小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

楽しくないことを楽しくしようとするよりも、楽しくないことを素早く片付けて楽しいことをすればいい。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第142回

コロナ禍で増加するアラサー女子の「ゲーム感覚不倫」。その大きな代償。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

<お知らせ>引き続きのブログ本編の話題を中心にしながら、ちょっとと違った切り口で、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。

【無料/小川健次メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール

楽しくないことを楽しくしようとするよりも、楽しくないことを素早く片付けて楽しいことをすればいい。

■つまらないことはつまらない

世の中いろいろなことがある。楽しいこともあれば笑えることもあるし、しんどくて辛いことだってあるでしょう。

hamubura

そのすべてを、四六時中いつでもどこでも心から楽しいと思える人はいませんよ。いたらいたでそれちょっとヤヴァい。


仕事にしたって家庭環境にしたって、それこそ友達関係や恋愛関係でさえ、楽しいこともあればそうじゃないことがあるものですよ。

そもそも楽しくないことがあるから、楽しいことが楽しいと思えるわけで、悲しみがあるから喜びもあるのでしょう。

全部が全部楽しいことなら、節子、それ楽しいことやない。フツーのことや。

setsuko

にも関わらず、何でもかんでもすべてを楽しく考えようと思うから、なんだかよくわからないストレスになる。楽しくないからといって、中途半端に問題から目を背けたり、問題を投げ出したりしてしまうことになるんです。

すべてを楽しく考える。それがポジティブ!を曲解すると、そういう考えもありかもしれませんがね。でも大事な人が死んで楽しくいられるか。好きな相手にフられて喜べるのか。仕事で重大なミスをして笑っていられるか。

不可抗力だったとしても、僕たちは楽しくない事態に直面することはある。楽しくなくても乗り越えなきゃいけないこと、楽しくなくてもやらなきゃいけないことはある。

それを無理矢理に楽しくなんかはできないでしょ。できたとしても、それ本心じゃないでしょ。無理矢理自分に嘘ついて誤魔化してるだけで。

つまんねーもんはつまんねー、しんどいことはしんどいでいいじゃないですか。それをまず受け入れる。そして認めることからスタートですよ。

面白くもないギャグを目の前でさんざんやられて、それを笑えって言われるのはまあ拷問でしょ。それ。

<参考過去記事>
図解あり/泣いたり凹んだりするのも積極的な心構えには欠かせない

まずはそこにある現実を受け容れるから、その次へのステップに進めるってもんです。

■楽しくないその先にあるもの。

楽しくないことはある。しんどいこともあれば、全然笑えないギャグもある。

そのすべてをゼロにすることは、すなわち無駄な努力というやつで、そんなこと考えてる暇があるなら、目の前にある楽しくないことに、とっとと取り組んで素早く片づけたほうが話し早い。

楽しくないことは楽しくない。それでいいんです。

だから、その楽しくないことを乗り越えた先に、どんな楽しいことがあるかをイメージすればいいだけのこと。そこにモティベーションの焦点を合わせればいいだけのこと。

目先の損得、その場が楽しいかどうかでのみ考えようとすると、結局は場当たり的になる。大事なことはその先に何があるか。その先に何を見出しているかでしょう。

もちろん判断に迷うこと、先のことを考えてみても不透明でよくわからないことであれば、それこそ楽しいかどうかの基準で決めるべき。というよりその場合はそれ以外の判断基準がないし。

そしてもう一つ。それが楽しいことであれ、楽しくないことであれ、何かに取り組むということは、そこに必ず意味がある。それを見出すことですよ。

どうすれば楽しいかとか、何が楽しいかなんてことあれこれ考えているより、それが自分にどんな意味があるか、その先に何が待っているかを考えたほうが、よっぽど生産的でしょうに。

<参考過去記事>
つらくてしんどいことがあっても、そこに意味を見出せれば前を向ける。

楽しくないことでも、まずは取り組む。そして楽しくなければないなりに、とっととやっつけて次に行けばいいんです。そしたら次にある楽しいことあればやればいいんです。

考えてもしょうもないこと、あれこれごちゃごちゃ考えてても無駄だから。

その繰り返しを後になって全体で見通してみると、総じて楽しかった、と言えるようになるのでしょうな(^。^)y-.。o○

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。