小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

相手の世界観を認められれば、人間関係は楽しくなる。自分の世界観を押し付けようとすれば、人間関係にくたびれる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/10/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第103回

のめり込んだら人生台無し!サイコパス男子から逃れるためには?

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

相手の世界観を認められれば、人間関係は楽しくなる。自分の世界観を押し付けようとすれば、人間関係にくたびれる。

■どんなに近くて親しい相手でも他人は他人

同じものでも、それを見ている人によって、そこにあるものは全然違うものになる。

torafutago

子豚ちゃん可愛い~♪ と喜ぶ人がいる一方で、美味しそう~♪ とヨダレ垂らす人もいるもんです。


同じように、あなたにとって、何でこんなヒドイ仕打ちをするのかしら。と思うことでも、相手にしてみりゃ精一杯の親切だったりすることだってある。

みんな持ってる世界は違うんです。生きてきた環境が違うし、今置かれている立場も違う。物事への価値観もみな違っているもの。そのどれが良くてどれが悪くてということじゃない。みんな違ってみんないい。

親子であろうが夫婦であろうが、上司部下だろうが彼氏彼女だろうが、それぞれみな異なる人間。それぞれがそれぞれの世界観の中で生きている。

にも関わらず、ときどきそれを忘れるから、つまらないトラブルになる。感じなくてもいいストレスを感じるようになるんです。自分の世界観を勝手に相手に強要し、相手を自分と同一視してしまうんです。

相手が自分の思ったとおりの対応してくれない。自分の期待したとおりの返事をしてくれない。好みを合わせてくれない等々。

あのね。別に相手はあなたのコピーじゃないから。どんなに近くて親しい相手でも、その人にはその人の考えと世界観があるわけだから。

<参考過去記事>
相手も同じだと思うからストレスになる。みんな違うことを認めればストレスから解放される。

どんなに近くて親しい間でも、相手の世界観は尊重するんです。相手と自分は違うということを認めて、それを忘れなければいいんです。

それ忘れるから些細なことで大ゲンカ。本意じゃないのに、大切な相手とお互いで傷つけ合って、ボロボロになって、気づいたときにはそして誰もいなくなった。

■世界観を認めるからストレスがなくなる

嫌いな相手のことだって同じですよ。それは単にあなたの世界観とその人の世界観とが、相容れないだけのこと。だから好きになる必要はなくても、その世界観まで否定する必要はない。

あーそうなんだ。この人はそういう人なのね。自分とは合わないからまあいっか。で終わりですよ。別にそれ以上もそれ以下もない。

まあそれでも、実利的な面で協力できることは協力すればいい。嫌いな相手であっても、まずは相手のことを認められていれば、それはお互いが割り切って協力しあえるものですよ。

一方で、ただ嫌いというだけで、その人の世界観まで完全否定。自分と合わない理由を感情的にあれこれあげつらっているだけだと、それこそストレス溜まるだけでしょ。すると相手もストレスになるし、お互いの嫌いエネルギーが増幅されるだけ。

別に博愛主義者である必要もないでしょ。好きな人のことは好きだし。嫌いな人は嫌いですわ。そりゃ人間誰だって合う相手もいれば合わない相手もいるものですよ。

ただそれはそれとしても、相手の世界観は認めることです。そして自分の世界観を押し付けようとしないことです。その上で合うか合わないかの判断していれば、あの人がどうの、この人がどうのと、余計なストレス感じなくなる。

まあ誰だって、自分の世界観を否定されて、相手の価値観押し付けられりゃ、そりゃいい気分はしないでしょう。そういう意味での距離感の機微はコミュニケーションでは重要ですし。

<参考過去記事>
図解あり/心地良い距離感を保てる相手は信頼できる。心地良い距離感が崩れると信頼関係も崩れる

そういや人間の根源的な欲求の一つに「自己承認」ってのがありますが、誰であれ人に認められたいという欲求がある。

その欲求をお互いが満たし合えるような、もしくはその欲求をお互いが邪険にしないような、人間関係を築ければ、人との関わりの中で生まれるストレスってのは、あまり感じなくなるものですわな(^。^)y-.。o○

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。