小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

本当の自分を自分で愛することができると、他人からも愛される。自分を隠して嫌われることを恐れると、誰からも愛されない。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

本当の自分を自分で愛することができると、他人からも愛される。自分を隠して嫌われることを恐れると、誰からも愛されない。

■嫌われることを恐れていると、誰からも好かれない。

好き好んで他人から嫌われたいと思う人なんてそうそういないもの。たとえそれほど関係の深くない相手からであっても、嫌われることには少なからず抵抗感は湧くますわ。

小川健次Blog

しかし、どんな人とも万事うまくやる、どんなときでも当たり障りなく、ってのは逆に言えば、誰からも好かれてないともいえるもの。


人間いろいろ。好き嫌いもいろいろ。別に悪いことしたわけじゃないし、別に誰かに危害を加えたわけでもない。それでも他人に嫌われることはある。

嫌われるまでいかないにしても、受け容れてもらえないことはある。性格なのか容姿なのかタイミングなのか、それこそ縁なのか。明確な理由はないのにウマの合わない人もいる。

まあどんなに素晴らしい人格者であろうが、地球上のすべての人から愛されることなんかないののと同じように、誰だって何をしようが、何を言おうがすべての人に好かれるなんて無理でしょう。

あれやこれやと背伸びしたり、体裁繕ったりして、なんとか自分を良く見てもらいと思っても、自分を受け容れて欲しいと思っても、どっかの誰かにはNOと言われる嫌われる。そりゃもうしょうがない。人間だもの。

かと思えば、体裁なんかは完全ガン無視。自分のキャラをそのまんまさらけ出しても、そのまま受け入れてくれる人はいる。そんなあなたを愛してくれる人はいるんです。

わざわざ手間暇かけて体裁つくろったり、無理な背伸びして、全方位的に皆から好かれよう受け容れてもらおうとして徒労で終わるんだったら、最初っから自分のキャラを、そのまんまさらけ出したほうが話しは早い。

いやまあ、状況とタイミングによっては相応の空気を読んで、それなりに体裁繕う必要もある。多少の背伸びをすることを求められることもある。そのあたりは適宜対応すればいい。

だいたいね、本当の自分を隠してみたところで、所詮はハリボテ。少し揺さぶられりゃいとも簡単に倒れて楽屋裏は丸見えですよ。だからそれが露見したときには余計にガッカリされる嫌われる。

別に求められているわけでもないのに、ただ嫌われたくないという理由から、不必要に自分を良く見せようと、普段使わない言葉を言ったり、不自然な行動するからギクシャクして、ますます嘘っぽくなるんです。

<参考過去記事>
演技はいらない。自然に話せば自然に伝わる。

だからいいんです。自然体で。あれこれ体裁取り繕っても後になればどうせバレる。そこで嫌われるんなら、今嫌われたって同じこと。それより自然体なあなたを好きでいてくれる人に、もっと好きになってもらうことを考えるべき。

嫌われることを恐れてると、結局誰からも好かれない。嫌われることを恐れなくても誰からも嫌われることなんてないんです。誰かが必ず好きでいてくれるから。

■他人の興味はあなたの中身にある

誰だって本当に知りたいのは、その人の等身大の中身であって、その場だけの上っ面のことじゃないですよね。

まああえてそれ以上の踏み込んだとこまで知らないほうが、お互いのため。といういろいろ複雑な大人の事情がある場合もありますが、それはそれ。

なので、誰からも嫌われないようにと、必死で自分の体裁整えて、仮面に磨きをかけたところで意味はない。だってそこには誰も興味ないんだから。

ならば相手が一番興味を持ってる素の自分というのを、早い時点で示してしまったほうが話しは早い。下手な口八丁で自分を大きく見せるより、よほど相手に信頼されますよ。とはいえ、示し方や示す順序くらいは気を遣って。

誰に対しても自然体でいつもどおりの自分でいればいい。一貫性を持つんです。人の顔色見ていつもと違うことをしなければいいんです。

そんな自然体のあなたを嫌いだといいう人からは、その場取り繕ったところでどうせ後で嫌われるんです。いいじゃないですか。嫌われたって死ぬわけじゃない。嫌われたってその人と関わらなければ困ることなんか微塵もありませんから。

というくらい開き直ってしまうと、ホントに嫌われても困らない。そこまで自然体でいられると、相手からしてみたら、あいつはあーいうやつだから。で終わってしまう。

それにね、人として好き嫌いってのは、タイミングや状況によって変わるものですが、自分という人間の素を示してくれる人は、好き嫌いとは無関係にまず人として信用されますよ。

自分を隠さなくていいんです。隠す必要ないですよ。隠さなきゃいけないと感じてしまうのは、潜在意識下でのセルフイメージが低いだけ。そんなもんは変えられる。

<参考過去記事>
他人の評価から解放されると、余裕と自信が生まれる。自己評価を優先すればセルフイメージが高まる。

上でも言いましたがね。結局誰からも嫌われないようにしてみたところで、誰からも相手にされなくなるだけですよ。そしてどんな悪人でも地球上のすべての人から嫌われることはない。

素のあなたが誰かに嫌われようと、素のあなたを好きでいてくれる人はいるんです。ならば素の自分でいて、素の自分を好きでいてくれる人を大切にすればいいじゃないですか。

そのためにも、まずは素の自分を自分が好きにならないといけませんがね。自分が好きじゃないものを他人に好きになれってのも理不尽な話しだし。

仮面を磨くモティベーションを、自分を好きになるモティベーションに転換できると、結果的に信頼で結ばれた強い人間関係ってのができるのでしょうな(^。^)y-.。o○

【自分をもっと好きになるには】

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2015年10月まで一部追加・更新しました。
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。