもの。それが特に人間関係であれば、心地よい関係でいたいしホッとできる環境でいたいもの。

penguin

なんだか微妙。空気が思いし、心のどこかでミシミシと重しを乗せられているような音がする。どこか居心地悪いし、いたたまれない。そんな関係を好む人もいないでしょう。


だからこそ身近な人たちとの関わりは大切にしたい。身近な人たちとの関わりからはストレスではなく、心地良さを得たいと思うのは誰にとっても共通のことですわ。

とはいえ、それを相手や他人に求めたところで、手に入れられるかといえばそうでもない。いや、もちろん求めるのは悪くはないがそれだけじゃダメでしょ。

ストレスなく過ごしたい、心地良い関係を築きたい。あなたがそう思うように、相手だって思うもの。誰だってギスギスした関係なんか望まない。

だからお互いがお互いのことを気遣わなければ、そういう関係は成り立たない。お互いに相手のためを思う気持ちがなければ、心地良さなんか生まれないし、ホっとできる環境なんか手に入らない。

たまたま偶然のタイミングによって、そういう環境は生まれるかもしれない。でもそれはホントたまたま偶然そのときだけ。そのときホッとできたからといって、何もしなけりゃいつの間にか居心地悪くなるだけですわ。

その関係を維持しようとする、お互いの気遣いがあって、はじめて持続的な信頼関係が成立するわけでしょ。そしてそのための前提条件が、まずあなたが相手を気遣うことでしょ。

<参考過去記事>
好きになってもらう前提条件は、まず好きになること。ただしあくまで前提条件。

人はその場そのときその状況の気分からは逃れられない。しかし逃れられないからといって、気分に流されるだけならチビっ子と一緒ですよ。

ときに自分の気分をコントロールして、相手を慮り、相手の気持ちを先回りして考える。相手に心地良くいてほしい、ホッとしていて欲しい。そんな思いで相手のことを先に考えられる。その双方向の関係性が、お互いの居心地を良くするのでしょう。

■黄金律を実践する

双方向の関係ではありますがね。言うまでもなく、まずは自分がしてほしいと思うことは、まず他人にそうしてあげることですよ。まさにナポレオン・ヒルの黄金律。

先にも言ったように、あなたが相手に居心地の良さを提供する。相手がホッとして余裕が生まれる。だからあなたに居心地の良さを提供しようと思うんです。

それはなにも場所や物という意味だけじゃない。言葉はもちろん、ちょっとした気遣い。ささいな気配り。あなたに居心地よくなってもらいたいという、押しつけじゃない自然な心の現れ。

高級ソファーや美味いお菓子もそりゃホッとしますが、そういうもんがすべてじゃないでしょ。あなたから自然にかもしだされる、相手を思う気持ちにホッとできたり、居心地良くなったりするもんじゃないですか。

それは、軽いおはようの挨拶かもしれないし、笑顔かもしれない。それこそ相手の心中を察して、あえて一緒に無言でいてあげられるくらいの気配りなのかもしれない。何でもいいんです。そりゃときと場合次第だから。

何よりもまず、自分からそうしてあげることが大切でしょ。
だからこそ相手にも大切にされるし、それが結果的に双方向での信頼関係になるし、お互いがホッとできる心地良い関係になれる。

男女の関係に限らずですよ、それが仕事仲間だろうが飲み仲間だろうが。もちろん上司部下だろうが、まずは自分が相手の気持ちを汲み取って、相手に与えることですよ。誰かと心地良い関係を築きたいのであれば。

その一方で、ときに喧嘩上等、衝突必至でやり合わなきゃいけない関係ってのもあったりするので、それはそれでバランスの問題。

<参考過去記事>
衝突を恐れるな。やり方を理解し合えなくても、志を理解し合えていれば、強い絆で結ばれた関係性は揺るがない。

いずれにしても、まずは相手を信じて、自らすすんで相手に価値を提供することができれば、途中はどうであれ、結果的にはホッとできる環境が手に入るのでしょうな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。