小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

別れそうなときほど、執着を手放したほうがいい理由。中途半端に守るより、リセットする覚悟を持てばうまくいく。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京12月 福岡01月↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 02月 ↑


小川健次/忘年会
小川健次
12月/大阪・東京


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2018/11/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第2回

その「女子力」は間違ってます!ダメ男につかまりたくない、フラれたくないなら、磨くべきは……?

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

別れそうなときほど、執着を手放したほうがいい理由。中途半端に守るより、リセットする覚悟を持てばうまくいく。

リセットする覚悟が関係を深くする。

いくら意見を出し合って、腹を割って話してみても、未来永劫お互いにわかり合えない、理解し合えないことはある。
小川健次Blog
人生いろいろ価値観いろいろ。そもそもの人生観が違っていれば、どうやったって、合わないことなんてのはありますよ。

それでもお互い、なんとなくでも共有し合える志や、妥協し合えるものが見つかって、そのお互いにとっての付加価値が付加価値が生み出せるなら、その関係には意味がある。

その一方で、何も生み出せない、今後生み出せる気配や可能性さえ感じられない、そんな関係もありますわ。お互いが同じ時間と空間を過ごす価値なんかない。それこそ意味さえよくわからない。

すでに冷え切った関係だったり、お互いのすれ違いが複雑に折り重なって、修復不可能な状態だったりしてるのに、いつか何とかなるかもしれない、一緒にいればいつかその関係が元に戻るかもしれない。

これまで一緒にいたから。気心知れて楽と言えば楽だし。惰性と馴れ合いであることはわかってる。自分にとっても相手にとっても、いつかそのうち明るい未来が訪れるかもしれない。そんな淡い期待を持って、ダラダラと関係だけを引き延ばす。

もちろん、関係が続いていれば、可能性はゼロじゃない。いつかそのうち、道が開けるかもしれないし、いつかそのうちに、お互いの関係が良くなるかもしれない。うん。はい。10億円の宝くじに10億回連続で当たるくらいに、運が良ければ。

あのね、そんな不確定でよくわからない運だとか、極めて低確率な可能性に掛けるだけ時間の無駄。だいたい、そうやって自分でどうにかしようとせず、運任せで流されるだけの付き合いだから、そういう関係になってるんでしょ。

ならばもう開き直っていい。リセットするんです。そんな関係、いつまでもダラダラ引っ張ることもない。はい。今すぐ終了。そこでさようなら。

と言っても、ホントにさよならする必要もないし、永遠に会うことを辞めましょうということじゃない。いやまあ、そうしたほうがいい場合もあるのでしょうが、今日の話しはそこまでじゃない。

心の中でいいんです。一回お別れ。さようなら。もう一回ゼロベースでお付き合いをし直せばいい。よそよそしい他人の関係からやり直し。

中途半端にこれまで積み上げてきた関係を守ろうとするから、言いたいことも言えなくなる。本音で想いを話し合えないから、お互いの未来についてクリエイティブなイメージが描けない。ただ関係を継続することそのものが目的になってるんです。

その現状維持に対する執着を手放してしまえばいい。もう知ーらないっ。もうどうにでーもなーれっ。というくらいのつもりで心をフラットにして、ゼロベースで相手と真正面から向き合ってみる。復縁にしたって同じことですよ。まず執着を手放す。

<参考過去記事>
復縁への期待を手放すと、大切なあの人を引き寄せる。復縁への期待に執着していると、大切なあの人が遠ざかる。

まったくのゼロからの状態だとしても、この人ともう一度同じ時間と空間を過ごしながら、人生を積み上げていきたいと思うか。そう思うなら、お互いがどんな付き合い方をすればいいのか。本音で向き合って考えてみるんです。

すでに別れそうな関係。どうせ放っておいても何も生まれない関係なら、まっさらゼロになる覚悟で、執着を手放してしまえばいいじゃないですか。それでダメになったなら、そりゃダメになる関係だったということ。それがわかって良かったね。

別れそうなときほど手放そう

今まで使った時間。今までやってきたこと。積み上げてきたこと。そうして出来た今の関係。良いことも悪いこともあるけれど、今までの思いでもあるし、少なくも今関係が切れてるわけでもない。それをエイヤっっと無かったことにするのも、なかなかしんどい。

頭じゃ理解していても、なかなかゼロベースにできないし、その関係に執着したまま手放せずに執着して、ダラダラ流されるだけ。結局それの繰り返し。

それなら、いっそのこと物理的に距離を開けてしまうことです。コミュニケーションの頻度を減らす。関わりを少なくする。お互いの存在を遠くする。

言ってみれば冷却期間。そうすりゃもっと冷静に見れる。それこそリアルに俯瞰で見える。今までの付き合い方、関わりを通じてあなたは何を得て、相手に何を与えられたのか。そして今の延長での未来はどうか。

そして大事なことは、距離を開けることで、あなたがその人をホントに必要としているか、相手は自分を必要としているかを考えることですよ。

寂しさ紛らわせるための馴れ合い目的ではなく、お互いが共通に想い描く未来を実現するために、お互いがお互いを大切な存在だと思えるかどうか。あえて距離を開けてみれば再確認できるというもの。

それでお互いが必要だと再認識できたなら、またゼロベースでやり直せばいい。そうじゃなきゃそのままフェードアウト。それだけのこと。

いいじゃないですか。どうせ行き詰ってる関係ですよ。なんだかモヤモヤしてて納得できてない関係でしょ。ならいっそのこと開き直ってしまうんです。リセットしてゼロベースにする覚悟で開き直れば、活路が開けることもある。

ホントにその人が大切で、ともに未来のことも考えたい。そう思うなら、なおさらのこと距離を開けてみる。冷却期間をつくることですよ。

<参考過去記事>
冷却期間をつくれば、またやり直せることもある。大切な人だからこそ、距離を開ける勇気を出そう。

執着心を手放してしまえば、恐れも不安もない。新しい発想も拡がる。視界も広がる。だから思い切ったこともできるし、相手と本音で向き合える。結果良ければそれで良し。悪かったとしても別の道を歩む決断の機会になる。

お互いの関係がこれでいいのかと迷う、未来に明るい兆しが見えない。そんなときは小手先で何とかしようとしても逆に苦しいだけ。ならば現状への執着を手放して、リセット覚悟で開き直ってみる。すると可能性が拡がることもありますわな(^。^)y-.。o○

恋愛での苦しみから解放される、個別セッション
↓ ↓
恋愛力UP実践プログラム
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。