小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

相手との接し方と付き合い方を、少し変えれば心地よくなる。相手が変わることを期待すればストレスになる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

相手との接し方と付き合い方を少し変えれば心地よくなる。相手が変わることを期待すればストレスになる。

■他人の態度は自分の心の鏡

自分と他人は違うもの。それは家族だろうが友人知人だろうが同じこと。相手は自分じゃない以上、好きにすることなんてできやしない。

小川健次Blog

にも関わらず、心のどこかで相手を自分の思い通りにしたいと思ってしまう。相手の心のありかを無視して、自分の都合を基準に、考えを押し付けてしまう。


そして思い通りにならないからイライラする。勝手に期待してそのとおりにならないから、なぜかその責任をその相手に押し付ける。

相手にしてみりゃ、よくわからないうちに、なぜか勝手にイライラされるわ怒られる。なんだか面倒くさい相手に絡まれた気分にしかなりませんよ。それが積り積もればどこかで爆発。BAD ENDでさようなら。

他人は他人。自分は自分。まずその前提は忘れちゃいけないでしょう。どんなに近い相手でも、相手と自分はそれぞれ違うパーソナリティを持った別人ってことを。

だから自分の考えを相手に押し付けることも、相手の心を支配しようとすることも、結果的には百害あって一利なし。

ならばその人との関わり方を考えればいいだけのこと。

会う時間や場所、会話内容などの物理的な方法はもちろんのこと、必要に応じて、その人とあなたとの関係から、どんな価値を生み出したいのかという、期待する成果についてまで。簡単に言えば付き合い方そのものを考えるってことでしょうな。

<参考過去記事>
図解あり/心地良い距離感を保てる相手は信頼できる。心地良い距離感が崩れると信頼関係も崩れる

すると、今まで見えていなかった、相手の違うパーソナリティが見えてくる。あ、この人こういう一面もあったのね。こういう考えを持ってたりもするのね。そこに気づくから自然に相手に対する感情も変わってくる。

そうやって余裕のある接し方に変われば、必然的に相手もそれに応じた接し方になってくる。だから心地よい人間関係ができるもの。結局のことろ他人の態度は自分の心の鏡でしかない。

■手放せばイライラから解放される

だからまずは、相手に期待をしないこと。それは相手の人間性を、あるがままに認めるということ。

相手のパーソナリティを直視する。それが自分にとって期待したいことに適合するかどうかはこの際関係ない。良いも悪いも含めてその人がどんな人であるかを知ること、知ろうとすること。

この人はこういう人なのね。それで納得。それ以上もそれ以下もない。期待もしないし望みもしない。その人はあくまでもその人であってあなたの分身じゃない。

その上で、その人とどういう関わり方をすることが、お互いにとって幸福な未来をつくることになるのか。そのための方法を考えればいいんです。

なぜその人にストレスを感じるか。それは上でも言ったように期待どおりの反応がないからでしょう。

期待どおりに動いてくれないから。自分の望んだとおりの結果にならないから。でもそれって言ってみれば考え方の押し付けでもある。相手にしてみりゃそんなこと知ったこっちゃないわけだから。

相手の心は支配できない。最後は相手が決めること。あなたができることは付き合い方を変えることくらいなものですよ。そしたらあとは手放す。決めるのは相手。相手の心は相手にある。だから手放す。相手を信用して任せてしまえ。

<参考過去記事>
信頼信用しているからこそ手放せる

相手のことをあるがままに認め、その上でお互いにとっての幸福を手に入れるために、最適だと思える付き合い方をする。そして最後は信じて手放す。

自分の心と行動が変われば他人も変わる。別に他人の心が変わるんじゃない。あなたの目への映り方が変わるんです。その結果としてストレスのない心地よい関係性が生まれるってもんでしょう。

人間関係でイライラするようなこと、ストレスを感じるようなことがあれば、まずは自分の心の中身を見返してみるのものいいかもしれませんね(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。