小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

ピンチだと思えるからチャンスにできる。課題や問題が目に見えるのは、状況が好転している証拠。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 福岡/東京↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 02月 ↑


小川健次セミナー
小川健次


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2018/12/18更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第7回

本当に結婚だけが大事?エリート夫に仕事も自身も奪われた女性のDV・モラハラ脱出の道

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

ピンチだと思えるからチャンスにできる。課題や問題が目に見えるのは、状況が好転している証拠。

■苦しいときほど原因がわからない。

解決しなければいけない課題や問題が、目の前に山積みになっているってのは、あまりいい気分のするものじゃない。

hitsuji

一つを解決しても、また次の一つ。なんだか追われているような気になるし、どうも心が落ち着かない。


とはいえ、解決すべき課題や問題がはっきりしているということは、それを解決すればいいだけだから、実はとっても楽なこと。

でも解決すべき課題や問題が、仮に山積みであろうとも、それがはっきりしているならまだマシ。だって取り組むべきことがわかっているんだから、あとはその解決に取り組むかどうかの選択だけだから。

それより、最悪なのは、課題や問題の正体に気が付かないこと。それがはっきりしないこと。だからただ苦しいだけで全然前に進まないことですよ。

目に見えない、はっきりしないから悶々とした気分だけが残る。やがてそれが肥大化し、ある日突然予告もなく爆発する。なぜかわからないのに急に泣きたくなったり、ヤル気が全然湧かなくなったり。

山積みであったとしても、それこそ難題であったとしても、課題や問題が目の前にある、それを認識できているってことは、何もすればいいのか、そして解決するとどんなメリットがあるのかもわかってるということ。

だから実はそれって、すっごいチャンスでもある。

原因不明のまま、なんだかヤル気が湧かない。何をどうしていいかわからない。よくわからないけど、辛くて泣きたい。そっちのほうがよっぽど苦しい。逆にその原因がわかれば対策もわかる。あとは自分の選択次第でしょう。

そしてその選択は、往々にして発する言葉の影響を受けるもの。

<参考過去記事>
最初にポジティブな言葉を発すると、ポジティブな結果が生まれる。最初にネガティブな言葉を発すると、何も生まれず老化が進む。

課題も問題も、それが目に見えるということは、原因と対策がわかっているということ。たださまよっている状態から比較すれば、状況が好転しつつある兆候ってことですよ。

課題や問題もそうですがピンチも同じ。それは課題や問題、ピンチと認識できるということは、それはチャンスってことなんです。

■問題を覆い隠すほうが問題

せっかく状況が好転しつつある。つまり課題や問題がはっきりしているにも関わらず、見て見ぬフリのスルーってのはこれ最悪。

まあ最悪は言い過ぎかもしれませんが、せっかくの好転の兆しを自分で消し去るわけだから、そこで立ち止まることになってもそりゃ自業自得というものでしょう。

それと、見てみぬフリならまだしも、覆い隠して見えないようにするなんてのは、救いがたい行為ですよ。

解決すべき課題はある。どうすればいいかもわかってる。でも触るの面倒くさいから、気づいてないことにしよう。こっちのほうが楽しい気分になれるから、課題のことは考えないようにしよーっと。

つまりは問題の先延ばし。先延ばしにするメリットあるならそれもいいが、現実そんなことはないでしょう。

だいたい問題や課題というのは時間の経過とともに肥大化するし、いざ解決に取り組もうとしたときには手遅れになることが多い。もしくはその前に突然ドッカーンと大爆発の大惨事。

もちろん意識的に時期やタイミングを見計らったほうがいい場合もある。意図的に解決のタイミングをずらすほうが得策である場合もある。

それが主体的かつ合理的判断に基づくならそれもいいでしょう。が、ただ無自覚に問題や課題に目を背けるということは、何も解決しないどころか、良くなるチャンスを自ら地に叩きつけて踏みにじるのと同じこと。

課題や問題の解決を面倒なことだと思うとそうなるんです。いやまあ、事実面倒だと思うことはありますよ。

だからこそ自分にとって何が大切か。何が好きで何が嫌いかくらいの価値基準に従ってみればいいんです。その課題をスルーしてもいいのか、真正面から解決に取り組むのか。

<参考過去記事>
捨てる覚悟と拾う勇気が道を切り開く。自分が手にしたいものは何か。その価値基準に従おう。

いずれにしたって、解決しなきゃいけない課題や問題。それについて悲壮感漂わせながら取り組むのか、チャンスだと思って取り組むのか。それによってだって結果は違う。

本当の問題は問題だと認識できないことで、問題があるということは、むしろ喜ばしいってことですわな(^。^)y-.。o○○

問題をチャンスに転換する心の状態のつくり方

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。