小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

思いやりの心があれば、言葉の意図を読み取れる。相手の心情を理解できれば、心の距離がグッと近くなる。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

思いやりの心があれば、言葉の意図を読み取れる。相手の心情を理解できれば、心の距離がグッと近くなる。

■言葉で伝わらないこともある

いくら思うことがあってもそれを口にしなければ伝わらない。いくら思ってもらっても、それを口にしてもらえなければ伝わってこない。

inu

とはいえ、いくら口にしたからといったって、伝えられることには限りがある。思いのすべてを言葉にするのは容易じゃない。


どんなに言葉を尽くしても、言葉じゃ伝わらないこともある。言葉だけじゃ伝えきれないことだってある。

まあ現実には、いちいちそこまで伝え切ろうと思って、言葉を発してることもないでしょうがね。普段は用件として優先すべき事項と、それに対して適切と思われる語句を、その場で当てはめて、声に乗せて発してるだけのことで。

だから言葉そのものを聞くだけなら、相手の本心はわからない。わかるのは、相手が発した言葉そのものの意味だけですよ。

なぜその言葉を発したのか。どのような意図があってそう言っているのか。その語句を選択した意図は何か。それらを通じて、その人が何をどう考え、ホントは何を求めているのか。

もちろん超能力者でもなきゃ、そこまですべてわかるわけなんかない。それにわかる必要だってないでしょう。

それでも、わかろうとすること、汲み取ろうとすることで、何となくぼんやりとでも相手の意図が見えてくる。相手の思いを感じることができるというものですわ。

だからこちらも適切に対応できる。好意を抱いてのことなのか。悪意をもってのことなのか。それとも単に言いたいだけの暇人なのか。細かいことまでわからなくても、それくらいのことくらいは汲み取れるでしょう。

汲み取ってみたところで、実際にはほとんど他愛もないことだし、それこそ思いつきで言ってることばかりなんですがね。それはそれでスルーすればいいだけのこと。

<参考過去記事>
人は思いつきでモノを言う。しかも言いっ放しで覚えてない。だから華麗にスルーでOK!

それにしたって、相手の意図を読み取るからスルーできるということ。言葉をそのまま額面通りに受け取っていれば、また違った対応になるかもしれない。そんなことで右往左往させられるかもしれない。

まずは相手の言葉の意図を理解しようとすることでしょう。汲み取ろうとすることですよ。それだけで余計なことで疲れることもなくなりますから。

■気遣いと思いやりが信頼関係を築く

よくコミュニケーションの基本は相手の話しを聞くことだ。なんて言われますが、別に聞いてりゃいいってもんじゃない。言葉を額面通りに受け取ること自体には、それほど大した意味などない。

大事なことは、相手が何でそう言っているのかを汲み取ろうとする、こちら側の心の動きですよ。それはつまり、相手の立場で考え、相手を思いやり、相手の心境を理解しようとする気遣いの一つ。

だからそこは想像力を働かせればいいだけのこと。言葉に対していちいち反応するのではなく、一呼吸入れながら相手の心に想いを馳せる。

それだけで相手も自分も幸福になれる。いや、幸福になるまでいかなくても、少なくとも踏む必要のない地雷を踏むことはなくなる。不幸にはならない。

<参考過去記事>
図解あり/想像力を使えば相手も自分も幸福になる。怠けて想像力を使わないから、傷つけるし傷つけられる。

まあ人間関係のトラブルの原因のほとんどが誤解に基づくものですよ。そして誤解の原因はお互いの気遣いの足りなさから起こること。

ちょっと考えてあげればいいだけのこと。ちょっと相手の言葉の含まれた意図を読み取ってあげればいいだけのこと。その優しさや気遣いを忘れてしまうから、余計なトラブルになるんです。特に身近な相手との馴れ合いだと。

もちろん読み取った意図が、外れていることだってある。そうだろうと思っても確証得られないことだってありますよ。そんときゃそれこそ言葉に出して聞けばいいだけのこと。

「それってこういうこと?」「望みはこれですか?」。って、そりゃまあ聞き方や問い方はいろいろあるので、それはその場そときに応じて考えればいいでしょう。

別にくだらない腹の探り合いをする必要なんかないんです。でも言葉では伝えきれない要素がある。それを読み取ろうとする気遣いは、お互いの距離をグッと近づけるもんですよ。

結局のところ、双方が思いやりと気遣いの心がある関係が、信頼し合える関係ってもんですしね(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。