小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

好きにも嫌いにも理由はいらない。自分の感覚に素直になれば疲れることはない。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

好きにも嫌いにも理由はいらない。自分の感覚に素直になれば疲れることはない。

■理由は無いのに理由を探すと行動が止まる。

結果には原因が伴う。どんな結果であれ、何かしらの原因があるから、その結果になるというものでしょう。

小川健次Blog

とはいえ、その因果関係について、すべてを明快かつ論理的に説明できるかといえばそうでもない。


その筆頭が感覚。そりゃ誰だって感覚的にそれが好きか嫌いかなんて、説明しようがないでしょう。

まあそれだって専門家からすれば過去のトラウマがどうのこうの、遺伝子がどうのこうのということで説明できるのでしょうし、あっち系の人からすれば前世がどうのこうの、宇宙がどうのこうの。

あれこれそこに理由をつけようと思えばつけられる。とはいえ理由の有無に意味があるかどうかといえば、はっきり言って意味など何もない。

あの人が好き。そこに理由なんていらいでしょ。そこであれこれどうでもいい理由を考えるから、素直に行動できなくなる。それこそ他人から余計なこと言われて迷うことにだってなるんです。

その仕事が好き。だったらやればいいじゃないですか。なぜ好きなのかなんて考えるだけ無駄ですよ。好きな感覚に従うから集中できるんです。

嫌いな場合も同じですよ。嫌いは嫌いで関わらない。触らない。近寄らなければいいだけのこと。まあそれでも、ときに打算という大人の対応で嫌いなことに関わらざるを得ない場合もありますが、それはそれ。

自分の感覚に素直になればいいんです。その好きか嫌いかは他人にどうこう言われるものじゃない。周囲のどうこうに左右されるようなことじゃない

なのに、そこでよくわからい理由付けをしようとするから訳わからなくなる。自分でブレーキかけてやりたいことやらず、ストレスだけを抱え込んで、一体自分は何がしたいんだ?という堂々巡り。

<参考過去記事>
自分の気持ちに素直になれると、決断できるし行動できる。理屈ばかりであれこれ考えてると、迷いが増えるし行動できない。

好きも嫌いも答えは自分の中にある。というより自分の中にしかない。その感覚に理由もなければ、人にどうこう言われる筋合いのものでもありませんわ。

■素直になれば楽になる

好き嫌いに良し悪しなんてありませんよ。誰が何を好きで何が嫌いだろうが、そりゃ結局は他人ごと。他人が干渉できることじゃない。

そりゃまあ確かに社会通念上、変わった趣味を持ってれば確かにまあ、変わってるねと思われるでしょうが、それだって別にどうということもありませんよ。自分が好きなんだからそれでいい。そこに理由はいらないし、他人にとやかく言われることじゃない。

とはいえ他人に何か言われたくらいで、好き嫌いの感覚変わるくらいなら、ホントに好き、ホントに嫌いってことでもなかったってことでしょうな。

もしくは、ごく一面だけを見ての評価だったものが、違う角度から見たら実はそうでもなかったということもあるでしょう。

だから好き嫌いが変わることはある。状況変わり環境変わり、見る目が変われば同じものでも違うもの。好きが嫌いに、嫌いが好きになることもあっていい。そりゃそうですよ。そこは別に頑なである必要もないし。

それでも今好きなら好きでいい。今嫌いなら嫌いでいい。

上でも言いましたが、確かに大人の社会じゃ好き嫌いじゃ片付かないこともある。それだけでどうにもならないことだってありますよ。でもまず好き嫌いがなけりゃ話しは先に進まない。

好きだから主体的にそれをやろうと思う。好きな相手だから力になりたいと思うし支えたいと思う。そこにそれ以外の理由はまず必要ない。その感覚に従えばいいだけのこと。

周囲の目がどうの。失敗したらどうの。挙句の果てには好きな理由がどうの。んなこと考えてるから無意味なことで迷いが生まれる。行動が止まる。そこは素直に自分の心の声に従えばいいじゃないですか。

<参考過去記事>
潜在意識が答えを知っている。道に迷ったときは自分の潜在意識に任せてみよう。

好きか嫌いかに理由なんてない。好きでも嫌いでも、うまくいくときはうまくいくし、うまくいかないときはうまくいかないものですよ。だったら好きか嫌いかの感覚に従ったほうが納得感も得られますよ。

それに何より、無理やり理由を考えて余計なエネルギーを使うより、自分の感覚に素直になったほうが疲れることもなくなりますわな。いろいろな意味で(^。^)y-.。o○

自分の心に素直に従うには

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。