小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

信じる想いが大切な人との関係を深める。信じて素直になれると、お互いが心地よくなれる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第153回

恋愛経験ゼロのアラサー女子が「趣味優先」な彼との初交際で、我慢できなかったこと。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                               
地域・開催日 内容
仙台 2021/10/30(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
福岡 2021/11/06(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2021/11/13(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

信じる想いが大切な人との関係を深める。信じて素直になれると、お互いが心地よくなれる。

■信じて自己を明け渡す

信じてさえいればそれでいいかといえば、そんなことはありませんわな。

kumaoyako

信じているに相応しい言動であること、そして信じていることを、相手に伝える努力は惜しまないということくらいは必要ですよ。その前提で今日のタイトル。


なので信じてると言ってみたところで、それが心から信じていることなのか。ただ何となくそう思っているだけなのかによって関係は全然違う。

ホントは相手のことで知りたいことがあるのに、そこに触れることでギクシャクするのが怖いから、藪蛇になるのがイヤだから、とりあえず信じてるという言葉で自分を偽る。

心から信じているなら、そんな不安は感じませんよ。だから聞きたいことは聞く。フタを開けてみなきゃいけないことはフタを開けてみるんです。どうせそこには何もない。心から信じていれば全然平気。

まあそこで、万一変なモンが出てきてしまったのなら、それはそれで信じた自分が馬鹿だったと。その場反省してさようなら。次の出逢いにエネルギーを向ければいいだけのことでしょう。

言ってみれば、信じるとは自己を明け渡すこと。あらゆる疑念や不安を無くして相手に委ねてしまうこと。

もちろん、それでも主体性は失わない。自分は自分。相手は相手。自分というパーソナリティは失わないけど、相手のパーソナリティを尊重して委ねる。

<参考過去記事>
駆け引きをやめて相手に明け渡してしまえば、身も心も軽くなり恋愛もビジネスもうまくいく。

つまりは素直になるということ。自分が相手を思う気持ちに。そこに余計なあれこれは考えない。大切な相手なら大切。だから信じる。その思いが関係を深めていくということでしょう。

■信じれば信じてもらえる

結局のところ、疑うから疑われる。信用しないから信用されない。お互いがそうだから言葉の一つ一つに対して余計な深読みするし、だから誤解が生まれる。だから些細なことで喧嘩して、些細なことでさようなら。

いいじゃないですか。その人が大切なら大切で。その人のことが好きなら好きで。その想いにどう応えるかはその人しか決められない。あなたは決められないんです。だからお任せ。素直な気持ちで明け渡す。

そこに駆け引きは必要ないんです。だから相手も素直な気持ちでそれを受け止められる。素直に駆け引き無しで向き合ってくれるんです。

信頼関係ってその積み重ねでしかないですよ。計算と駆け引きで出来上がった関係なんて、表面をつくろってるだけでお互い疲れる。そして疲れがピークに達したところでドカンと爆発。

とはいえ何でもかんでも、素直であればいいかとえば、それもバランスの問題でしょう。誰だって入ってきてほしくない心の領域はある。関わってほしくないと思うことはある。

<参考過去記事>
図解あり/心地良い距離感を保てる相手は信頼できる。心地良い距離感が崩れると信頼関係も崩れる

冒頭でも言ったように、信じているならそれを言葉と態度で示すこと。つまりその人に対しては素直でいることですよ。そこで下らない駆け引きは必要ないから。もちろん常識の範囲内で。

信じている、その言葉を免罪符に、言葉にしない、態度に出さないというのは、信じていない証拠ですよ。自分を明け渡してないんだもん。

まあそれで結果的に傷つくこともあるかもしれないし、結果的に泣くことになるかもしれませんがね。そんときゃいつものとおり、泣いて酒飲んで寝ればいいだけのこと。

それに何より、大切だと思う人の前では、素直でいられるってのは、お互い一番心地いいってもんでしょう(^。^)y-.。o○

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。