小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分を信じて手放せば、想いが届くときがくる。他人からの評価より、自分が納得できる選択をしよう。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

自分を信じて手放せば、想いが届くときがくる。他人からの評価より、自分が納得できる選択をしよう。

■他人からの評価に大した意味はない

もの良し悪しや、好き嫌い、いわゆる評価なんてのは、その場そのときその状況、評価する人、その人の気分や機嫌で変わるもの。
小川健次Blog
そもそも絶対的な評価なんてないんです。基準とする何かと比べて良いか悪いか。好きか嫌いか。そこに人の感情まで加われば、「正しい評価」なんてものはこの世に存在しないってことがわるでしょう。

人は時代のパラダイムからも、感情からも逃れることはできないんです。評価ってのは、あくまでも、ある一瞬、ある限られた世界の中での基準でしかない。

ってことは、あなたが誰にどう評価されたかなんて、まったく気にする必要はないってことですよ。一喜一憂する必要なんてないんです。だってそれって、絶対じゃないんだもん。その場そのときその瞬間に、その気分のその人がそう評価しただけのこと。

ときと場合、人や人の気分が変われば、また違う評価になるんです。そんなもんです。バカバカしいと思うけど、他人からの評価なんてそんなもん。

昔は誰も見向きもしなかったアートでも、時を経ていつの間にやら皆が賞賛することになってる場合がある。出版社の編集者にボロクソ言われた小説も、他の出版社に持って言ったら絶賛評価で、すぐ出版、そしてベストセラー。なんてことだってよくあることですよ。

最初はこの眉毛野郎ムカつくなー、と、イラつきながら読んでいた僕の小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージも、今じゃもう、この眉毛の人が好きすぎて抱かれたい! と思うこともあるでしょ。え? あるわけない?

うん、まあ、それはいいとして、もし、あなたが素晴らしい結果を出しているのに、誰にも評価されなくても気にしないことですよ。大切なあの人のために、力を尽くしているのにスルーされても落ち込まないことです。

今は評価されるタイミングじゃなかっただけだから。たまたまあの人の心が、そういう気分じゃなかっただけのことだから。別にあなたが否定されているワケじゃない。あなたがダメなんじゃないんです。今がそうなだけ。たまたまそういう評価なだけなんだから。

それにね、あなたをどう評価するかも、それは相手の選択。仮にそれが別れにつながる結果になったとしても、それは今がそうだっただけ。それを受け入れるから、その先の可能性も生まれるってもんでしょう。

<参考過去記事>
本当に愛しているなら、別れることも受け入れよう。相手の選択を尊重すれば、復縁も新たなご縁も引き寄せる。

それでも、あなたがホントに力を尽くしているのなら、ホントに見返りへの期待に執着せずに、あの人の力になっているなら、いつかそれをわかってもらえるときがくる。いつか誰かがあなたを評価してくれる。想いは必ず届く。これホント。

■信じて手放せば、想いが届くときがくる。

その場そのときその状況や、その人に評価してもらえないことであっても、状況や環境、そしてタイミングや人によってその評価の中身はガラリと変わるなんて、よくあること。

だいたいね、他人なんてのは無責任なもんですよ。あなたの苦労やあなたの想いなんか気にすることなく、その場そのときの気分と思い付きで、好き勝手なこと言うんです。別に悪気があるわけじゃない。そういうもんなんです。なた、そんなもんに振り回されんのはバカバカしいでしょ。

もちろん、他人からの評価のすべてに意味がないかと言えば、そうじゃない。他人からの評価は、その場そのときのあなたの立ち位置を知る上では、役にたつことはあるでしょう。その時点でその人があなたをどう見ているかを、知ることだってできる。

だから他人からの評価の全てをスルー必要はないですよ。冷静かつ謙虚に耳を傾け、参考にできることは参考にすればいい。

とはいえ、それはあくまでも参考程度。最後の最後は、他人がどう評価するかではなく、あなた自身が力を尽くせたか、やり切れたか、納得感を抱けたかどうか。最後の評価基準はあなた自身。

不確定要素の多すぎる、他人からの評価を気にしているから、自分のやるべきことがわからなくなる。自分が何を求めているのかがわからなくなる。他人の一言であっちいったりこっちいったり、右往左往で無駄に疲れる。あの人からメールの返信があるかないかで一喜一憂。

他人からの評価に執着しないことです。評価されることを期待しないことです。手放すことですよ。まずはあなた自身が心から納得できることをやる。まず話しはそれから。

すると淡々と、自分で決めた道を歩んでいくことができる。些細なことで心が折れたり、どうでもいいことで右往左往しない。常に結果を残す人ってそうでしょ。周囲の雑音よりも自分の心の声に素直ですよ。自分に対してストイック。他人の意見や評価は参考程度。最後は自分を信じてる。

今わかってもらえないときは、わかってもらえない。今ご縁がない人とは今は無理なんです。でもね、淡々とやり続ければ、評価してもらえるときはくる。ご縁があれば、あなたが力を尽くしていたことが報われるときだってくるんです。

<参考過去記事>
ご縁があれば結ばれるから、今ダメな関係への執着は手放そう。本当に必要ならまた手に入るから、切って捨てても大丈夫。

まあ、それでも現実にはそこまでやっても評価されないこともあるでしょうし、伝わらない想いもありますよ。でもホントにそこまでやってれば、どこかであなたを評価してくれる人が現れる。あなたの想いを受け止めてくれる人を引き寄せる。僕たちは差し出した代償分の報酬を受け取れる。

仮に今誰からも評価されなくても、凹まないことです。想いが伝わらなくても、落ち込まないことです。必ず評価されるときも伝わるときもくるから。そう信じることです。見返りに期待しない。執着しない。知ったことか!と、で手放してしまえば、ホントにそういうときがきますから(^。^)y-.。o○

【2017年を振り返つつ、2018年へのモチベーションを高める】

忘年会&交流会2017
小川健次Blog

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。