小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

図解あり/他人から弱点を指摘されても落ち込むことはない。その指摘から価値を見出せなければ華麗にスルー。





早期申込割引実施中
小川健次グループセッション
↑↑大阪1月 東京2月↑↑


小川健次による個別セッション
小川健次
↑ 面会もしくは通話で可能 ↑

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

図解あり/他人から弱点を指摘されても落ち込むことはない。その指摘から価値を見出せなければ華麗にスルー。

■その指摘にどんな価値があるか

他人というのはそれが心からの善意であったとしても、無責任にあれやこれやと言ってくるものです。

pig

そしてどれが時に正論であったり、自分の弱い部分に対してグサっとくる内容だったりするから始末が悪い。


いやまあ、それはそれでいいんです。正論なら正論で、グサッとくる話しならグサッとくるで。それでいいじゃないですか。それで終了。だから何?

ここで重要なことは、他人からのその言葉や指摘が、あなたの設定した目標に対してや、望む結果に対してどれだけの意味があって、どれだけの価値があるかということでしょうよ。

弱点つかれてグサっと来た。いやホントそのとうりやわー。マジで心が痛い。

って、そう思うのもいいでしょう。でもそれってホントに痛いこと? つかれた弱点は確かにそのとーりかもしれない。でもそれで困ることって何でしょう?

お前は走るのが遅いんじゃ。はい確かにそうです。でも別に陸上選手を目指してるワケじゃないし、マラソンを趣味にしているわけでもないし。

お前は気が短すぎるんじゃ。ええ。そうですよ。でも別に気長に待つ仕事をしたいわけじゃないし、あれこれいろいろやり続けたいんだけだから。

お前はのんびりしすぎじゃ。そうねえ。でも別にのんび生きていたいし、それで今は困ることもなければ、それを望んでいるわけだし。

一般的に欠点と言われるような点を指摘されると、ついそれを真に受けて、それ自体が自分にとって大きなマイナスであるかのような錯覚に陥ることはある。でも気にしないことですよ。それ間違いなく錯覚だから。

小川健次

だって仮に欠点だとしたって、欠点のないヤツなんかいませんよ。欠点だからなんだ。それがどうした。だったらなんだ。

とはいえ、ホントは自分でも問題だと思っていることを指摘され、それから目を背けて見て見ぬフリするんだったら、それはそれでまた難ありですがね。

<参考過去記事>
問題は直視してすぐに向き合えば解決できる。見て見ぬフリは解決をより困難にする。

繰り返しますが、重要なことは、その欠点が自分の求めている結果に対してマイナスに作用しているかどうかだけ。

■自分軸があればブレない

もちろん、その他人からの指摘が、確かに自分の求めている結果に対して、マイナスに作用していることであれば、適切なアドバイスに感謝して修正すればいいだけのこと。

それと、今の時点で自分にマイナスじゃないにしても、誰かに迷惑かけてることなら、それは改めればいいだけのこと。それはむしろ社会人としてというレベルの話し。

そうでもないのに、いちいち人に何を指摘されたとか、指摘されるということは直さなきゃいけないとか考えはじめて、本来ある自分の長所を自分で潰しにかかる。潰さないまでも余計なことにエネルギー浪費して、余計な足踏み。時間の無駄。

まあそもそも自分が何を求めているかがはっきりしていれば、そうそう他人の意見や指摘に右往左往することもないんですがね。

だって思考と行動の基準がブレないので、それが自分にとっての弱点への指摘であろうと、それがいわゆる正論に聞こえるような言葉であろうと関係ない。

だから返す言葉は
uruse

・・・だと、さすがに殴り合いになること必至なので、ここは大人の対応華麗にスルー。

それに、どうでもいいようなことで相手の顔色うかがって、とらなくてもいいご機嫌取ろうとするから、スルーしときゃいいような話しまで真に受けて、無駄に頭を悩ませてクヨクヨするんです。

<参考過去記事>
好かれようとして偽りの自分を演じたところで嫌われる。自然体でいることを好きでいてくれる人がいればいいでしょ。

いくらそれが親しい人からの善意の言葉であれ、言われてみりゃ確かに自分にとっての弱点だと思うことであれ、それが自分にとっては、まっったく気にする必要のないことなんか、いくらでもあるはずでしょう。

そういうのはいちいち気にせず華麗にスルー。

他人からの指摘が正確かどうかは関係ないんです。その指摘が自分に価値があるかどうかのみに意味があるんですから(^。^)y-.。o○

7月までの予定の確定分を更新しました。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。